SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 衝動買いせずに良かった

 

週末にフィンランドの国境まで出掛けました。

そこにはIKEAがあるので今までにも何度か行っていますが、今回はそこから少し行ったところにあるフィンランドの生活雑貨店まで足をのばしました。彼の両親がそこに行くというので私達も便乗。スウェーデンには売っていない物があるから面白いわよ、と誘ってもらいました。

 

着いたところは地方にある大型店舗の西友のような感じでした。

衣料からインテリア用品、細々とした雑貨や食品まで何でも揃っているお店。フィンランド語はスウェーデン語とは全く異なるので何が書いてあるのかさっぱりわかりませんが、楽しいです。

 

でも雑貨はちょっとチープな感じがして、買おうと思う物はなくブラブラ見ていましたら...。ある一画にさしかかったところで私は目を疑いました。

なんかごちゃごちゃ置いてあるけど....ってこれは!

 

ARABIA

 

アラビアやらイッタラやらムールラやら!

しかもアウトレット的なお値段で、店の片隅にしれっと高級品がずらり。

しかし。

両親が一緒なのに思う存分見たら彼らを待たせてしまう...これはもう近々また来ないと!と瞬時に色々な事を考えていましたら、義母が優しい言葉をかけてくれました。

 

何もストレスに感じず、見たいだけ見ていいからね。

あぁなんという心遣い...。その間に食品を買ったり他の場所を見ているから、満足したら連絡してと言いおいて彼らは消えていきました。

 

と言う事で、一人その一画をうろつきました。

 

muurla

 

ガラスやホーロー製品が素敵なフィンランドのmuurla。ここに男梅を入れて毎日ほうばりたい。クッキーでもいいし紅茶でもいいしって想像だけで買いませんでした。でもその時間が楽しいことこの上なく。

 

ムーミンといえばARABIAですが、それは陶器です。

ホーロー製品のこちらはmuurlaから売り出されています。

 

muurlaムーミン

 

落としたらすごい音がなりますが、ホーローは丈夫で長持ち。使えば使うほど味も出てくるので好きです。でも私が欲しかったのはムーミンじゃなくてピッピ。

 

muurlaピッピ

 

スウェーデン児童文学の代表作、アストリッド・リンドグレーンの長靴下のピッピ。眉毛の薄さ&全員の目つきが私は好きです。かなり悩みましたが買わず。理由は後ほど。

 

他にもムーミンで素敵な商品がありました。

 

muurlaムーミン

 

両サイドのコップは二重ガラスになっていて、そのどちらにも絵が描かれているため奥行きが出ています。現代っぽい絵はあまり好きではありませんが、グレーと黄色の組み合わせがツボでこれも悩みました。

 

同じくホーローで有名なフィンランドのhackman。

 

hackman

 

お揃いの片手鍋も売っていました。悩みますがそれは安くなっているからでは?と冷静に判断して見るだけに。

 

ここで例の理由です。

以前私と彼はイッタラのアウトレットで、あるプレートに心奪われました。詳細こちら。誕生日プレゼントは他の物になってしまったので、結局今日まで買わずにいました。でもアレは可愛かったよね、と話す事が度々あったのですが...。

 

アウトレットといっても通常価格のものもあります。アレもそうだったのですが、フィンランドの西友に行く前にアウトレットに寄ったら、なんと大幅に値下げされていました。それはもう当然買い、です。あの時無理して買わなくて正解でした。彼の判断にあっぱれ。

 

ムーミンプレート

 

ずっと見ていられる嬉しさ。

彼と折半して更にお得に買いました。リビングの色に合うので、スタンドを買って飾ろうと思います。

 

じっくり考えて買うと手に入れた時の嬉しさがちょっと違う。

しかも今回はお値段も喜びプライス。

これからも何か買うときはよく考えよう。いい教訓になった買い物でした。

 

因みに、両親よりも先に見終えたので待たせる事もなく一安心、でした。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓忘れなきゃ本当にいい教訓だよね、と自分にあまり期待していない私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
    # 欲しいのはそれじゃない

