SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 獣医に翻弄される | main | 気付けば初冬 >>
# ティトの優しさ

わんこ

 

紅葉が綺麗な季節になりました。

 

秋

 

と言っても、一瞬で過ぎ去ってしまう秋。

朝晩は冷え込み、室内のラジエーターも作動し始めました。もう冬はすぐそこ...。

 

散歩中のティトは風に吹く落ち葉を追いかけたり、葉っぱをくわえながら歩いたり、秋の散歩を楽しんでいるようです。

 

秋

 

そんな可愛いティトのことを、私は最近ティトトンと呼んでいます。なんとなく。

 

ティトトーンと呼ぶと疑いもせずに振り返るトン。否、ティト。

彼にもそれを伝えると、僕もそう呼んでみる、と言い始めました。

 

まだ喋り方が拙い子どもは、蚊にに食われた、血がが出た、と言う事があります。それと同様、彼にもトが2つは難しかったようで...。

ティトトトン。

ティトとトン?本人も笑っていたので、私も大いに笑わせてもらいました。

 

 

それはそうと。

最近夜はティトとソファーベッドで寝ている私。彼は早寝早起きを実践中で、夜の方が仕事がはかどる私と生活リズムが合わず、仕事が落ち着くまではそんな感じで寝室を分けています。

 

ぴったり体をくっつけてくるティトの姿は可愛らしく、体温の温かさとぬくもりで心が癒されます。

ところがティトはもぞもぞ動き、そのうちソファーを降りて床で寝たり、自由に過ごしています。一晩中動画を撮ってティトの動きを見てみたいものです。

 

昨晩もティトトンと寄り添って眠りにつきました。

安らかに眠ったはずなのに、悪夢にうなされた午前4時。

夢の舞台はスウェーデンで、よくわからない変質者に追い詰められて殺されそうになる、という内容でした。Hjälp!(イェルプ/助けて!)と叫ぼうにも恐怖で上手く出ない声。必死に声を絞り出して、何度もイ...イェルプ...と叫ぶのですが誰も助けに来ず。もうダメだ!イェルプ!とはっきり言えた時、目が覚めました。そして実際にもイェルプと叫んでいた事に気付きます。

 

あ、やっちゃった。

今までもこういう夢を見た時、何度となく叫んで目が覚めていました。その度に夢で良かった、でも嫌な目覚めだ、と感じていたものです。ところが今回はちょっと違いました。

夢だと気付き目を開ようと思ったその時、ティトが寄ってきて私の顔をぺろぺろ舐めてくれました。苦しそうな声に心配したのでしょうか。なんて健気なの...!優しいティトトン。どうもありがとうと言って、また2人でくっついて眠りにつきました。

 

それにしても結構な音量の苦しそうな声。しかもそれは、助けて。

静まり返ったアパートに響くその声は、たぶんお隣さんに聞こえていたでしょう。助けてとか言ってるし、とぎれとぎれだし、私だったらたぶん目覚めて恐怖を感じそうです。どうか友達と旅行に行った時にはこんな夢を見ないよう、願うばかりです。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓ティトが寝言を言っている時には放っておく私ですが、
クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

0
    | comments(1) | trackbacks(0) | 06:00 | category: |
    # スポンサーサイト
    0
      | - | - | 06:00 | category: - |
      comment
      こんにちは。寝言…そっちの情景を動画で見たい(>_<)
      | ふじさわさとみ | 2018/09/28 10:09 AM |

      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://simpeltliv.jugem.jp/trackback/616
      トラックバック
      Profile
      Selected Entry
      Archives
      Comments
      Search this site
      Sponsored Links