SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 忘れた頭で靴下編み | main | 強強打破、ではなく。 >>
# その約束...すごいな。

 

未来の事は誰にもわかりません。

私自身、将来は日本に住むかもしれませんし、明日事故に遭う可能性もなきにしもあらず。未来は流動的なのでその時になってみないとわからない事は沢山ありますが、もしできるのであれば可能な限り心構えや準備をしておきたいと思っています。あまり考えすぎると今がつまらなくなる、ということに薄々感づいて来た私ですが、なるようになる、という考えは基盤があってこそ成り立つものだと私は思っています。そんな私はパートナーから現実主義者と呼ばれます。

 

相対して楽観主義者のパートナー。

ここに住むようになってすぐに覚えた言葉がいくつかあります。

耳にする頻度が高いからこそ覚えたのですが、そのうちの一つは彼の気質も垣間見えるような言葉でした。

Vi får se. (ヴィー フォール セー)

その時になってみたら...ね。というニュアンスの決まり文句。

 

街で偶然知り合いに遭遇し、久しぶりに盛り上がる。

今度ごはん食べにいこうよ!と意気投合したはいいけれど、まぁとりあえず、vi får se。よくあるやりとりです。はっきりとわからない先の事にはピッタリな、使える言葉です。こうした状況で使うのは全く問題がないのですが、詳しく知りたい予定の時に言われると私はモヤモヤします。

 

パートナーはとりあえずなんとかなるでしょ、という感覚でこの言葉を使いのんびり過ごします。その感覚の違いに一人悶々とした記憶がとてもありますが、実際思い通りにならなかった場合彼はどうなるのかというと、仕方がないね、とサラっと流します。すごいスキル...。そう思えるからこそ言えるvi får seなのでしょう。納得しているのなら私が言うべき事はもう何もない...。ただし私も関わりがある計画は、なるべくその言葉でうやむやにして欲しくない、と思っています。

 

なぜこんな事を書いたのかというと。

まさに先日、彼のvi får seに驚かされる事があったからです。

 

例えて書いた状況の様に、先々週彼は子どもの頃同じ学校だった友達に偶然スーパーで会ったそうです。そして今度飲みに行こう!と約束をして帰ってきました。それは楽しみだね、と私も楽しくその話を聞いていましたが、その後驚きました。

 

友達の名前を聞いたところ、たぶんビョーン君だと思う、と返事が。たぶん?どういうことか聞くと、どうやらその友達は一卵性の双子らしく、実際どちらだったのか定かではないとの事。しかも、クラスは同じではなく、外で一緒によく遊んでいただけだから同級生じゃないかも。歳はわからないし、苗字も住んでいる所もわからないよ!てへ!らしいです。

 

す、すごい...。

双子のどちらだろうと関係なく話が盛り上がったのか...。それでよく飲みにいく約束したな、とある意味尊敬の眼差しで彼をみつめました。なんか色々不安じゃないの?と聞いてみたところ、名前とか住んでいる場所とかは話しているうちにわかるでしょ、vi får seだよ。と笑っていました。出たな、決まり文句。

○日○曜日の夜、19時に○○のパブで待ち合わせした、と詳細を教えてくれました。そこはしっかり約束をしたらしいのですが、その約束までには日にちがだいぶ空いているので、前日にもう一度確認の連絡した方がいいんじゃない?と言ってみたところ。

電話番号もメアドもわからないよ。てへ!らしく。

不安すぎる...。

ビョーン君(らしき人物)が忘れて来なかったらどうするの?とたたみかけてみると、ここでも出ました、vi får se。

 

当日、彼は意気揚々とパブへ行きました。

が、二時間後。割と早めに帰って来ました。話が弾まなかったのかと思って訊ねてみたら、ビョーン君(おそらく)は来なかった...とがっくり。一人でビールを飲み、ぶらぶらして帰って来たみたいです。次からはせめて電話番号は聞こう、と慰めました。

 

今回は”しょうがないよね”では流せなかった彼。彼にとってvi får seでがっかりした稀な例でした。これからはこの教訓を色々な場面で応用してくれることを願っています。

 

それにしてもお友達はビョーン君だったのか否か。

確認出来る日が来る事も願っています。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓というかビョーン君、ただのすっぽかしの可能性高し。と思う私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

保存保存

保存保存

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: おもうこと |
    # スポンサーサイト
    0
      | - | - | 06:00 | category: - |
      comment
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://simpeltliv.jugem.jp/trackback/451
      トラックバック
      Profile
      Selected Entry
      Archives
      Comments
      Search this site
      Sponsored Links