SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# あれから40年

 

パートナーと出会った頃は新鮮でした。

一緒にいるだけでなんとなく幸せでした。

 

あれから40年。

最近はお茶を飲む音までイヤになり、一度入れてみたい、トリカブト。

 

お察しの通り中高年の星、きみまろさんです。

あと数十年後、わかるわぁと思いながら私もげらげら笑って聴くのでしょうか。今でも若干わからなくもなく、笑わないかというと嘘であり、どちらかというととても好きなあれから40年。

 

そうやってふと思い返す事柄は日々あります。

 

私の場合、あれから1年。

40年に比べればついこの間ですが、ちょうど1年前の今頃、自転車で転んで左手首を骨折しました。抜糸が早かったため傷跡はだいぶ悲惨に残っていますが、お陰様で今では問題なくほぼ以前のように生活しています。先日彼の家族とお茶をしている時その話になり、早いわねぇと皆でしみじみとしました。

 

砂利道を自転車で走行していました。そこに少し大きな石があり、タイヤがちょっと乗り上げた瞬間すべって転びました。私に限らず、そういった道で怪我をする人は大勢いると家族は言います。せめて全面一斉工事ではなく、片側一車線ずつにしてほしいところですがここは北スウェーデン...。言いたいことは沢山ありますが、労働力は限られており、交通量も日本の比ではありませんから色々仕方がないのでしょう。私の場合は自転車を降りるべきでした。各々が注意するしかありません。

 

そして同じくあれから1年。

怪我をした2日後に今のアパートへ引っ越してきました。

まだ思い出したくない事がわりと沢山あります...。まわりにも迷惑をかけ、痛みで夜も眠れず、何も出来ないイライラで彼にも八つ当たりし、私だけではなく彼も同様になんだか悲惨な日々だったような...。

 

出会った頃の彼女は食べたくなる程可愛かった。

あれから数年。あの時食べておけばよかった。

 

可愛いかったということにしますが、彼から時折このようなわなわなとしたオーラが伝わってきていました。

 

これから40年。

 

どうなるのでしょう。賞味期限を鼻で確かめ、彼に食べさせるのでしょうか。来年の事もわかりませんので、40年後などはるか未来のようです。いや、もうアレな確率の方が高いか...。今後も怪我や健康管理には注意し、”ババァ”になった時にも笑えるよう、”ジジィ”と堅実に生きて行きたいと思います...。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓あれ?もう中高年だし中身もずっとババァだったんじゃ...と薄々気付いている私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

保存保存

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: おもうこと |
    # 厚い友情

     

    初対面でもざっくばらんに話をし、すぐに仲良くなる人。と、そうでない人。

    プライベートにおいて私は断然後者です。

    サラっと仲良くなれるかというとそうではなく、人付き合いの傾向や価値観は似ている私とパートナー。

     

    ですが、数人ながら心置きなく話が出来る友人達はいます。

    彼の場合、家族のように親しくしている大親友が2人。

    友人Aは幼なじみであり、もし奴が病気とかになっちゃったらどうしよう、と目にうっすら涙を浮かべながら語ります。

    友人Bについては、毎回的確なアドバイスをくれる先生みたいな奴!だそうです。

    なかなか3人一緒に会える事はありませんが、その機会があると実に嬉しそうに出掛けていきます。

     

    その友人Bがもうすぐ誕生日を迎えるそうです。

    サプライズ好きな彼ですが、私は苦手なので普段それを実行出来ずにいます。でも。ここぞとばかりにサプラーイズを計画し始めました。友人Aと電話で話す事1時間以上...。その案とは。

     

    ちょっと久しぶりに良い所でディナーでもしようよ!と誘い出す。

    席についたら、今日は誕生日のお祝いだから僕たちが御馳走するよ!とネタばらし。

    食事を終えてさぁお開きという時に、実はもう一つプレゼントが。とサプライズアゲイン。

    アレを差し出してお祝い終了!

