SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | | category: - |
    # 雪とテレビ対策

    わんこ

     

    今年の北スウェーデン、11月は珍しく雪が降らずずっと暗いままでした。晴れの日が多かったのは嬉しいのですが、地面は凍結しています。暗くて良くわからず、普通のアスファルトだと思って歩いたらツルツルで、危うく転倒しそうになったのは数えきれず。

     

    12月にはいるといつも通り雪が降り、今では景色も明るくなって散歩がしやすくなりました。雪はティトも大好きです。雨&雪用の服を買ったので、体が雪玉だらけになる心配ももうありません。

     

    雪の散歩

     

    股からお尻部分だけ開いているカバーオール。これがあるだけで私もティトもどれほど散歩が楽になったことか...。足には相変わらず雪玉が出来ますが、散歩後のシャワーは足だけで済むので助かっています。今まで散々嫌がっていたドライヤーにも馴れ、洗った後にきちんと乾かすことも出来るようになりました。

     

    まだそこまで大量に雪が降っていないので、森の中の道もまだなんとか行けます。相変わらずそこではノーリードでティトを走らせていますが、全てが真っ白なので道の境目がわからず、ティトはどこまでも走って行ってしまいます。先日、今まで止っていたところでもドンドン突き進んでいってしまい、大変焦りました。それからは森から出るかなり手前でリードを着けるようにしています。

     

    昼間は一応太陽が昇っている時間帯ですが、明るいだけで太陽光はありません。朝と夕方は言わずもがな真っ暗。それでも私も気分転換になりますし、3回の散歩でお互いストレスを発散しています。

     

    ティトに対してイライラすることはありませんが、どこにでもついて来たり、足音で吠えたり、困ったなぁと思うことはいくつかあります。ティトが悪いわけではないのでティトに対するストレスと言うよりも、どうしてあげたらいいのかわからなかったり、解決策をなかなか見出せないストレスです。ティトがいる事によって私の行動が制約されのは事実。しかし癒しや喜びが増すことも事実。私達にとっては後者の方が断然に比重が大きく、一緒に生活出来ることを有り難いと思っています。

     

    昼寝

     

    何か楽しい夢でも見ているのでしょうか。

    こんな笑顔で眠るティトを見ていると、疲れはしばし吹っ飛びます。

     

    普段は家の中に私だけ。ティトにとってはつまらなく感じるでしょう。

    そんな家に、一つ新たなアイテムが追加されました。

     

    テレビ。

    あったらいいけどなくてもいいか、と思いながら今まで生活してきました。ところが彼の兄弟が入らなくなったテレビをくれました。数年前の古いものだけど捨てるのはもったいないから、と。

     

    テレビ鑑賞

     

    一緒に鑑賞。

     

    吠える犬が映ったりするとティトは興奮しますが、その他は特に興味も示しません。むしろ私がかまってくれないので、ティトにとっては不要のようです。

     

    しかしこのテレビ。リモコンが壊れており、チャンネルを替えるのにわざわざテレビの元まで行かなくてはならず。リモコンとして使えるアプリを発見しましたが、リモコンがないとテレビのwifiを設定出来ず、アプリも機能せず。ずーずー続きで面倒臭くなり、結局使わなくなり今に至ります。ただし、彼の家族が遊びに来たときなどはこれで間が持つようになったので、ちょっとホッとしています。

     

    チャンネル変更&音量調節をティトに覚えてもらえば、私はコマンドを発するだけで動かなくてよし。というのが考えた対策ですが、さすがに家族はドン引きするでしょう。私が幼かった頃はリモコンなどなく、苦とも思わずテレビの元まで調節しに動いていましたが、便利さに慣れると人ってこんなものです。いや、私だけか。

     

    毎年暗さにやられていた私ですが、今年は願い通りティトのお陰でそこまで沈まずに過ごせています。今年もあとわずか。明日はまた−20℃らしいですが、朝昼晩とお互い着込んで散歩に出掛けようと思います。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    目しか出ていない私の散歩スタイル私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: |
      # もみもみ

      海外生活

       

      随分久しぶりな更新になってしまいました。

       

      朝

       

