SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# トナカイを食べて思う...

 

週末に彼の叔父さんが両親宅に遊びに来ました。

叔父さんが手料理をふるまってくれるとの事で、私達も招かれ一緒に食事をしました。

 

更に北に住んでいる叔父さんは、いつもトナカイ料理を作ってくれます。スープはとても絶品で、今回も楽しみに行ったところ...。

 

renkött

 

スープ...ではなさそうです。

でもトナカイの肉はてんこ盛り!

 

自然が大好きで知識も豊富な叔父さん。この日は保存していたベリーとキノコも持参していました。ん〜どのように出てくるのか、楽しみです。

 

黙々と作り続ける叔父さんをよそに、私達はテレビでホッケー観戦。

出来たよーと言われてキッチンへ行くと...

 

前菜

 

まずは前菜。お皿には義母が作った卵とニシンと何かの前菜が用意されていました。

これにはビールが合うよね!という事で、それぞれにビールが注がれました。私だけアルコール度数2.2%の軽いものです。

 

私は全員が席につくまで食べるのを躊躇してしまいます。

さらにお酒があると、乾杯を待ってしまいます。

ところが皆さん、いつも自由に食べ始めます。乾杯もありません。思いついた時にスコール(乾杯)と言って、急にグラスを掲げたりします。彼の親族のみかも知れませんが、毎度タイミングがわかりません。だいたいいつも義父が先陣を切り、続いてパートナーががっつきます。今回ももれなく彼らを確認してから食べ始めました。

 

この前菜はとても美味しく、ニシンがあまり好きではない彼の分までぺろりと頂きました。そして続くメーンデッシュ、トナカイ。

 

renkött

 

キノコとトナカイとタマネギをクリーミーにどうにかしたステーキです。お手製のコケモモジャムを添えて。

 

肉を食べ過ぎると私はお腹が痛くなります。重々承知の上で写真と同じくらいの分量をおかわりをしました。もちろん食後に痛くなりましたが、とまらなかった...。それくらい美味しかったです。

 

食後しばらくしてデザート。

 

アイス

 

叔父さんのベリーと洋梨、バナナと何かを添えたアイス。

バニラの甘さが和らぐ爽やかなデザートでした。

 

日本で働いていた時、ダウンやジャケットの中身がどのような構造になっているのか、職業柄だいたい予想出来ました。それは大変興味があり、好きだからです。しかし料理。今回もそうですが、入っている”なにか”が何なのかわからず、かといって追求するわけでもなく、美味しくて満足という感情だけで頂きました。少しずつ始めた料理ですが、先日は牛乳味噌リゾットを作って失敗しました。何かが多くて何かが足りない...。もう全然わかりません。好きになって探究心を高めたい、と思った食後のひと時でした。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓幸いにも自分一人分のリゾットだったので、彼には失敗がバレていない私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

保存保存

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: スウェーデン料理 |
    # 美味しさの向う側

     

    今日もパートナーが美味しい夕食を作ってくれました。

    キクイモのスープです。

     

    jordärtskocka soppa

     

    ありがたや ありがたや

     

    もちろんおかわりをし、パンと一緒にぺろっと食べ終わった私ですが、ちょっと様子がおかしくなりました。

     

    唇がちょっとピリっとした感じに。そして喉がいがらっぽくなり、耳の奥もかゆいようなムズムズするような...。そう、アレルギー症状が出ました。原因はたぶんナッツです。写真は一杯目ですが、おかわりをした2杯目に私はナッツを大量投入しました。

     

    nötter

     

    ナッツ類は好きでよく食べます。

    でもこれには8種類のナッツとゴマがミックスされていました。

    アレルゲンを探せ...!

     

    移住後初めてのクリスマス。

    彼の親族の家で行ないましたが、いつでも誰でもつまめるよう、家の至る所にミックスナッツが置いてありました。小腹が減っていた私はそれらを鷲掴みし、お構いなしに口に運んでいました。すると突然、今まで味わった事のないような、とても濃厚で美味しいナッツにぶち当たりました。しかし、ナッツ食べマシンと化していた私は、ミックスされている中のどれなのかわからず。

    また食べたいなーと思い、更に手を伸ばしたところ異変が。濃厚ナッツでアレルギー発症です。水を沢山飲んで落ち着きましたが、今までナッツに反応した事がなかったので自分でも驚きました。

     

    今日のソレはクリスマスのアレと恐らく同じです。

    ナッツ袋に記載されていたナッツのうち、一つだけ聞き慣れないものが...。

     

    それはparanöt。ブラジルナッツです。

    たぶん日本にいた時には食べた事がないと思います。でもどうでしょう、確定ではありません。今度はアレルゲン追求の為だけにブラジルナッツを買い、単体少量摂取で試してみたいと思います。

     

    ナッツアレルギーについて調べてみようと思い、ネットで色々検索をしていたら、ある情報が目にとまりました。ナッツに反応してしまう人は白樺の花粉症の人が多いようです。私です。

