SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 続く私の未練

 

しつこい。蛇か?とよく家族に言われた私ですが、嫌なことも良いこともわりとじっくり覚えている、yes。蛇です。

 

昨日から続いている私の未練がましい投稿ですが、いきます。

今日はフィンランドのアレ、yes。アラビアです。

 

ARABIA

 

欲しかった...。縁取りのオレンジと地のアイボリー...。状態はもとても良好。

が、先日のロッピスで私は同じタイプの食器を買っていました。それは縁取りが緑でした。これが一期一会...!もう買ってしまったものは後悔していませんが、もやもやが残ります。あと一年くらい経てば買っちゃいそうですが、すぐ売れちゃうんでしょうね...。

 

ARABIA

 

オハナ...。好きなんですけど!って心の中で告白しました。でもヒビもあり、着色もかなり目立っていたので、目の保養としてしばし眺めました。

 

ARABIA

 

私は黄色と黒の組み合わせが好きです。

目にした瞬間、色合いが気になりました。このポットは高い場所の一番奥にあり、手が届かず。店の角にあった脚立をわざわざ運んで手に取りました。値札には売り出した月が印字されていますが、これはかなり前から売られていたようです。今まで全く気付きませんでした。

写真右でおわかりの様に、かなりヒビが入っています。そしてちょっと無理なお値段でした。しかもポットは使いません。結果買わないのですが、いつか気が変わったときのため、あまり人目につかない元あった場所にそっと戻しておきました。誰も...気付きません...ように。

 

そしてとりあえず最後です。

 

rörstrand

 

arabiaではなく、rörstrandです。昨日貼り忘れました。

 

japonica!ちょっとチャイナ風な感じがしないでもないですが、小粒の梅の花が可愛らしいです。

 

ジャポニカと言えば学習帳であり、昆虫好きはテンションが上がる、という程度の知識しか私は持ち合わせていません。japonicaを知らなかったように、見た事がない食器はまだまだ沢山あります。人気の高さはもちろん素敵さに比例しますが、人間、流される部分も少なからずあると思います。人気度高し、レアモノというだけで買ってしまう場合もあります。私は本来そうです。が、なるべくそういった見方をやめ、自分が本当に好きなものを見るよう毎度心がけています。誰しもが違ったセンスを持っており、その違いが面白いんだと思います。似たセンスの人と一緒に買い物するのも楽しいですし、違うセンスの人とは発見があって面白い...。

 

なんだか都会で友人と雑貨店をはしごしたくなってきました。

しかしそれはココでは無理...。友人とただひたすら街を歩くことはできますが。

2日間に渡って綴った未練同様、気持ちを切り替えて過ごしたいと思います。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓と、書いているだけで、実際は40%程度のシフトチェンジな私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

 

保存保存

保存保存

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
    # がまんがまん

     

    いきつけの何でも屋さんですが、こんなに行かない日々が続いたのは初めてです。うそです。3週間程度。

     

    今シーズンもう雪は降らないと思います。まさしく春の日射しを浴びながら、ぶらっと行ってきました。あぁ嬉しい!

     

    久々の店内には欲しいものが沢山あり、上がっていた気分が更に上昇。ですが、なんという事でしょう。私の気持ち同様、お値段まで上がっていました。そこは...通常でいて欲しかった...。値付け担当者が変わったのか?それとも世の中が変わった?私、取り残されている?

     

    時折傷一つないものもありますが、ここにある食器はたいていあまり状態が良いものではありません。普段自分用で使うので私はそれでもいいと思っていました。お値段に見合っている、という感覚もありました。それでも実際、日本で買うよりはもちろんお得なのですが、以前のこの店の価格相場を知っているだけにちょっとひるみます。よりによって今日は沢山欲しいものがあるし...。

     

    お店には2時間いました。

    よく考えて悩んでウロウロして何も買わずに...。でも名残惜しいので写真に残したいと思いました。

    コレが欲しかった 〜feat.私の未練〜。

     

    upsala ekeby

     

    upsala ekebyの傘下にあったgefleのプレート。gefleの食器の可愛さったら...もの凄くいい所を攻めてきます。おままごとみたいな童話のような、そんな世界観がたまりません。一枚しか売っていなかったのであきらめ。