     

    だ、そうです。

    ありきたりと言えばありきたり。

    ですが2人はでもさ、でもさ、こういうのはどう?と小学生のように相談し合っていました。楽しそうでなにより。

     

    最後に渡すアレとは。

     

    ウイスキー

     

    ここは大人のプレゼント。

    キン消しとかじゃなくてよかったー。

     

    ウイスキーのグレンゴイン、21年物です。

    私には全く良さがわかりませんが、なかなかの代物だそうです。

     

    でも味には好みがあります。これは本人が欲しいと言っていた物なのか?否。自分達で色々調べて決めたそうです。好きな味である事を願います...。

     

    ラッピングをお願い出来る?と彼に頼まれました。

    私はラッピングがとても苦手です。が、ここは私も一つ、何かお役に立ちたい...というわけで包んでみました。和風に。

     

    ラッピング

     

    苦手なのでシンプルに。プラス、水引を結ってごまかしました。

    喜んで頂けると嬉しい...。

     

    用意が整い、あとは当日を待つだけです。

    でも遠方に住んでいる友人Bがくるのは5月です。

    彼にしてみればこのうずうず期間もたまらないそうです。

    サプライズ...満喫しているな...。

     

    満喫し過ぎて彼はある物を買いました。自分用に。

     

    glengoyne お菓子

     

    ファッジ。グレンゴインの。

     

    またお菓子...。甘い上にウイスキーの風味がもの凄く、私は食べられません。彼は立て続けに食べていた為、私は止めました。すると私の顔をジッと見つめ、君の顔がファッジに見えてきた...と呟く有り様。四角くないし。むしろ細長いんですけど。

     

    重症です。これはすぐにたいらげるでしょう。

    友人Bに見せたいとか言って(言い訳)また買うと思います。

    君がこれ嫌いでほんっとに幸せだよ!と缶の中に鼻を入れ、臭いを嗅ぎながら喋っていました。

    恐るべしゴーディス(お菓子)モンスター。

    ある意味私にとってはサプラーイズな彼、でした。

     

    因みに昔、私は糠味噌の臭いが好き過ぎて、鼻の下に糠を塗って家でくつろいでいました。それを見た母はもちろんドン引きし、やめなさいと叫びました。彼が聞いたら驚く私、糠味噌モンスター。どちらかと言うと私の方が危険度が高かったです。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓逆に、お蕎麦が好きではない彼に心底ホッとしている
    私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

    保存保存

    保存保存

    0
      | comments(2) | trackbacks(0) | 06:00 | category: おもうこと |
      # 誕生日のお祝い

       

      週末に私の誕生日をお祝いしてくれるという事で、彼の両親宅に招かれました。

      当日ではありませんでしたが、週末の方がゆっくりできるからと。

       

      私は毎年パーティーをお断りしています。会った時におめでとうと言ってもらえたら十分です。忘れちゃっても構いません。実際日本にいる家族は忘れており、昨年は珍しく当日にメールが来て驚いたくらいです。パーティーを開くとなると自宅にお招きすることになり、準備や片付けや諸々でぐったりします。更に私は自分が主役のパーティはむずむずするので、好きなようにゆっくりと過ごしたいと思っています。

       

      それでももしよければ私達とフィーカ程度でも...。両親は譲歩案を提示してくれました。なんか気を遣って頂いて恐縮です...。

       

      パンやケーキを焼いたと事前に連絡をもらい、楽しみにして行くと。

       

      チキンスープ

       

      チキンスープを作っていてくれました。

      きっと好きだと思って...と。

       

      最高に美味しく、ケーキが控えているというのに3杯おかわりしました。とまらない。家でも食べたいと思いレシピをききましたが、うーん、適当に混ぜたのよ。との事で再現ならず残念です。今までさんざん御馳走になってきましたが、彼女の手料理ベスト1になりました。

       

      そしてお楽しみのケーキ。

       

      ケーキ

       

      くどい甘さが苦手な私の為に、スウェーデンケーキにしてはグッと甘さ控えめのショートケーキを作ってくれました。グルテンフリーでお腹にも優しく、これもとっても美味しかった...。

       

      その後シナモンロールとクッキーを更に食べ、幸せだーと思っていましたら。義母がこれ...と言って一枚の紙を差し出してきました。

       

      お祝い

       

      日本語で言いたくて練習したの!