      朝、照明の灯りが眩しくて目をしょぼしょぼさせているティト。

      今の私もこんな感じです。ブログってどうやって書くのかしら?と寝ぼけながらの再開です。

       

      で、突然ですが、前回日本に一時帰国した際、私は電車内で強烈なグループを目にしました。

      ”ヲタサー&姫”です。

      姫はおたくサークル内にいるただ一人の女子であり、おたく達は身近な姫をちやほや持ち上げる。姫は姫でそれを楽しみ、時にはおたく達を翻弄する。そんなサークルが生息しているらしいよ、という情報を直前に友人から得ていました。日本万歳と思いながら、本人達が楽しければまぁいいよね、と思っていたら、実際に目撃して私は愕然としました。

       

      電車に乗って来たオタク青年5人となんだか垢抜けない女子一人。

      彼らは何だかわからないアニメ用語で楽しそうに盛り上がっており、それを私は盗み聞きしながら目の当たりにしたヲタサー&姫をチラ見、いや凝視して楽しんでいました。ある駅で私の隣の席が空き、そこに女子が座ってそのまた隣にリーダー的青年が座りました。

      すると突然リーダーが姫の胸を鷲掴みにし、もみもみー!と叫びながら実際もみもみし始めました。

       

      おい青年!っていうか姫!

      隣にも関わらず思わず目が釘付けになってしまった私は、姫大丈夫か!?と思い、姫の顔を確認しました。

       

      .....おい姫。

      まんざらでもない姫の表情。嫌がっている様子もなく、ふふふと笑いながら青年のもみもみを受け入れていました。

       

      なにこの世界、と思った私は周りを見渡しました。当然前に座っている人たちも彼らを凝視。嫌がったらちやほやされなくなるのを恐れているのか、それが普通のことだと思っているのか、はたまたただ単に嬉しいのか。ヲタサーの姫が何を考えているのかわかりませんが、日本の闇を垣間みたようで彼らが降りた後しばらくぼーっとしてしまいました。

       

      もみもみ違いですが、私はここのところ気をもみもみしていました。

      導入が長過ぎ&本題的で申し訳ないのですが、彼の仕事の関係で別居生活が始まって1ヵ月強。短い間に色々な事がありました。

       

      彼が運転中に事故を起こし、それが落ち着いたと思ったら義父が病気に。救急車で運ばれて緊急手術からの入院。退院出来たと思ったその日、彼の同僚が仕事中に交通事故でお亡くなりに。義父の心配もさることながら彼はその事故に大変ショックを受け、更に会社のそばに借りている住居の問題で悩み、今に至ります。私は私で一人で色々こなさなければと気負い色々と疲れてしまったのと、前述した通り身の回りで起こった諸々に気を揉んで疲れてしまっていました。

       

      同僚の死は今でも私達はショックを受けていますが、幸い彼は事故で怪我もなく、義父も今は経過が順調です。ティトもだいぶ彼がいない生活にも馴れてきました。ただ、私は今まで彼と協力してやって来たティトのお世話、さらにちゃんとやらねばと気持ちが先行してしまい、彼が帰ってくるとどっと疲れが出ていました。眠り続けたかと思うと、彼がいるうちに買い出しに行ったり、あれもこれもやらなければ!と焦ったり。彼にとってはせっかくの休日なのに、結局休めず疲れがたまったり、なかなかお互いリズムが取れずにいました。

       

      まだ完全ではありませんが、私自身は最初の頃よりも要領が得られたので、なんとなく落ち着いてきました。これが日常になるまでにはもう少し時間がかかりそうですが、また少しずつブログも更新していきたいと思います。休み中もちょくちょくのぞいてくれていた方々、どうもありがとうございました!

