SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< チョバキュー | main | 雪とテレビ対策 >>
# もみもみ

海外生活

 

随分久しぶりな更新になってしまいました。

 

朝

 

朝、照明の灯りが眩しくて目をしょぼしょぼさせているティト。

今の私もこんな感じです。ブログってどうやって書くのかしら?と寝ぼけながらの再開です。

 

で、突然ですが、前回日本に一時帰国した際、私は電車内で強烈なグループを目にしました。

”ヲタサー&姫”です。

姫はおたくサークル内にいるただ一人の女子であり、おたく達は身近な姫をちやほや持ち上げる。姫は姫でそれを楽しみ、時にはおたく達を翻弄する。そんなサークルが生息しているらしいよ、という情報を直前に友人から得ていました。日本万歳と思いながら、本人達が楽しければまぁいいよね、と思っていたら、実際に目撃して私は愕然としました。

 

電車に乗って来たオタク青年5人となんだか垢抜けない女子一人。

彼らは何だかわからないアニメ用語で楽しそうに盛り上がっており、それを私は盗み聞きしながら目の当たりにしたヲタサー&姫をチラ見、いや凝視して楽しんでいました。ある駅で私の隣の席が空き、そこに女子が座ってそのまた隣にリーダー的青年が座りました。

すると突然リーダーが姫の胸を鷲掴みにし、もみもみー!と叫びながら実際もみもみし始めました。

 

おい青年!っていうか姫!

隣にも関わらず思わず目が釘付けになってしまった私は、姫大丈夫か!?と思い、姫の顔を確認しました。

 

.....おい姫。

まんざらでもない姫の表情。嫌がっている様子もなく、ふふふと笑いながら青年のもみもみを受け入れていました。

 

なにこの世界、と思った私は周りを見渡しました。当然前に座っている人たちも彼らを凝視。嫌がったらちやほやされなくなるのを恐れているのか、それが普通のことだと思っているのか、はたまたただ単に嬉しいのか。ヲタサーの姫が何を考えているのかわかりませんが、日本の闇を垣間みたようで彼らが降りた後しばらくぼーっとしてしまいました。

 

もみもみ違いですが、私はここのところ気をもみもみしていました。

導入が長過ぎ&本題的で申し訳ないのですが、彼の仕事の関係で別居生活が始まって1ヵ月強。短い間に色々な事がありました。

 

彼が運転中に事故を起こし、それが落ち着いたと思ったら義父が病気に。救急車で運ばれて緊急手術からの入院。退院出来たと思ったその日、彼の同僚が仕事中に交通事故でお亡くなりに。義父の心配もさることながら彼はその事故に大変ショックを受け、更に会社のそばに借りている住居の問題で悩み、今に至ります。私は私で一人で色々こなさなければと気負い色々と疲れてしまったのと、前述した通り身の回りで起こった諸々に気を揉んで疲れてしまっていました。

 

同僚の死は今でも私達はショックを受けていますが、幸い彼は事故で怪我もなく、義父も今は経過が順調です。ティトもだいぶ彼がいない生活にも馴れてきました。ただ、私は今まで彼と協力してやって来たティトのお世話、さらにちゃんとやらねばと気持ちが先行してしまい、彼が帰ってくるとどっと疲れが出ていました。眠り続けたかと思うと、彼がいるうちに買い出しに行ったり、あれもこれもやらなければ!と焦ったり。彼にとってはせっかくの休日なのに、結局休めず疲れがたまったり、なかなかお互いリズムが取れずにいました。

 

まだ完全ではありませんが、私自身は最初の頃よりも要領が得られたので、なんとなく落ち着いてきました。これが日常になるまでにはもう少し時間がかかりそうですが、また少しずつブログも更新していきたいと思います。休み中もちょくちょくのぞいてくれていた方々、どうもありがとうございました!

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓因みに青年はもみもみを2回行ない、真横にも関わらず2回目もジッと見ていた私ですが、
クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
    # スポンサーサイト
    0
      | - | - | 06:00 | category: - |
      comment
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://simpeltliv.jugem.jp/trackback/632
      トラックバック
      Profile
      Selected Entry
      Archives
      Comments
      Search this site
      Sponsored Links