       

      渡すのと同時に滑舌よくはっぴーばーすでーと言ってくれました。発音は合っているけど日本語かというとそうじゃない、でも嬉しい!ネットで検索し、字を真似たそうです。難しいツも上手に書けていますし、その気持ちがもう本当に嬉しいです。

      彼女も練習していて、あれ?これhappy birthdayじゃない?と思ったらしいのですが、日本語っぽくわざわざ言ってくれました。

       

      留学経験もない私は、外国に住む事がどういう事なのか知らずに来ました。気持ちで乗り越えられる年齢ではなかったので、色々と調べて心の準備はしてきたつもりです。しかし住んでみて経験して初めて感じる事は山のようにあります。そんな中、一番身近なパートナーにはもちろん日々助けられていますが、彼の家族の助けによって救われる事も多々ありました。とても優しく、かといって押し付けがましいわけでもなく、いい両親で有り難い限りです。

       

      文化や生活背景が違うので当然ですが、未だに受け入れるのが難しい事もあります。年齢と共に考え方は変わりますが、私はこの先頑固になるのか柔軟になるのか...。年々思考は凝り固まってきますが、今の時点でちょっと危ない感じがしています。どうなることやら。いい歳のとり方をしていきたいものです。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓体の衰えをひしひしと感じるも気持ちが追いつかない
      私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

      保存保存

      保存保存

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: おもうこと |
        # 息子がたくさん

         

        私とパートナーは結婚していません。

        もし入籍したとしても、苗字を変えるつもりはありません。

        これは人それぞれ想いがありましょうから他の人がどうという話ではありません。もし私が...と考えた時、外国姓と日本語名の組み合わせにこそばゆさを感じるが故、そう決めていることです。

         

        パートナーの姓は特別珍しくありませんが、あまり聞かない苗字です。

         

        どうも、はじめまして木川です。

        無理矢理日本語に置き換えると木川になる彼は、日本語姓に憧れているらしく、自己紹介の練習ではこのように言います。って誰だ?相手を惑わす自己紹介はやめた方がいいと何度も言っているのですが。

         

        2017年現在、スウェーデンで最も多い苗字ランキングは次の様になっています。

        1、Johansson ヨハンソン

        2、Andersson アンダション

        3、Karlsson カールション

        4、Nilsson ニルソン

        5、Eriksson エリクソン

         

        見事なまでのソン。

        ソンはこの後18位まで続き、19位でやっとLindberg(リンドバリ)が出てきます。son(ソン)は息子という意味であり、昔の命名方の名残です。

         

        逆に珍しい名前はMyrenberg(ミーレンバリ:沼地の丘)やBussman(ブスマン:バスの人)など。日本語でもそうですが名前には色々と由来があり、調べてみるのは楽しいものです。

         

        最近ではキラキラネームも減り、次はしわしわネームが注目されると聞きますがどうなのでしょう。

        スウェーデンでも流行はあるようです。

         

        名前で言えば、現在一番多いのは女性がマリア、男性がエリックだそうです。でもこれは全国の統計であり、世代別ではありません。昔は”子”がついたのと同様、女性は語尾がaで終わる名前が多かったスウェーデン。今でももちろん沢山名付けられているようですが、昨年最も多く付けられた名前はアリス。男の子はオスカーでした。キラキラかシワシワか、私にとっては見当もつきませんが。

         

        名前のバリエーションは日本よりも少ない気がします。

        例えばトーマス。私やパートナーのまわりにトーマスは4人います。

        これがちょっと私には問題です...。

         

