SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# ミトン(光仕様)

 

ミトン2作目、編みました。

今回は自分用ではありません。いつもお世話になっている友達へ感謝を込めてプレゼントです。

 

私はピンタレストでミトンや図案などを収集していますが、それをその友人に見せた時に素敵だねと言っていた柄があります。それにちょっと修正を加え、彼女の手に合いそうな大きさで編み図を作りました。毛糸の色はちょっとした思惑があって、からし色とベージュを購入です。

 

こっそりひっそり...

ぴったりだといいな、と気持ち悪く笑いながら編み進めた結果はこちらです。

 

Mミトン

 

え?柄がわからないけど?

 

でもこれは失敗ではありません。

一応思惑通りです。プレゼントといいながら、実験的要素も取り入れてしまいました。それは何かといいますと、光に当たったら柄が浮かび上がる、です。冬は暗いので強い光が当たる事はそうそうないのですが。

 

フラッシュ撮影するとこんな感じになります。

 

Mミトン

 

浮かび上がった!

 

友人にはこれを装着してクラブへ行き、ブラックライトに照らされながら踊ったらいいと提案しておきました。自分だったらやりませんけど。無責任万歳。

 

ただ。

今回ももれなく問題が発生しました。毎度懲りずによくぞここまで失敗できるな、と自分でも逆に感心してしまいますが、今回のアクシデントはまずコレ。

 

折れた棒針Mミトン

 

今は亡き祖母がずっと使っていた竹の棒針を私は使っていました。それが折れました。いや、折りました。長年使われていた為にいくつかは反り返っていましたが、初めて編んだミトンでかなり力んでいた私はそれらを更に反り返らせました。今回、右手分を編んだ後にその反り返りを直そうと逆にしならせた結果、ポキ。おばあちゃん、大事に使っていたのに申し訳ない...。

 

ボンドでくっつける訳にもいきませんので、すぐに同じ太さの棒針を買いました。そして左分を編んだのですが、二次災害発生。

 

Mミトン

 

左右でかなり大きさが変わりました。

右は祖母の竹製棒針、左は買って来た鉄製。なんてこと...。

 

確かに、編んでいる最中に滑り具合が違うとは感じていました。鉄製の方はツルツルと目が滑って引き締まる感覚がせず。自分の分ならまぁいいか、とそのまま使ってしまいそうですが、これはプレゼントです。なので右の小さい方をほどきました。

 

Mミトン

 

あぁ.......

あっという間に....

 

でも思い立った瞬間に一気にほどくのはいいことだと思います。考えていても大きくなる訳ではありませんから、勢いにまかせてサッとほどく、そしてすぐに編み始める、失敗した時の極意です。偉そうに書いていますが、実際そんな極意は覚えたくなかったし覚える必要もないのは知らないふり。

 

蒸気でうねうねも直し、無事に左右対称で完成。やっと友人にプレゼントする事ができました。とても喜んでくれて私も嬉しい限りです。

 

彼女がはめてみると、大きさはピッタリでした。

祖母の棒針を折る事もなく、そのまま左手分を編んでいたらきっとキツくて入らなかったでしょう。ということは、今回は逆に運が良かった...?虫ならぬ祖母のお知らせ...?

 

結果よし。

ただ、いつになったら私は問題なく何かを編む事ができるのか。

そちらに関しても祖母に知らせてもらいたいものです。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓あちらからやってきて直接知らされるのは怖いからやめて欲しい
私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

保存保存

保存保存

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 07:00 | category: 制作について |
    # 靴下に辟易

     

    ノルビンドニングで編んだ靴下が完成しました。

    黄色い毛糸でサンプルを編みましたが(詳細こちら)、今度は白い毛糸でいざ本番です。

     

    N.B靴下

     

    クラゲみたいなつま先。

     

    どこで目を減らして、どこで増やしたのか。編み図がないので一足完成させるうちに私は忘れます。この手法の良いところは、4mくらいずつ糸をちぎりながら進めていくので、二足同時に編み進めることが出来ます。そのかわり休むときは2足とも同じ地点まで編んでから休まないとわからなくなります。

     

    編み方のサンプルで挑戦したOulu Stitchで編んでみました。最初は手がつりそうになりますが慣れれば問題なし。毛糸を引く時に最も当たる親指の腹は皮が剥け、さらに新しい皮に包まれツルツルに。私は強い皮を手に入れた!スキルではなく、体がレベルアップしました。