     

    upsala ekeby

     

    こちらもupsala ekeby。50年代後半〜60年代前半のプレートです。その歴史が見えるようなダメージで、飾るにはいいけれど使うには...という訳であきらめ。

     

    gustavsberg

     

    逆にダーメジがいい味を出していたのはこちら、gustavsbergのポット。王冠とラッパはスウェーデンの象徴です。ロイヤルもしくは郵便局風。素朴な感じがとてもいいです。でも我が家でどう使うのか?想像が膨らまずあきらめ。

     

    rörstrand

     

    そして最後まで迷っていたのがこちら。

    スウェーデンの老舗陶器メーカーrörstrand。今ではittala傘下でロゴも変わりつつありますが、その歴史を紡ぎ続けています。

    デザインがはっきりしている...。最近こうしたオハナに目がない私は悩みました。でも一枚しかなかったし、この前同じような大きさのプレート買っちゃったし...って結局はあきらめ。

     

    まだまだあります、私のうらめしや。

    すみません、フィンランドのアレ等は明日に続きます...。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓買わずに後悔していないか、というと思いっきりしているモノがある私ですがクリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

     

    保存保存

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 05:00 | category: 雑貨 |
      # tampella生地で憂さ晴らし

       

      先日ソファーカバーを作ろうと思い、型紙を作って裁断しました。

      本当は元の生地をはぎ取り、全部張り替えるのが一番なのですが、汚れても洗えるようにとカバーにしたのですが...。

       

      半分弱縫ったところで試しにかぶせてみました。

      結果から言うと失敗です。

      やはり丸みがかった部分が上手く沿わず、ピン打ちして軌道修正を計りましたが、時既に遅し。こっちを直そうと思うとあっちも直さねば...と修正の深みにはまってさあ大変。ドジョウが出てきてこんにちは、なので坊ちゃんは諦めました。裁断した生地がもったいない...。また何かに使える時が来るまでお眠り頂きます。わざわざ買わなくて良かった...。

       

      どっと疲れが出ました。

      でもこのままでは納得できないので、タッカーの針を取って生地をはいで元からやり直します。生地を見つけ次第。そして心の準備が出来次第。なんだか大仕事になりそうです。いつになるやら。

       

      そんなソファーでしばし放心しました。

      予想と違いすぎた。消化不良。

      気持ちを切り替えたい...。

       

      という訳で、リビングにお気に入りの生地を設置してみました。

       

      tampella

       

      先日のロッピスで買ったtampella、恐らく70年代の生地です。

      シンプルですが色がとても気に入り、家のリビングにぴったりだ!と思って即買いしました。

       

      リビングtampella

       

      こんなに可愛い生地を裁断出来るはずもなく、壁にかけてみました。

      ソファーの色と点々と置いてある植木の緑に合いました。

       

      部屋も明るくなって私の気分も上昇。

      心の中では先程の件もなんだかうやむやに。ソファーの失敗?なんだっけ?

      いえ、それではいけません。

      これからしばらく張り替えの研究に勤しみたいと思います。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓ソファーに座るとせっかくの生地が見えない事に後々気付く私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

      保存保存

      保存保存

      保存保存

      保存保存

      保存保存

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
        # 春のロッピス

         

        蚤の市やフリーマーケットの事をスウェーデンではloppis(ロッピス)と呼びます。

        発掘あるあるマーケット。勝手にそう呼んでいる私ですが、楽しみにしていた巨大ロッピスが週末開催され、春のような天気の中行ってきました。

         

        前回はあまり収穫がなくちょっと残念でしたが、今回はどうでしょう...。

         

        fyndmarknaden

         

        第一の目的はレトロ生地です。

        しかし、今回私は食器も欲しいと思い、注意して見ながら進みました。

         

        すると早速。

        すぐにrörstrandの”sommar”を発見しました。”夏”という名前通りがピッタリな、花と葉っぱが可愛らしく配置されたシリーズです。生地を買う前に買っちゃうか私...。非常に迷いました。目眩がする程沢山の出展者がおり、その中でまだ数店しか見ていない今。お金も心配だ...という訳で後々ある事を願って保留に。

         

        私の心配をよそに今回は生地がとても沢山あり、お腹いっぱい買う事ができました。

         

        その後すぐに”夏”の元へ行く...!