        近い関係性の中にいるトーマス達。パートナーと話しをしていると、どのトーマスの事を言っているのかわからなくなる時がしょっちゅうあります。たまたまかもしれませんがこの他にもあと2つ、とてもメジャーな名前を持つ人物達が近くにおり混乱を極めます。

         

        職場の、友達の、○○の彼女の、と説明を前置きすれば問題ないのでしょうが、そういう事はしない私のパートナー。彼の話し方の問題...?改善してと言ってもいちいち煩わしくて前置きしないでしょう。というより、恐らく私の理解力欠如ですね...。効果的なあだ名をつけたいです。

         

        私の名前は発音しにくいらしく、必ず皆間違えます。

        いっそのこと、エリザベス。普段はベスって呼んでね!くらい極端なあだ名を自分につけたい今日この頃です。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓ベスというよりベム、でも一応人間の私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

         

        保存保存

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: おもうこと |
          # 自由inサウナ

           

          私の祖母は温泉地に住んでおり、山の中にある温泉施設によく行きます。綺麗な施設ですが辺鄙な場所にある為人が少なく、いつもゆったり入れます。私も毎年訪問し、一緒にのんびりと過ごす習慣がありました。

          そこではお年寄りが実に自由に振るまい、極楽を堪能しています。

           

          私の祖母はそこへ行くと、お湯に浸かりながらもぞもぞ動きます。何しているの?と聞くと、筋トレしてるだ、と返事が。えらいですね。少しでも元気でいたい彼女なりのトレーニング。温泉で肌もツルツル、筋力もアップです。上がった後は裸体でその辺にいる人と適当にお喋りを楽しみ、心身共にスッキリ、リフレッシュしています。

           

          私が最近行き始めたプール。上がった後には必ずサウナに入ります。

          お年寄りの自由さは北スウェーデンでも変わらず、でした。

           

          タオルを巻いて入る人と素っ裸の人の割合は3:7です。

          サウナを堪能する為には裸体が良いのはわかっていますが、私はなんとなく少数派のほうです。お年寄りはもれなく裸体です。

           

          私が行く時間はお年寄りが多く、必然的にサウナでもご一緒します。

          彼女達はタオルを敷き、よく寝転がります。仰向けで。タオルもかけず。横並びなら目に入りませんが、L字型になっているその場所では目のやり場に困ります。いや、見なきゃいいだけなんですが。

          と、同時に、うつ伏せの方もいらっしゃいます。ぐで...たま?

          堪能してるな...!と少し羨ましくなりましたが、私にはまだ時期早々。突然の来場者にびくびくし休まりません。

           

          先日、座って一人サウナを楽しんでいたら、あるおばあちゃんが入ってきました。

          片手にきびだんごが入っているような袋を持ち、ぺたぺたやってきました。笑顔でヘイと挨拶を交わし、私のすぐ隣に腰掛けました。ガラガラなのに。すると、おもむろにきびだんご袋から何か取り出し、むしゃむしゃ食べ始めました。

           

          温度85℃のサウナです。

          す、すごいな...!なんだ、何を食べているんだ!と気になりましたが、真横のため気配しか察せず、最初の2度見以降見る事が出来ませんでした。でもこれは...勧められるパターンだな。だって真横に座ったし!とちょっと不安になり、ブレイクを装って一旦退場しました。かわいらしいおばあちゃんでしたが、サウナでのフィーカは...そこまでまだスウェーデンという国に慣れていないの私!です。いや、あげる気など毛頭なかったかもしれませんが。

           

          自由な人を見るのは楽しいです。

          年齢と共に、人の事なんてどうでもよくなるのでしょうか。自分が満足していればそれでいい、という感じが彼女達から伝わってきます。もちろん人を思いやる気持ちがあった上での話ですが、いつか自分もそんな自由さを身につけたい、と思ったサウナ時間でした。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓もしきびだんごだったら仲間になっていたかもしれない
          ですが、クリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

          保存保存

          0
            | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: おもうこと |
            Profile
            Selected Entry
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links