     

    強い日射しの為、短時間でも日焼けする今日この頃。昔は暑くても長袖を来ていましたが、最近ではもうどうでもよくなり、思い切り日光を浴びています。シミ、できるでしょうね...。

    それでも自転車に乗っていると風は涼しく最高です。こんな日が少しでも長く続けば...。今月末にはもうオーロラが見えるようになるので、楽しまねばと焦ってしまいます。

     

    気持ちよく外出したその日。なんでも屋さんに行きました。

    夏は皆さんバカンスを楽しんでいるのでしょうか。品薄で店内がガラっとしていました。でも欲しい物を2つ発見。

     

    gustavsberg

     

    60年代、グスタフスベリの入れ物です。

    こんなのがキッチンに並んでたら、お料理が楽しくなっちゃう!ことはないですが、家にあったらいいなと思いまして。でも実際何を入れるんでしょう。味噌?マスタード?ソース?ってただ色で考えただけですが。コルク部分の汚れが目立ったのと、見るだけで私はきっと使わないので買いませんでした。

     

    普段は家具が売られていない店舗に突如一つだけいい物が置いてありました。

     

    机

     

    戸棚式の書き物机。

    ちょっとタイプは違いますが、彼の家族から譲り受けた似たような家具が家にあります。なので買うつもりはなかったのですが、こういう足が華奢なタイプも素敵だな、と観察することしばし。

     

    一緒に行っていたパートナーが何か迷っているなーと遠くから見て感じていました。でも相談を受ける事もなく、きっと見て楽しんでいるだけだろうと思っていました。

    これどう思う?と言われたところで、私は困ります。基本的に好みが違うので、ほとんどの場合私は好きじゃないと答えます。いいんじゃない?というと君も気に入っているなら買おうか!という展開になるので、はっきり言ってしまうのです。今回、彼はそれがわかっていたのでしょうか。こっそり買う事で自己解決していました。

     

    これ。

     

    帽子

     

    クマの帽子。

    ってクマも以前同じ経緯で彼がこっそり買ったのですが。

     

    私が部屋に入る前にそそくさと部屋に行き、奴にコレをかぶせていました。

    こうしてまたどうでもいいものが増えてゆく...。

     

    見たら思わず笑ってしまいますし、私も人の事を言えないくらいどうでもいいモノを持っています。それはお互い様なのですが、大きい物体は避けて頂きたい。

    楽しいのは最初の数回目にするだけで、結局なんとも思わなくなっていく日常...。

    来年、この帽子が我が家でどんな位置づけになっているのか、ちょっと楽しみです。

     

    因みに、今月私達は結婚パーティーにお呼ばれしています。

    その時に被っていきなよ!と彼に言われました。冗談半分、本気半分な顔で。毎日一緒に生活している人ですが、未だに驚かされる事がてんこ盛りです。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓来年、彼が日常使いしていない事を願う私ですがクリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

    保存保存

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
      # やっと寄れた場所

       

      旅の番外編。

       

      アンティーク、レトロショップはスウェーデン中に点在しています。私の住む街にもありますが数が限られており、すでに行き尽くしています。それでも毎度行くのは楽しいのですが、旅の途中で店を見つけたら是非立ち寄りたいと思っていました。道中で発見したLoppis(ロッピス/蚤の市やレトロショップの総称)の看板は計り知れません。が、その看板達のほとんどは森の中を指しており、ちらっと行くレベルではなくなりそうなので叶いませんでした。

       

      せめてIKEAでも...!

      通過するIKEA4店舗を写真に撮っていました。

       

      ikea

       

      旅行中は気持ちが高揚しがちです。

      旅の最中に行く必要もなく、今思えば何故写真を撮ったのかわかりません。

       

      ところが帰り、一箇所だけLoppisを訪れる事が出来ました。

       

      loppis

       

      ちょうど国道からすぐのところにあり、休憩も兼ねてついに寄る事ができました。時刻は16時45分。閉店まであと15分!