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓因みに青年はもみもみを2回行ない、真横にも関わらず2回目もジッと見ていた私ですが、
      クリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
        # チョバキュー

        海外生活

         

        20年近く前、慢☆画太郎先生の地獄甲子園を愛読していました。細かいタッチの画風と強烈なキャラクター、そしてぶっ飛んだ展開にわくわくしていたものです。

        地獄甲子園にはおじさんのような風貌のギャル、今で言うとJKが登場します。彼女の決め台詞は当時流行っていた(かどうかは怪しいですが)チョベリバの進化系、チョバキュー。

         

        そう、超万事休すです。

         

        なぜ今になってこんな事を言うのか。

        昨日、私は地獄甲子園のギャルの顔を猛烈に思い出すくらい、チョバキューだったからです。

         

        海外で日本食があまり手に入らない場所に住んでいる人は、日本では滅多に作らないものも作ったりします。皆さんすごいなぁと感心するだけでもちろん私は何もしないのですが、大豆を発酵させて納豆を作る人が多くいます。自家製納豆を何人かから頂き食べたことがありますが、まさに納豆、美味しくて感動しました。

         

        一昨日も知人から自家製納豆を頂き、昨日朝食で頂きました。

        正直一口目で、ん?と思ったのですが、まぁ納豆って臭いしこんな感じだよな、と思い半分食べました。一気に食べられない場合、保存はせずに残りは捨ててね、と言われていたので、半分で満足した私は申し訳ないと思いつつ残りを捨てました。

         

        その日は朝早くに目覚めたので、散歩&朝食後はティトと少し昼寝をしました。目覚めてティトと遊び、毛をブラッシングした後お昼の散歩に出掛けようと思ったその時。なんか胸のあたりがおかしいと感じました。そのうちお腹全体に広がる不快感。かと言って別にトイレに行きたいわけでもなく、ちょっと心配だけどとりあえずティトと散歩に出掛けました。

         

        歩いているうちにどんどん体調が悪化。普段昼の散歩は40〜50分ですが、ちょっと今日は早めに切り上げるか...と思うや否や、貧血の前触れのような感覚に襲われました。これは一刻も早く家に帰らねば。Uターンして家の裏庭に辿り着く頃には全身から冷や汗がブワっと吹き出し、危うく倒れそうになりました。

         

        チョバキュー。

        今ここで倒れたらティトはどうするの!

        そう自分に言い聞かせながらなんとか家に辿り着き、トイレに直行。寒いはずなのに暑くて仕方がなく、服を脱ぐと汗でびしょびしょに濡れていました。そして嘔吐。次々に服を脱いでは床に投げ、終いにはもの凄い形相で吐く私を見て、ティトはこわかったのでしょう、バスルームから出て行き、扉の隙間からそっと覗いていました。ごめん...と思いつつフォロー出来るほどの余裕もなく。

         

        いわずもがな、原因は納豆です。

        ん?と思った瞬間にやめていれば...。

        食い意地がはった自分を呪います。

         

        暑かったくせに、今度は急激に全身悪寒に襲われました。完全に食あたり。そのうちに発熱&下痢も起こし、トイレとベッドを何往復したことか...。このままでは夕方のティトの散歩にも行けないと思った私は、彼の家族に連絡をしてティトをあずかってもらうことにしました。

         

        幸い、その日は遠地で働いている彼が帰ってくる日でした。

        到着する夜の9時頃、彼にティトを迎えに行ってもらうということで家族とは話がまとまり、私はまた菌と戦っていました。

         

        すると夕方5時。

        いきなり玄関のドアを誰かががちゃがちゃしてきました。

        誰だ!?怖い!!

        一日でまさかの2回目、チョバキュー。

         

        先日ティトが家で吠えた時、近所の誰かが大声で文句を言っているのが聞こえました。斜め下に住む人はよく階段の壁を殴ったり蹴ったり暴言をはいています。そのうちの誰かがついに乗り込んで来たのか?もしくはもっとやばい誰か??私は固まってしまい、鍵を壊して入って来ちゃったらどうしよう、とガクブル。

         

        ただいまー!

        明るい声で入って来たのは奴、パートナーです。

        事前に電話で9時って言ってたけどサプラーイズ!へへへ、早いでしょ?

