SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | | category: - |
    << ようやくクリスマス気分 | main | 先生は私ではない >>
    # 光がさす?

     

    12月13日はルシア祭でした。

    旧暦の冬至。スウェーデンでは、闇の中から光が戻って来るという意味合いが込められた伝統的な行事です。

     

    毎年行なわれる事は同じですが、その時の教会の雰囲気はやはりいつもと違うものがあり、私は毎度楽しみにしています。今年も昨年と同じ教会へ行ってきました。

     

    荘厳に話す神父様の声に耳を傾け、再び戻って来る光に思いを馳せます...。

     

    Lucia

     

    実際に戻ってくるのはまだ先なのですが。

     

    私は相変わらず闇に支配されており、眠っていたのか起きていたのかわからない浅い睡眠の中で毎日溺れています。先日色々と整理した甲斐があり気持ち的には少し楽になってきましたが、身体的には相変わらずしんどいです。光...未だ見えず。

    ただし、この雰囲気に励まされた気もしました。もう大丈夫と言われているような気分になり、とても安らかな気持ちになったのも確かです。目を閉じたらきっと天使のお迎えが見えたかもしれません。危ない。

     

    そんな事はどうでもよく、子ども達の声はとても素晴らしかった...

     

    Lucia

     

    男の子達のうち、一人が前に出て来て歌う場面がありました。まだ声変わりしていないその少年の歌声は、いつまでも聴いていたくなるようなとても耳心地が良いものでした。

     

    合唱は色々なパートの音程やリズムが重なって成り立つものです。その中で一人、威勢がいい少年がいました。低音では全く音程が合わず、高音でなんとか周囲にとけ込む少年。大きく口を開けハキハキと歌い、その他大勢にも打ち勝つもの凄い声量。本当の歌は如何に?とメロディがわからなくなりましたが、見ていて微笑ましかったのは誰よりもその少年が楽しそうに歌っていたという事です。コンクールではありませんし、評価されるべき合唱ではないので、私はただ楽しく歌を聴いていました。しかし、歌っている他のみんなはどう思っていたのでしょうか。沢山練習したら上手く仕上げたいと思う人もいるでしょう。立場によって色々想いは違います。大人になると勝手にしがらみも発生します。少年が大きくなった時、他人がどう思おうと自分が楽しい事は続けてもらいたいな、と個人的に思いました。

     

    そんな合唱を聴いている最中の事です。

    子どもの為の歌も歌われるので、ここにはよちよち歩きの赤ちゃんも沢山来ていました。その子達も楽しいのでしょう、通路を駆け回り、キャーキャーはしゃいでいます。それはいつものことで、そりゃ楽しいよね、と私は特に気にしていませんでした。しかし今年は凄まじかった...。2〜3才の子どもが2人。ほぼ叫び声の雄叫びを四六時中発しながら大興奮していました。お母さんやお父さんは走り廻る我が子を一応つかまえて抱きますが、またすぐに降ろすので同じ事の繰り返し。私達は端に座っていたので廻りがよく見えましたが、さすがのスウェーデン人もこれはちょっと...という感じで声がする方向を訝しそうに見ていました。

     

    保護者は子どもを一時外へ連れ出してクールダウンさせるべきだったのでしょうか?でも彼らにもルシア祭を楽しむ権利はあります。ただ歌を聴きに来ている人にとっては静かに聴く権利も同時にあります。誰が何を許す?

     

    ここは教会です。

    ここでは人を許せるのは神だけです。

    ではこんな時、どう気持ちを処理すればよいのか。

    私はクリスチャンではありませんから、しばし退席してくれ、と思うのみ。

     

    そんな事を考えていたら何が正解なのか、そもそも許すって何なのかわからなくなりました。次々に湧き出る疑問。結果、もうどうでもよくなりました。これが悟りでしょうか。教会で仏の道を開いた?いや、ただ考えるのが面倒臭くなっただけ。叫ぶ子ども達にも惑わされず、楽しそうに歌っている少年が答えだったのかもしれません。

     

    なにはともあれ、私の光も早く戻ってくるよう願うばかりです...。

     

    Lucia

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓もっと建設的な事に思考を巡らせたい私
    ですがクリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

    0
      | comments(1) | trackbacks(0) | 07:00 | category: 暮らし |
      # スポンサーサイト
      0
        | - | - | 07:00 | category: - |
        comment
        http://www.stussy.com.co/ stussy hoodie
        http://www.eccoshoesoutlet.us.org/ ecco mens shoes
        http://www.salomons.us.org/ salomon boots
        http://www.adidas-eqt.us.com/ adidas eqt
        http://www.levis.us.org/ Levis
        http://www.katespadepurses.us.org/ kate spade
        http://www.salomon-shoes.us.org/ salomon shoes
        http://www.katespade-handbags.us.org/ kate spade handbags
        http://www.timberlands.us.org/ timberland boots
        http://www.stussyclothing.us.com/ stussy sweatshirt
        http://www.boseheadphones.us/ bose speakers
        http://www.levis.us.com/ levis jeans
        http://www.bose.us.org/ bose
        http://www.clarks.in.net/ clarks outlet
        http://www.ecco.in.net/ ecco shoes
        http://www.katespadebags.us.org/ kate spade purses
        ドリフトliuyuzhen
        | kate spade | 2019/01/10 12:39 AM |

        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://simpeltliv.jugem.jp/trackback/490
        トラックバック
        Profile
        Selected Entry
        Archives
        Comments
        Search this site
        Sponsored Links