SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 灰と化す | main | 怪物ビートルート >>
# 買い物帰り、紅葉で我想う

 

昨日は久しぶりに快晴でした。本当に気持ちがいいです。

バルコニーへ出るといつもより緑の香りが際立っていました。

掃除機みたいな音が聞こえたので、恐らく作業員の方が芝を刈ってくれたと思われます。

 

裏庭

 

その証拠に急カーブの跡が芝生にくっきり。

庭をお持ちの方はこの作業がとてもしんどいらしいのですが、私は一度でいいのでいつか芝刈り機を操縦してみたいです。例えでもなんでもなく、実際隣の芝生は青く見えるもの。いんちき日本庭園に仕上げたいです。

 

こんな日はどこかに出掛けたくなるものです。

用もないのにとりあえずなんでも屋さんへ行ってきました。これまたとても久しぶり。するとちょうどタイミングよく、在庫一掃セールで全品50%オフになっていました。その為なのか商品はとても少なく、あまり見応えがなかったのですが一つ発見。

これからの季節に必要なロウソク立てがあり、寝室に合いそうだと思ったので衝動買いしました。

 

ロウソク立て

 

暗い季節には明るい色を欲しますが、寝室は通年暗めな我が家。

無機質な感じが気に入りました。本当は壁に棚を備え付けて絵やこのロウソク立てを置きたいのですが、未だに壁にドリルを打ち込む勇気がなく、窓辺に配置。思い立ったらすぐにガシガシ打ち込んでいる人を知っていますが、その思いきりの良さを少し分けて頂きたいです。あくまで少し。

 

買い物も出来て天気も良く清々しい帰り道。林道には黄色の落ち葉が積もっており景色は最高、私の気分に拍車をかけてくれました。そういえばこんな感じ、遠い昔も体験したような...。

 

そう、小学校低学年くらいの時。私はだいたい一人で下校していた記憶があります。特に寂しさも感じておらずブラブラ帰っていましたが、秋にはよく銀杏やもみじの葉を拾って母にプレゼントしていました。綺麗だったので母にも見て欲しかったのか、喜んでもらいたかったのかすっかり忘れましたが、そんな純粋な一面もあった我...。いつどこに消えた?

 

帰宅してしばし。夕方、その消えた人間味を発見しました。

私の中ではなく。

 

仕事から帰って来た彼に渡されたコレ。

 

紅葉

 

あのね、赤くってね、綺麗だったからね、はいこれプレゼント!

へへへ...嬉しい?

 

実際こんな風には喋っていませんが、こう聞こえる彼のスウェーデン語。

この清らかな心と行動は...!

 

行方不明の自分を見た気がしました。が、特に喜びもしなかった私。なんということでしょう。昔、落ち葉を受け取った母は綺麗だねとか有り難うなどと言っていた気がします。そうあるべきなのは理解しつつ...受け取った時に出て来た言葉は、なんかパリパリで虫食いがあるね、でした。そして二言目に、あ、ありがとう。順番が逆ですね。試しに喜んでくれと彼に言われ、落ち葉を渡すところからやり直してみましたが棒読みになりました。でも彼は満足したようです。

 

優しい嘘。

私には無理でしょう。ただ色々反省もしつつ、スウェーデンの紅葉でサッと人生を振り返った秋日和でした。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
嘘は言えないくせに天の邪鬼な私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

保存保存

保存保存

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
    # スポンサーサイト
    0
      | - | - | 06:00 | category: - |
      comment
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://simpeltliv.jugem.jp/trackback/460
      トラックバック
      Profile
      Selected Entry
      Archives
      Comments
      Search this site
      Sponsored Links