         

        って...おぬし。地獄甲子園に行くがいい。

         

        苛立った顔の私を見て、嬉しくないの?と押し付けがましいことを申してきましたが、絶不調と恐怖から喜びなど吹き飛び、そのまま私はまたベッドにもぐりこみました。

         

        食い意地とサプライズ好きには要注意。

        とは言え、いいタイミングで彼が帰って来てくれて助かりました。更に彼の家族も同じ街に住んでいて幸運でした。超万事休すな事にならぬよう、体調管理と彼の行動には気を配ろうと思います。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓地獄甲子園が好きと言うとドン引きされていた当時の私ですが、
        クリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

         

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 07:00 | category: 暮らし |
          # 心が痛む

          わんこ

           

          彼の転職が確定し、引っ越すまでの期間はわずか3日。

          引っ越す前は2日間に渡ってバタバタしていた私達。ティトも何かを感じ取っていたみたいです。

           

          荷物は前夜に全てパッキングし終わっており、日曜日の午前中に車に運んだり慌ただしくしていました。私はティトと朝の散歩に行き、なるべくいつも通り過ごそうと努めていましたが、ティトはそうはいかず。朝の散歩でなんか元気がないなーと思っていました。排便をしませんでしたが、疲れている様子だったので家に向かいました。アパートの前で立ち止まったかと思ったらいきなり吐いたティト。

           

          お腹が空いたら吐くこともあるので、すぐに家に入って足を綺麗にしたあと、食事をあげました。その間、せわしなく動く彼。食後はいつもすぐに眠りますが、その日はリビングをウロウロして、そのうち大量に排便しました。他所様で興奮して粗相をしてしまうことはありましたが、自宅では本当に久しぶり。更に若干下痢気味。

           

          それだけでもなんだか心が痛みましたが、彼が出発した後はもう見ていられず...。

           

          今までも平日彼は仕事に出掛けていましたし、家にいないのは馴れているはず。でもその日は何度もドアを気にして、彼の帰りを待っていました。特に夕方。いつも帰ってくる時間になるとガラス張りのリビングドアの前から動かず、そこから見える玄関のドアをお座りしながらずっと見つめていました。疲れてくるとそこで横たわり、いつ帰って来てもすぐに迎えられるように休んでいました。

           

          ぶにゅう

           

          私自身、彼と離れて暮らすのは寂しいと思っています。

          家がとても広く感じますし、くだらない事を話す相手がいないのはつまらないです。でも特にそこまでではなく。今の時代顔を見ながら通話も出来ますし、月一で帰ってきますし。元々一人が好きなので、楽だーと思う部分があるのも確か。

           

          別居になるかもしれない、という話が出た時から、私はなんだかモヤモヤしていました。これは寂しさか?イヤイヤまさか...でもなんだこの気持ちは?と自分でもわからずにいました。

           

          でも今わかりました。

          これが辛かったんです。ティトが寂しそうで悲しむ様子を見るのがたまらなく辛く、そうならないでいて欲しいとずっとモヤモヤしていたんです。小さな子どもでもある程度になれば話はわかります。今でかけちゃって今日は帰って来ないけど、必ずまた帰ってくるからね、と。日付感覚はなくとも、毎日話をすればなんとなくわかるでしょう。犬はそんな事はわからず、ずっと待ちます。いないことが徐々に日常になるのでしょうが、それまでこの姿を見るのは私も悲しい...。

           

          夜、私がお風呂に入る時はいつも彼がいてティトと一緒に居ました。同じ空間にいるわけではありませんでしたが、ドアを開放していたので、ティトは安心してそこら辺で寝ていたようです。私とティトだけの初めての夜。吠えるとまたお隣さんに怒られちゃうので、不安だった私はバスルームのドアを少し開けて入浴してみました。すると...。

           

          引っ越し当日

           

          みてる...。

           

          普段だったらかっわいー変態!と思うところですが、この日はその姿が健気で気の毒すぎて、思わずウルっとしてしまいました。

           

          早めにお風呂から上がり、今日はもう寝ようか、と寝室に行って私はベッドに横たわりました。ティトのベッドは床に置いてありますが、20分位ベッドの回りをウロウロし、たまに立ち上がってベッドの上に彼がいないか確認するティト。ソファーベッドで一緒に寝ようかとも思いましたが、馴れることも必要です。これでも大丈夫、とティトが安心して眠ってくれるよう、私も心を強く保たねば。

           

          寝たふりをしながら耳だけをすませ、ティトの様子を伺っていたら、だいぶ時間はかかりましたがティトは眠りにつきました。

           