       

      loppis

       

      広いし雑多です。が、私はこういうごちゃごちゃしたお店で好きな物を探し出すのが好きです。でも時間がないので、サッと見よう。と思っておりましたら...。

       

      loppis

       

      最初に入ったLoppisは手前の建物です。

      しかしそれは奥の建物にも続いており...。

       

      loppis

       

      とりあえず全部見たいと思った私は、急いで店内をうろつきました。

      すると店主がやって来て、閉める準備をするからまだ見たいなら隣へ行って、と言われました。となり?驚く事にお店はあと2店舗あり、15分では到底無理。とりあえず目についた好きな物を記憶し、慌ててまわりました。

       

      loppis

       

      あぁ...すてきなランプシェード。

      60〜70年代に流行したspånlamp(スポーンランプ)です。スポーンとは、経木・削ったもの、という意味です。光の漏れ具合も目にやさしく、大変人気だったとか。じっくり考えたかった...。いや、買えばよかった...。

       

      この夏、時間とお金があったら彼の両親と一緒にキャンプへ行こうと話しています。そんな時にピッタリだ!と思ったものも発見。

       

      loppis

       

      日本でも大流行したFjällrävenの年代物リュック。色がいいです。

      下にはシュラフ用のマットを固定して、中にはアレいれてコレいれて...って考えたらスカスカでした。私には大きすぎです。いいなぁと思っているだけで満足です。

       

      さぁもう閉めるよ!と最後のかけ声がかかり、他のお客さんも出て行き始めました。そんな時に見つけてびっくりし、思わず撮ったこちら。

       

      loppis

       

      私がいつも使っているウルテクラムの歯磨き粉。

       

      これも売る...か......。

      その値段なら使っちゃった方がいいだろう、というただ同然のお値段。未使用と言われても信じられませんし、もちろん買いませんでしたが、私はこういうの嫌いじゃないです。なんでも売っちゃう商魂たくましいおじちゃんのお店。見ていて楽しかったです。

       

      今回はじっくり見られなかったけれど、また来よう、と彼と相談し店をあとにしました。私達は何時間も車に乗っていたせいか、遠近間隔が麻痺していたようです。Ölandに比べれば近いけれど、実際家からはかなりの距離だよな...と後日気付きました。またあのLopoisにいける日は来るのだろうか。運転の大変さを忘れた頃にパートナーに相談してみたいと思います。石の上にも数週間、です。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓自分が忘れそうなので3年も待てない私ですがクリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

      保存保存

      保存保存

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
        # ムーミンが身近に

         

        カフェでも家でもコーヒーばかり飲んでいる私ですが、思わずパケ買いしてしまった飲み物がありました。

         

        ムーミンココア

         

        先日ちょっと寄ったフィンランドのスーパーで見つけ、つい手が伸びて...。

         

        両脇にはミーとパパ。

         

        ムーミンココア

         

        ゴテゴテしていないところがいいです。

         

        家に帰って早速飲んでみました。ミルクを少し多めに入れてアイスココアに。

         

        ムーミンココア

         

        普通に美味しかったです。

        ただ頻繁に飲むわけではありません。

        数日間はコーヒーを飲んで過ごしていました。

         

        そうだ、今日は飲もう。と思ってココアが置いてある棚を開けてびっくり。

        きちんと蓋がされておらず、なんだかだらしなく置いてありました。これはもしや...って一人しかいませんが。

        ズレた蓋を開けるとココアは既に半分以下に。あんのじょうー。もうお好きに飲んでどうぞです。でもこの入れ物は可愛くて捨てるのがしのびなく、たとえココア臭がしようともとっておこうと思っています。なので扱いは丁寧に、と彼には釘を刺しておきました。それから数日。今のところ順調に約束を守ってくれています。

         

        ココアを見つけたスーパーにはムーミンの紅茶もありました。

        でもちょっと残念な事が...。

         

        ムーミン紅茶

         