     

    サンプルよりも少し大きめに編みたかったので、足にはめながらせっせとかかとまで編んでみると...。

     

    N.B靴下

     

    編み地は厚みがでるため、試しにタテにしてみたら立ちました。

    そういえばこんなようなキノコ(こちら)を秋に見たな...とこの状態を見ながら回想にふけることしばし。

     

    少し飽きてきました。

    というよりも、この先のかかと部分がうまくいくかどうか不安で進みたくなかったのが正直なところですが、編まないと終わらないのは当然。なんとか気力を振り絞ってかかとに突入です。

     

    N.B靴下

     

    徐々に目を減らしながら、最終的には渦巻き状で目を閉じます。4m分(左右で8m)編んだら一日終わり。それを数日繰り返していたため、完成がだいぶ遅くなりました。太い糸は進みが早いので助かるのですが、私はもう疲れました。途中から細い糸で他のものを編んでみたくなり、最後は苦行と化しました。

     

    足首部分は毛糸が足りなくなったので同じ太さの違う色に切替え、やっと完成です。

     

    N.B靴下

     

    ちょっとかかとが...。

    一段減らすべきでした。とぎれとぎれ進めた感じと、もう面倒臭いという私の気持ちがよく表れていると思います。でももう編み直したくないので、私のかかとが鋭角に急成長することを願います。

     

    それにしてもガッチリです。抜け殻の如く、履いていたときと同じようにその場に佇んでいるこの靴下。ガッチリさのお陰で着用時は全く足が冷える事無く快適です。途中でげんなりしましたが、毒キノコがなんとか形になってホッとしました。次は最後まで楽しく編みたいですし、それが出来そうな糸や形を選ぼうと思います。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓本当はクラゲの時点でこの先危うし、と思っていた私ですが
    クリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

    保存保存

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 07:00 | category: 制作について |
      # 初めての編み方で靴下

       

      先日いくつかサンプル編みをしたノルビンドニング。

      早速靴下を編む事にしました。

       

      手袋と帽子の編み方はネットでもなんとか見つけられます。でも靴下は情報が少なく、あっても写真のみ。一つだけ有益な情報がありましたが、他の編み物と同じように目数は毛糸の太さによって変わります。私が使おうと思っている毛糸は極太だったので、恐らくその情報通りにはいかなそう...。でも仕方ありません。なんとも心細いスタートでしたが、とりあえず始めてみました。

       

      始まりはつま先から。

      ぐるっと丸く編んでから増し目を繰り返していきました。

       

      N.B靴下サンプル

       

      編んでいくうちにスタート地点がわからなくなるので、安全ピンで印をつけました。

      ある程度までいったら両端だけで目を増やしていき、足巾まで到達したらあとはかかとまでただ編んでいくだけ。毛糸は以前友人からもらったものですが、色のせいかコーンのようになりました。祖母が育てた甘いトウモロコシ、食べたい...。

       

      サンプルで編んだ楽しい編み方にしようと思いましたが、靴下の編み方をまずは覚えようと思ったので、基本的なMammen stitchという編み方にしてみました。コーンに至るまでは割となんとなく出来ます。でも問題はここから。

       

      かかと部分はパックリ開けておいて、あとで編んでいきます。自分の足にはめながらその位置を確認しつつ、とりあえず足首の作業。

       

      N.B靴下サンプル

       

      でも不安なことは早く終わらせたい...。

       

      理解度が一番うやむやなかかと。でも要領としてはミトンの親指部分と同じことに気付きました。あいている部分が大きいだけで、目の拾い方はきっと同じようにすればなんとかなると思い、まずは一段目完成。拾えたはいいけれど、今度は終わりに向けて目をどんどん減らさなければなりません。どこでどれくらい減らすべきか...。見つけた写真を拡大したり、穴があくほど凝視して最後は丸く収めました。なんとなく形にはなりましたが、はたしてこれで正解なのかは不明です...。

       

       

      N.B靴下サンプル

       

      毛糸が終わるまで足首部分を編んでいき、完成しました。

      もっと長く編む場合は、ふくらはぎにかけて増し目をしていかないと、履けなくなると思いました。ノルビンドニングは編み地が厚くなるので柔らかさはあまり出ません。しかも今回は極太の毛糸のせいもあり、ストレッチ性はほぼ皆無です。毛糸がいいところで終わってくれたため、足首でつっかかって履けなくなる悲劇はなんとか避けられました。やってみないとわからないことの一つ、気付けて良かったです。