    そして白樺の花粉症について調べてみると、その中には果物のびわに反応してしまう人がいるようです。はい、私です。

    びわアレルギーを調べてみると、バラ科の果物(梨や桃)に喉がイガイガしてしまう人が多いようです。しつこいですね、私です。

     

    ステレオタイプ。

    びわは割と深刻で、30年近く食べていません。大好きだったのに...。

    学校の給食で食べた後、気管が腫れ上がって苦しく、咳込んでいたのを覚えています。その頃はアレルギーについて、しかもびわに反応するなんて情報も人も聞いた事がなく、どうしたらいいのか非常に困りました。びわで苦しいから早退したいとは言えず、お腹痛いとかなんとか、嘘をついて帰宅したようなしなかったような...。そんな時代でしたが、無知って危ないなと振り返って思います。

     

    これ以上アレルギーが増えない事を願うばかりです。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓嫌いになれたら楽なのに...!と昼ドラっぽく言ってみる私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

    保存保存

    保存保存

    保存保存

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: スウェーデン料理 |
      # 神は見ている...

       

      スウェーデンで外食するとなかなかのお値段になります。

      ランチは日本より若干高い程度ですが、少しいいところでディナーしようと思うと格段に値が上がります。その為、私達はお祝いごと以外ではあまり行きません。

       

      が、先日はパートナーが御馳走してくれるというので久々に行ってきました。

       

      savoy

       

      薄暗い店内。

       

      メニューにもちろん写真は載っておらず、スウェーデン語の読解からスタート。普段食べない物や、使わない単語はもちろんわからず、オーダーを決めるのには時間がかかります。

       

      今回、美味しそうだと思う前菜と主菜が魚料理で若干かぶりました。

      それでも食べたかったものとは...?

       

      laxたたき

       

      前菜、サーモンのたたき。ポン酢唐辛子ソースとタピオカ醤油で召し上がれ。

      たたきはtataki、唐辛子はtougarashiと日本語名で表記されていました。なんかそう言われると食べたくなっちゃうじゃない!というわけでオーダーです。

       

      これはもう...極上の味でした。特にポン酢唐辛子(手前のソース)との相性が最高で、今写真を見ているだけでよだれが出そうです。

       

      この前菜とかぶった主菜の魚料理。

      それはイワナを使ったものでした。イワナもサケ科ですが、肉よりも食べたかったので承知でオーダー。

       

      röding

       

      長いブロッコリー。

      貝類が添えてあったのもまた魅力的であり、想像通り美味しかったです。

      ところが、彼が頼んだ子鹿のステーキ。少し分けてもらったところ、とろける柔らかさの肉にやられました。

       

      rådjur

       

      あぁ...ちょっと後悔...。これにすれば良かったです。

       

      その後デザートも頂いて満腹で大満足のディナーが終了しました。

       

      お会計です。

      店員さんに伝票を持ってきてもらい見たところ、何かの間違いでは?と目を疑いました。

      こんな高額...!ではありません。逆でした。合計額はかなり安く、一つずつ見ていくと全てが30%割引されていました。

       

      お店の方に確認すると、今週は新しいメニューを試しに提供する期間であり、お客さんの反応や意見を聞く為に割引しているとの事。なんていいタイミングで私達は来たのでしょう。御馳走すると言ってくれた彼はもちろん私以上に大喜びしていました。

       

      こういう偶然が多々あるパートナー。

      欲しい物があってお店で迷っていると、店員がやってきて急に割り引いてくれたりします。もちろん自分で値引き交渉もたまにするのですが、私が見たところ95%の確率で交渉は成立します。

      そして道でお金を拾う確率も非常に高い彼。5kr、10krはザラですが、紙幣を拾ってきた時には驚きました。

       

      その分、人にお金をあげることも多いです。家族や友達にそこまでしなくてもいいんじゃない?と思う程渡したりします。私達は決して裕福なわけではないので心情は複雑ですが、そういう彼をみていると神は知っているな...と思ってしまいます。

       

      因果応報。

      私はこちらで一度もお金を拾った事がありません。

      神...ちゃんと仕事してるな。と思った我が身を振り返る晩餐でした。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓拾っても私にくれたりするパートナー。神も先刻ご承知、逆は有り得ない
      私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: スウェーデン料理 |
        # セムライム

         

        運動して消費したカロリー以上をもれなく補う事ができるアレ。

        先日の水泳帰り、私は買って帰りました。

         

        semlor

         

        この時期、スウェーデンで食べられるセムラです。

        1つでセムラ、2つでセムロール。スウェーデン語の語尾変化、お勉強にもなります。

         

        semla

         

         

        復活祭までの間、カフェやパン屋さんでは目玉商品として売り出されます。

        くり抜いたパンの中にアーモンドペーストと生クリームを入れ、フタをするのが基本セムラ。コーヒーにとても合います。結構ボリュームがありますので、全部は食べられないなーという人用に、ミニセムラも売られています。もちろん私のはミニではありません。

         

        その数日後、友人が我が家に遊びに来てくれた際に、手みやげとしてセムラを買って来てくれました。また食べられて嬉しい!