          私との生活に馴れた頃、彼が帰ってきます。

          きっと大喜びするでしょう。別れがまた寂しくなりますが、ティトと共に頑張っていきたいと思います。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓ティトに会いたくて仕方ないらしい彼ですが、
          クリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

          0
            | comments(0) | trackbacks(0) | 07:00 | category: |
            # 別居生活

            海外生活

             

            突然ですが、彼との別居生活が始まりました。

            仲違いしたわけではなく、彼が転職した為です。

             

            春に転職した彼。しかし雇用形態などが当初の話と違い、モチベーションも下がるしそこまでしてやりたい仕事ではなく、改めて転職活動をしていました。とはいえ都会ほど求人がある訳でもなく。とりあえず場所は二の次で、仕事内容を重視して送った履歴書ですが、ここから車で3時間半の会社に採用されました。

             

            南に3時間半なら私も考えたでしょう。でも北に3時間半はダメです。これ以上北に住んだら冬、私は完全に病むでしょう。彼と話し合いの日々が続きました。

             

            彼は彼で、住まいや会社を一度見ないとなんとも言えなかったようです。というわけで見学に行った先週半ば。往復7時間プラス、会社説明で彼はヘロヘロでしたが、気に入った!と明るい顔をして帰ってきました。

             

            望んだ仕事が出来るのは幸せな事です。

            できることなら、どうぞとすんなり送り出したいところですが、私達には今ティトがいます。

             

            どれくらいの頻度で帰って来られるのか。

            連休が取れた場合、その分のしわ寄せで勤務スケジュールがぎゅうぎゅうになり、彼が辛くならないか。

            留守番が出来ないティトなので、普段私の買い物はどうしたらいいのか。

             

            他にも細々ありましたが、簡潔に言うと大きな問題はこの3つでした。

             

            会社見学に行った後、家で会議をしました。

            最初はイレギュラーだそうですが、だいたい4週間のうち6日間は連休が取れるとのこと。スケジュールを見せてもらいましたがよく考えられており、しわ寄せもないシフトでした。彼が休日に休める&帰ってこられるので、その件はクリア。ティトの面倒についてはドッグシッターをお願し、面倒を見てもらっている間に私が買い物をする、という事で解決しました。

             

            今週から仕事が始まるため、日曜までに引っ越さなければなりませんでした。

            一日はほぼ話し合いで終わってしまい、残り2日で当面の私の食材や彼の新生活に必要なものを買い出し、更に車も購入。洗濯もしなければならず、バタバタと彼はパッキングして出て行きました。

             

            盆と正月しか帰って来られないような単身赴任なら、彼も行かなかったと思います。移住して数年目とは言え外国、更に田舎での長い一人暮らしは私も色々と不安もあり、快諾はしなかったでしょう。彼はその会社で経験を積み、ゆくゆくは戻って来てこちらでも同じような仕事ができるよう頑張る、と言っていました。

             

            人生わからないものです。

            ありきたりですが一度きりの人生、好きなことをして暮らしていけたら幸せです。あの時こうしていたら今どうなっていただろう、と思うこともあります。後悔も出てくるかもしれません。でもどんな道を選んだところで、多かれ少なかれそんなことは誰しも思うものです。志高く出て行ったはいいものの、やっぱりちょっと...と言って彼は帰ってくるかもしれませんし、私はこの生活がしんどくなるかもしれません。が、試してみるのは大きな一歩であり、得るものは大きいでしょう。

             

            どうなりますやら。

            どちらにせよ、どうなってもいいように心もへそくりも備えておこうと思います。

            将来のパラレルワールドを勝手に展開するのは良くも悪くも私の癖です。考え過ぎてほげーっとなる可能性は大なので注意。

             

            ところでティト。

             

            引っ越し当日

             

            なにかおかしいの ぼく わかる!

             

            彼の引っ越しを敏感に感じ取っていたティトの様子はまた次回。

             

            毎度お読み頂き有り難うございます。
            ↓週末婚っていいな、と思っていたらそれ以上になっちゃった私ですが、
            クリック頂けると嬉しいです。

            にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

            0
              | comments(0) | trackbacks(0) | 07:00 | category: 暮らし |
              Profile
              Selected Entry
              Archives
              Comments
              Search this site
              Sponsored Links