       

      この毛糸はもう終わりました。

      靴下のサンプルとして編んだので、最初から片方だけのつもりでした。それにしても重い。次回どれくらいの量が必要なのか、確認もこめて重さを量ってみました。

       

      N.B靴下サンプル

       

      片方で97g...。

      今回はジャスト寸だったため、あまりゆとりがありません。手洗いしたとしても少し縮むと思うので、もう少し大きめに編んだ方がいいと思いました。となると必要分は両足で200g以上...?家にはあと210gあります。足らなくも余らなくなく、残りの毛糸をキレイに終わらせたいところです。

       

      現在、編み過ぎて肝心な親指部分に水ぶくれができて痛いです。

      早く本番の靴下に挑みたいところですが、少しペースを落とすべきかと思っています。あるいは強行して水ぶくれを破り、強靭な皮に育て上げるか...。普段は全く体育会系ではないのに、こんなところでいきなり根性が出てくるのは不思議なものです。どうなりますやら。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓自分でも何を目指しているのかわからなくなって来た私ですが
      クリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

      保存保存

      保存保存

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
        # 課題、nålbindning(ノルビンドニング)

         

        前回アップしたミトンの糸はまだ買っておらず相変わらず未完成のままですが、次、始めました。

        前にも書いた事があるノルビンドニングです。

         

        nålbindning

         

        ヴァイキング時代には既に使われていたと言われる、とても古いテクニックです。必要なのは木の針と100%ウールの毛糸だけ。親指に糸を絡めて編み進めていきます。毛糸はちぎりながら使うので写真のように端同士を絡ませて水で霧を吹き、こすり合わせて連結させます。それを木針に通して編んでいきます。針はトナカイの角で作られているものもあり、私もいつか欲しいと思っています。

        移住前からやってみたいと思っていて、こちらに住み始めてから何度か編みました。しかし飽きました。やらずじまいで早2年。いや3年?今またやりたい波がやって来ました。乗ります。

         

        参考書はいくつかあるようですがここの図書館や本屋にはなく、取り寄せになります。その時間もやりたいので、ネットで色々調べて編み始めました。棒針・かぎ針と同じく、様々な編み方があります。それらの編み目はネットで調べれば画像を見る事は可能です。が、見ただけでは何がどうなってそうなるのか、私には全然理解出来ませんでした。

         

        というわけで、何かを編み始める前に編み方のサンプルをいくつか作り、やり方と感想を記録しました。

         

        まずはノルビンドニングの中でも一般的な編み方がこちら。

         

        nålbindning

         

        左:Oslo stitch    右:Finnish stitch

         

        Osloは一番簡単で、どんな太さの毛糸でも対応出来そうです。仕上がりは柔らかくなる反面、少し薄地になります。

        Finnishもやりやすい編み方でした。Osloよりも厚地になります。

         

        次。もうこれ以上はちょっと、と思った編み方2つです。

         

        nålbindning

         

        左:Musen stitch    右:Russian stitch

         

        Musenは難しかったです。細い針と細い毛糸で編めばまだなんとかなりそうですが、私の針は太かったので手間の割には進まないし手はつるし...時間がかかりました。タコ糸が入っているような太いラインが出来るので、それをデザインにし、たい場合にはいいと思います。でも私はもう編まないでしょう...。

        Russianも然り。これも細い糸が適していると思いました。右利きであれば、通常は右から目をすくって左へ通します。でもこの編み方はある部分で針を逆方向から入れます。右手に針を持っているのに左から右に差し込む難しさ...。最後の方では少し慣れましたが、もういいです。

         

        次。これから編んでみたいと思ったこの2つ。

         

        nålbindning

         

        左:York stitch    右:Oulu stitch

        Yorkはとにかくねじれますし、なかなか進みません。糸の引き方を揃えないと醜くもなります。でも楽しいです。見た目がフラットなので色々主張したくない時にはいいと思いました。

        Ouluは安定感があります。ただ緩めに編むのがポイントだと思いました。編み物全般そうですが、私は編み目がきつくなる傾向にあるので、いい練習になりそうです。

         

        他にも編み方はありますが、毛糸が終わってしまったのでサンプルは今のところこの6点のみ。

         

