SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 春のムーミン | main | 戻りた...くない >>
# プライドフェスティバル

 

週末は街でプライドフェスティバルが開催されました。

 

praidfestival

 

LGBTの人々への差別や偏見をなくす、またその文化を讃える為のイベントです。それを象徴するレインボーカラーの旗。バスや店先など、街の至る所に掲げられていました。

 

パレードには行けなかったのですが、街ではプライド関連の様々なイベントが行なわれていました。中心地にある公園では屋外ヨガが体験出来るとの事。せっかくなので私も行ってきました。青空の下、芝の上にヨガマットを敷き、そよ風に吹かれながら行なうヨガ。人が沢山いるから見られるのはイヤだな、と思っていましたが実際は色々とどうでもよくなりました。途中から参加しましたがとても気持ちが良く、自然に感謝☆という普段言わない台詞も思わず言いそうになりました。終盤にはちょっと日が陰り寒くなってしまいましたが、なんだか夏を満喫している気分になり、参加してとてもよかったと思っています。

 

同じ公園の敷地内にあるスポンサーのブースをまわってみたところ、無料で色々なモノを頂けました。

 

praidfestival

 

レインボークッキー。甘かった...。

隣はオレンジ風ジュース、でしょうか。昔駄菓子屋で買った粉末オレンジジュースを思い出しました。

 

ほかにも子どもが喜びそうなタトゥーシールやリフレクションキーホルダーも頂きましたが、嬉しかったのはこちら。

 

praidfestival

 

自転車のサドルカバーです。

 

HEN FÖR ALLA. ALLA FÖR HEN.

一人はみんなの為に、みんなは一人の為に。

ちょっとニュアンスは異なりますが。

 

言葉は文化を象徴していますが、ここに書かれている”HEN”もその一つです。スウェーデン語で”彼”は”HAN(ハン)”、”彼女”は”HON(ホン)”です。ですがその2つに当てはまらない人もいるわけです。ということでどちらにも使える代名詞”HEN(ヘン)”が誕生しました。普段はあまり使いませんが、たまーに耳します。日本語の場合は...どうなるんでしょう。難しいですね。

 

小学校3年生の時の担任が毎日のようにこの言葉を言っていました。

なかなかいい言葉だな、とその時思っていましたが。みんなが私一人の為に何かを頑張ってくれるのは...ちょっと居心地が悪いな、別に頑張ってもらわなくていいな、逆はいいけど。と思い始めた小学校4年時。ん〜ひねくれた子ども。本当はもっと可愛らしい感じを予定していたんですが、ここら辺でもう無理かも、と今後の人生を悟りました。今思えば。ってそんな私の話はどうでもよく。

 

私の住む街でも当たり前にLGBTの人はいます。私にはロマンテックでパッションな何かが欠けているので、男女だろうがLGBTだろうが、いちゃつく人がいたらチラ見してしまいます。昭和の日本人なもので。性別以前の問題ですがそれはまぁ再びどうでもよく。

 

人として思いやりがあるかどうか、性別云々よりそういう事の方が大切な気がします。意地の悪い人は女でも男でもLGBTでもイヤです。世界に平和を。壮大に締めくくりたいと思います。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓一人で部屋にいると平和ボケする、ある意味危険な私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

 

保存保存

保存保存

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
    # スポンサーサイト
    0
      | - | - | 06:00 | category: - |
      comment
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://simpeltliv.jugem.jp/trackback/406
      トラックバック
      Profile
      Selected Entry
      Archives
      Comments
      Search this site
      Sponsored Links