SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 無いはずの爪があった。 | main | 苦情?を受ける >>
# 友達になりたい

 

ハバニーズがこれほど警戒心が無く、誰にでも愛嬌を振りまくとは思いもしませんでした。そうは言っても近づかない人もいるんだろうなーと思っていましたが、今のところ誰にでもしっぽを振って近づきたかります。まだ仔犬だから?個性か犬種によるものかわかりませんが、これからどうなるのか楽しみです。

 

前回の記事で獣医に行ったと書きましたが、その時に大きな犬も同じ待合室にいました。

人もさることながら、犬に対しても興味津々なティト。遊びたいなー、遊んでくれるかなー、と様子を窺っていました。飼い主の女性に、ティトを挨拶させてもいいか聞いてみると、どうぞと快く言って下さったのでリードを緩めてみると...。

 

獣医にて

 

ハジメマシテ。

 

4歳のメス。犬種を教えてもらいましたが、聞いた事もなければ覚えてもいられない名前でした。とても温和でティトがちょこまかするのを優しく受け入れてくれました。

 

獣医にて

 

甘えたそうなティトの顔...。

 

私達にも挨拶してくれたこの犬。狩猟犬だそうで、体を触った瞬間引き締まった筋肉に驚きました。短くて硬い毛も格好良くて新鮮です。ティトのむにょむにょな体と柔らかい毛に馴れていたので、同じ犬でもこんなに違うのかと不思議な気持ちになりました。

 

2匹とも尻尾を振って戯れること数分。この犬が飼い主の元に戻ろうと後を向いてもずっと側を離れないティト。

 

獣医にて

 

張りのある尻尾の往復ビンタを顔に受け続けながらも、幸せそうにしていました。犬は犬同士、友達になれたら嬉しいでしょうね。

 

昨日散歩をしていたら、道の反対側で年配の男性がウォーキングをしていました。近くに寄りたい!と尻尾を振りながら座り込んだティト。男性はティトを見てニコニコしながら歩いて行きましたが、過ぎ去っても目で追っているティトに気付くと、わざわざ来た道を戻り近づいてきてくれました。坊やは大興奮で尻尾がちぎれそう。

 

私の娘の家にも9ヵ月のハバニーズがいるんだよ〜、と男性。だから親近感をもって下さったのかもしれません。家の中のどこに行くにも娘について行く甘えん坊でねぇ、とハバニーズ談議をしばし。お宅は吠える?夜泣きはどう?初心者だとハバニーズって飼いやすいよねぇ、などと話が弾みました。

 

ティトとは正反対に誰とでもすぐに仲良くなれない私。正直そうなりたいと望んでもいないのですが、こんな感じのあっさりした顔見知りが出来るのは楽しいです。人と立ち話が出来るようになったのはティトのお陰。そういえばハバニーズについてこんな事も聞いてみたいな、と思う事がその散歩後にいくつか出てきました。私には珍しく、またあのおじさんに会えたらなーと期待中です。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓そういえば私とミランダカーも同じ人間とは思えませんが
クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

0
    | comments(1) | trackbacks(0) | 07:00 | category: |
    # スポンサーサイト
    0
      | - | - | 07:00 | category: - |
      comment
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2018/06/06 8:22 PM |

      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://simpeltliv.jugem.jp/trackback/533
      トラックバック
      Profile
      Selected Entry
      Archives
      Comments
      Search this site
      Sponsored Links