         

        semlor

         

        2種類買って来てくれたので半分こ。

        左は伝統的なセムラで、右はパン生地がデニッシュっぽくなっています。

         

        毎年色々な種類のセムラが売り出されます。

        プリンセストルタ(詳細こちら)風もあるみたい!と写真を見せてもらいました。他にはどんなのが?と思い、ネット検索してみると出てきました。

         

        ヌテラセムラ、サフランセムラ、ベーコンセムラ、ハンバーガーセムラ、ホットドッグセムラ...

        後半は何故それと合体させようと思ったのか不思議ですが、この様にバリエーションに富んでいます。私の住む街ではそんな不思議系セムラを発見する事はありません。

        残念です。という訳で遊んでみました。

         

        スライムセムラ

         

        箱にぴったりだったものでつい。

        似て非なるアレ。私がカフェのオーナーなら、一度でいいのでセムラの隣に陳列してみたい…です。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓1つでスライム、2つならスライメル...か?とどうでもいい語尾変化を考える私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

        保存保存

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: スウェーデン料理 |
          # 大胆な焼き菓子

           

          仕事後に泳ぎに行き、買い物がてら帰宅して夕食を作ります。

          わたし。ではなくパートナー。

           

          何を料理しようかアイデアが浮かばない時は、お互い適当に済ませます。私はお肉を沢山たべるとお腹が痛くなります。体質に合わないのでしょう。しかし、パートナーは北欧のDNAが騒ぐらしく、肉を欲します。そういえばこの人スウェーデン人だったんだ、とこんな時に思うものです。お互いの体調や気分が一致しないときは、別々のメニューになります。私と自分の分、頻繁ではありませんが2メニューわざわざ作ってくれることもあり、頭が下がるおもいです。

           

          片付けは私の担当です。料理中、彼は自由に大量に色々と使い、流し台はいつもごった返しています。もう慣れましたが、昨晩もいつも通りに片付けをし、さぁゆっくりしようとソファーに座っていると...。

          キレイになったキッチンで、なにやらゴソゴソ始めたパートナー。

          えー、今からなにするNO!と若干否定も込めて聞いてみると、ふふふ、焼くんです、と返答が。

           

          plommon

           

          半分に切られたプラムが大量に転がっていました。

          プラムそんなに好きじゃないんだけどな、と伝えると、これはきっと大丈夫!と自信ありげにケーキを作り始めました。

           

          《材料》

          プラム:1リットル

          バター:150g

          卵黄:卵2個分

          粉砂糖:2.5dl 

          バニラ砂糖:ティースプーン1

          レモンの皮:一個分

          小麦粉:2dl

          ベーキングパウダー:ティースプーン1/2

          卵白:卵2個分

           

          ・バターを柔らかくなるまで混ぜ、泡立てた卵黄と粉砂糖を少しずつバターに足しながら泡立てます。

          ・すりおろしたレモンの皮とバニラ砂糖も加えて混ぜます。

          ・そこに小麦粉とベーキングパウダーを入れてざっくり混ぜます。

          ・角が立つまで卵白を泡立て、上記に混ぜ合わせます。

          ・その生地を型に敷き、プラムを乗せます。

           

          それそれー!と調子に乗ってプラムをばらまいた様子がこちら。

           

          plommon bakelse

           

          だ、大胆だ...。

          まわりに付着している生地は焼くと焦げ付くので、綺麗に取って欲しかったのですが、水をさすようだったのでグッと堪えました。

           

          ・175℃のオーブンで40分間焼きます。

           

          その状態がこちら。

           

          plommon bakelse

           

          見事に焦げました。でもいいんです。

          ”プラムケーキ〜月面クレーター風〜”の完成です。

           

          少し冷ましてから、粉砂糖を振りかけたりアイスを添えて召し上がるといいそうです。パートナーは間違えて熱いうちに粉砂糖を一撒きしてしまいました。白いのがそうです。

           

          私はそのまま頂きました。如何に...?

           

          plommon bakelse

           

          見た目は置いておいて、味はとてもいいです!

          生地だけでは甘さが気になりますが、プラムの酸っぱさが合わさるとちょうどいい加減になります。レモンの風味がさっぱりさも出しています。

           

           

          普段はお菓子作りの習慣がないパートナー。

          この日はいつも以上に動き過ぎてアドレナリンが大放出し、勢いで焼いてみたそうです。22時頃のフィーカとなりましたが、エネルギー補給が必要だった彼にとってはちょうど良かったのではないでしょうか。私には...言わずもがなカロリー過多。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓生クリームを乗せたらきっと美味しいよね...と更に過多を求めるハイ・カロリーナ・ワタシですが、クリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

          保存保存

          保存保存

          保存保存

          0
            | comments(2) | trackbacks(0) | 06:00 | category: スウェーデン料理 |
            Profile
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links