        フィンランドに旅行で来て、日本の友人へのお土産として私はきっとこれらを選んだでしょう。日本語が書いていなければ...。

         

        前回行った時(こちら)は気付きませんでした。裏面はフィンランド語のみだったのか?裏返してみるのを忘れました。もちろん日本語表記があれば香りや味がわかります。ですがたとえわからなくても、雰囲気でなんとなく生きている私は少しがっかりしてしまいました。日本の企業が関わっている?デザインとしての日本語?フィンランド人はこれが好き?それなら...いや、それでもちょっとアレです。

         

        他にもありました。

         

        ムーミン紅茶

         

        文字が小さくなってしまいましたが、”お腹にもよろこびを”...。

        きれいな日本語です。キートス。

         

        どうせならチャイナクオリティな日本語なら面白いですのに。

        その場合はもちろん買います。

        あ腹にモよるこべを!

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓中国ではもちろんそんな写真ばかり撮っていた私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

        保存保存

        保存保存

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
          # 春のムーミン

           

          先日の続き、iittala outletにて。

           

          私は原画のムーミンが好きだと書きましたが、まさにそんなマグカップを見つけました。

           

          ムーミンマグ

           

          "Trollkarlens hatt"という原作の表紙である水彩画をプリントしたもの。

          7色の異なる色に、27種の陰影を加えて描かれた物だそうです。色使いもそうですが、お馴染みのキャラクターが好きなように過ごしていて、ずっと見ていても飽きません。まさに芸術。

           

          2017年6月19日にフィンランドのタンペレに新しいムーミン博物館がオープンします。もうすぐですね。それを記念して、美術館とコラボレーションして発売されたのがこのマグカップだそうです。

          その美術館のサイトがこちら

          日本人はムーミンが好きだ。というのはスウェーデンでもフィンランドでも知られています。よって、日本語もきちんと用意されており、すいすい読めます。サイトの冒頭にこのマグの絵がバーンと載っていました。ぜひご覧あれ。

           

           

          買おうかな、どうしようかな、と散々悩んで買ったマグですが、同じようにパートナーも悩んでいました。買ってしまえ!と叫びたくなったこのボウル。

           

          ムーミン

           

          "Vem ska trösta knyttet?"(誰がクニートを慰める?)というお話の表紙です。

          私は読んだ事がありませんが、読みたくなりました。手前の黒い男の子がきっとクニートでしょう。なにがあったのか...。それにしても色がまた素敵で、彼が悩むのもわかるわぁと納得です。

           

          そしてもう一つ。同じお話の絵を使ったプレートも悩んでいました。

           

          ムーミン

           

          やだもう!かわいい!

          2人はどんな話をしているのでしょう。

           

          え?あなたそんな好みだった?とまたもや彼に聞かずにはいられませんでした。そうだよ、ちょーうすきだよ。とカミングアウトし、2つの食器を手に取って悩む事かなり...。プレートは使わず芸術として部屋に飾りたい、と言っていました。

           

          彼の誕生日は来月です。

          もしそんなに欲しいなら、そのプレゼントとして私が買おうか?と提案してみました。これはもちろん純粋な気持ちからではありません。私も欲しいと思ったからです。うわー正直で引く。私もです。

          本当に!?と一瞬喜んでレジへ向かいかけました。が、衝動買いと言えば衝動買い。素敵さに変わりはありませんが、本当にこれらでいいのか...。と躊躇。誕生日になっても欲しかったらプレゼントはこれに決める。と言って結局買いませんでした。

           

          私の心が見えていた...?

          邪念があったからこそゴリ押しすることも出来ず、彼の意志を尊重しました。惜しかったな...という声が聞こえていない事を願います。

           

          近々図書館へ行って本を借りて来よう。

          あのマグカップでコーヒーを飲みながら辞書をひいて読んで、いつのまにか寝よう。楽しみです。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓きっと2ページ目くらいで眠れる私ですがクリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

          保存保存保存保存

          0
            | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
            Profile
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links