        かと思いきや、買う予定もない家具やランプを物色したり...

         

        fyndmarknaden

         

        ん〜、朱色が可愛い。

        と呟いてぼーっとしたり...。

         

        当然素敵な”夏”はどなたかが既に購入し、お店から消えていました。

         

        仕方ありません。それが定めというものでしょう。

        と、ちょっと余裕に物を申すには理由があります。

         

        他の、買っちゃいましたので。

         

        amanda

         

        rörstrandの”AMANDA”です。

         

        アマンダ!微妙な深みのある青と緑と茶の組み合わせ。2枚欲しかったのですが、残念ながら1枚しか残っておらず。でも素敵だったのでそれでも購入しました。

         

        そして同じくrörstrandの”TAFFEL"プレート。

         

        taffel

         

        左下、このシリーズのC&Sはもともと持っていました。

        シンプルさと緑の綺麗さが気に入っており、家にある食器の中でも頻繁に使っています。そのシリーズの大小プレートをみつけたので買いました。嬉しい。

         

        よく見ると、緑ラインの廻りには模様が刻まれています。

         

        taffel

         

        新品かと思う程傷がついておらず、とてもいい状態でした。

         

        逃す物もあれば手に入る物もあるロッピス...。

        毎度家を出るときは楽しみなのと、みつけられるか不安なのと、色々思ってちょっと心臓がばくばくします。

        でもこの感じ、嫌いじゃない。今回も大満足なロッピスでした。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓何か楽しみにしているのかな?と思ったら体調不良によるただの動悸だった真冬の私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

        保存保存

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
          # 時計のリメイク

           

          私の仕事部屋にはアナログ時計が2つあります。

           

          日本時間とスウェーデン時間。

          電話やメールで連絡を取り合う時、日本の時間は今...といちいち考えるのが面倒な為、一目で分かりやすいように並べておいてあります。

           

          その時計はスウェーデン国内で大量生産されているものです。

          同じ物が2つ欲しくて移住後すぐに買いました。彼がもともと持っていた時計はチェ・ゲバラの顔が描かれており、なかなかパンチがありました。それをもう一つ探して買っても良かったのですが...いや、ウソです。良くなかったので買いました。

           

          とりあえずで買ったため、あまり執着がありません。

          なので自分の好きな生地でリメイクしようと思いました。

           

          時計

           

          文字盤も変えたいところですが、ひとまず廻りのシルバー部分をこの生地に変更です。

           

          裏のネジを取り、カパッと開けて枠を外します。

          その大きさに丸く裁った生地を枠に固定。

           

          時計

           

          こういう時に非常に便利な生地用両面テープ。

          残り少なくなり、もっと買っておけば良かったと後悔中…。

          内側の円に切り込みを入れ、包んでから両面テープに貼付けます。

           

          廻りの部分はその巾に裁った生地をぐるっと一周巻き付けます。

           

          時計

           

          片端(写真右側)は2つ折りにしておき、もう片端(裏側)は中に入れ込みます。こうするとどこにもボロが出ず、見た目すっきり。

           

          思ったよりも派手に出来上がりました。

           

          時計

           

          なんでもそうですが、出来上がりは嬉しいものです。

          が、今のところこの生地は部屋に合いません。そして黒はなるべく部屋に置きたくありません。

          なのに。

          なぜ選んだかと言うと、ただ単に黄色と黒の組み合わせが好きだったからです。この生地ありきで部屋のカーテンや小物を取り替えてみようと思います。両面テープはお湯につけておけば取れるので、何度でもやり直しがききます。これに飽きたらまた違う生地で作り直してみようと思います。

           

          余談ですが、この時計は秒針のカチカチ音が非常に響きます。

          そして2つの時計に0.5秒誤差があるとその音は2倍になります。

          今現在も然り。1分間に120回カチカチ鳴っています。

          音が気になる人にとっては地獄のような環境でしょう。

          私は全く気にならず、むしろ催眠にかかりそうです。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓聴いている音楽とぴったり合うとちょっと気持ちいい私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

          保存保存

          保存保存

          保存保存

          0
            | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
            Profile
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links