        どんなものにも利点と欠点があります。そしてそれらは紙一重でもあります。

        私が思うノルビンドニングの欠点、裏を返せば利点、はこんな感じです。

         

        毛糸を沢山使う⇔厚地で暖かくなる

        情報が少ない⇔調べる労力、プライスレス

        親指が痛くなる⇔筋力アップ

         

        無理矢理感は無視して下さい。

         

        今までにノルビンドニングで手袋と帽子を編みました。

        次は靴下に挑戦しようと思います。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓本当は誰かに教えてもらいたい私ですが
        クリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

        保存保存

        保存保存

        保存保存

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
          # 北欧ミトンできた...?

           

          部屋の暖房が入り、一時期よりは随分と暖かくなった室内。対照的に外はどんどん寒くなっています。朝晩はマイナス、最高気温も1〜3度くらいです。そろそろ雪の予感です。

           

          冬に向けて気分転換に毎日少しずつ編んでいたミトン。

          色々書きたい事はあるのですが、とりあえず出来たものの写真をどうぞ。

           

          vantar

           

          なぜこの柄を選んでしまったのか...。

           

          履き口から編んでいます。ラーメンのお皿の縁みたいな模様を編み終えたとき、これはまずいと思いました。柄の規則性を掴む頃にはもう次の違う柄になってしまい、いつまで経っても慣れない...。この先を考えるとクラクラしました。しかも毛糸はモヘア。白、ベージュ共に糸がふわっふわで絡まります。柄は間違わずに編み終えましたが、ふわふわ糸がそれぞれの糸に絡まってしまったため、目が埋まり間違っているように見えてしまいます。更に竹の編み棒とこのベージュが同じ色で、何度か目を数え間違えてほどく事数回。糸は裏で全て編み込んだので、ほどいた後に目を拾うのも難儀でした。色々な選択ミス。勉強になりました。

           

          手のひらはこんな感じです。

           

          vante

           

          編み始めるときに色々な柄や編み方を調べました。

          そんな中で今回はこの親指に挑戦してみたいと思いました。基本的なミトンは別糸で数目だけ編んでおき、後でそれをほどいて親指部分を編みます。でもこれはちょっと違いました。

           

          vante

           

          手首から増し目を繰り返し、増やした部分は親指付け根部分で休み目をします。上部へ続く部分は新たに作り目をして続けて編んでいきます。普段は勉強したくないくせに、英語とスウェーデン語の資料を読みあさりながらなんとか理解しました。でも本当に合っているかはわかりません。

           

          親指は立体的ですし、可動域が広ければ広いほど手に馴染みます。どんな着用感なんだろう、というちょっとした好奇心から選んでいまったこの編み方。慣れていないせいもあり時間がかかりました。

          結果、出来上がりはこんな感じに。

           

          vante

           

          想像以上に立体!

          手にはめた時もその立体感は大いに感じます。やってみて良かった...。

           

          ところで、裏面写真が何故片方しかないのか。

          左手はどうしちゃったの?

           

          ふふ...こうなっちゃったのです。

           

          vante

           

          毛糸が足りない。

           

          なので正確には今回のミトン、未完成です。

          ベージュの毛糸...あと1.5m、いや1mでもなんとか足りると思います。たった1m。されど1m...。

           

          私はカレーやハヤシライスが大好きです。でもちょっと嫌な事もあります。ごはんだけ、もしくはルーだけが残るのが嫌なので、ちょうどよく両者が終わるように気にしながら食べます。それぞれおかわりが出来る状況ならいいのですが、どちらもこれっきり!という時には勝手にプレッシャーを感じながら食べています。

           

          まさにそんな心境で編み進めていたミトン後半戦。白をごはん、ベージュをルーとしてどきどきしながら編んでいました。これ絶対ルー足りない...。最終的にはごはんだけでなんとかごまかすか...?でもそれじゃカレーじゃない!ってそもそもカレーじゃないんですがルー、おかわりしたい...。

           

          悩んでも仕方がないので、近々毛糸屋さんに行って似たような色を買おうと思います。半端な毛糸を処理する目的もあったのですが、逆に毛糸が増える事になりました。また何か編みたいと思います...。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓スマホ用に指先があいているのもアリかも、と思う私ですが
          クリック頂けると嬉しいです。(ただ色々面倒なだけ)

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

          保存保存

          0
            | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
            Profile
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links