SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 立体的に。

 

先日買ったソファー(詳細はこちら)ですが、カバーを作る為の準備を始めました。

 

前の持ち主が作ったカバーが既に装着されており、それを取って確認してみました。が、おそらく何度も洗ったのでしょう、縮みや歪みがひどく、その型を抜き取るのは難しいと判断。新たにソファーを採寸しました。

 

ソファーは四角四面な形状ではなく、傾きや丸みがあります。

実際に生地をあてがいながら立体的に裁断していけばいいのでしょうが、そんなに沢山使える生地はなく...。様々な箇所を採寸し、1/10サイズのお試しパターンを作ってみました。

 

実際に組み立てて確認です。

 

ソファー型紙

 

テープで貼ったり書き込んだり。

薄汚れた縮小版の紙カバーが出来ました。

 

平面上では気付かなかった寸法の誤差・矛盾が発見出来るので、本番に向けて少し安心できます。どのパーツから縫い合わせていけば効率がいいのか、同時に確認も。

 

カーブにしたい部分を決め、貼ったテープを外して再度平面に戻します。

その後微修正して実寸の型紙制作。ただ、この工程はあくまで目安です。実際に作ってみたら変な部分に余りが出てしまうかもしれません。

 

要尺を計ってみたら、ソファー本体カバーだけで最低でも5m必要でした(150巾)。クッションカバーを入れると合計9m。レトロな生地ですべてを作るのは相当な金額になってしまい、私には無理です。実際に生地で試作したい気持ちもあり、どうしようと思っていた時、思い出しました。そういえば、私の好きな黄色×黒の生地が5mある...。

 

カーテン

 

その5mのうち、一部を現在カーテンとして使っています。

これを使っちゃおうか...。

 

また新たにカーテンを作らなきゃならないし、ソコをほどいてアレを再利用して...と考え始めると面倒臭くなります。実際投げ出しそうになりましたが、深く考えるのはやめ、勢いでカーテンを外し洗濯。すぐに裁断しました。

 

クッション部分は足りないので、必然的に違う生地になってしまいますが、何かでどうにかなるだろう。と思っています。果たして本当にどうにかなるのか...。

 

作る時間がしばらく取れなさそうですが、結果や如何に。

不安と期待がごちゃまぜです。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓目がチカチカしそうな予感には蓋をしている私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

保存保存

保存保存

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
# 新商品 改良ミトン

 


※お知らせ※

本日webshop/ånyo retro butikenに新商品を2点UPしました。creema店にも1点新たに出品していますので、宜しかったらご覧になってみて下さい。


 

以前自宅用に作ったミトンを改良し、商品として製作しました。

 

ミトン

 

改良前もそこそこ使えていました。

しかしそれは私の手が熱さに耐久性があるためだったようです。パートナーや試しに使ってもらった友人からは、熱が伝わって来て熱いかも、と指摘をもらいました。そこで耐熱180℃の素材を調達し、掴む部分に入れてみました。

 

まずは自宅用のミトンをほどき、その素材を入れて試作。

全体的になんだか分厚くなってしまい、逆に掴みづらくなり失敗です。その後、綿の分量や形の微調整を何度か繰り返し、完成となりました。アイロンを高温に設定し、しばらく触っても全く問題無しです。

 

ミトン

 

一般的に売られているミトンは大きいと感じていました。

手の大きい私のパートナーも問題なく使っていますが、このミトンは全長27cmと少し小さめです。指先のカーブは丸みを強くし、手に馴染んで掴みやすくしています。谷間の部分は平面ではなく、パターンを立体的にしているので、それも掴みやすい理由にもなっています。

 

掴む部分は耐熱素材や仕様の関係で厚みがあります。

全体的に同じような仕様にする必要はないので、その他の部分は綿をかませてふんわり仕上げています。耐熱機能はなくとも、その綿のお陰で誤って熱い部分に触れてもやけどの心配はありません。

 

ミトン

 

綿は裏布にきちんと縫い付けているので、片寄る心配もありません。

手首は楽々隠れる長さなので、オーブン使いにはもってこいです。

 

我が家はオーブンから重いものを取り出す事が多いので、2つ作って左右にはめて使用しています。でも実際は片方だけで十分という方がほとんどだと思います。

そんな訳でショップには一点のみ掲載していますが、もし左右セットでご希望の方はお気軽にご連絡下さい(ショップの問い合わせからメール可能です)。creemaにも問い合わせ機能がありますので、そちらをご利用下さい。

 

ショップ商品に使われている生地で新たに製作する事も可能です。生地残等の兼ね合いもありますので、ご希望に添えない場合もありますが、お好みに合わせてこちらから提案させて頂く事も出来ます。上記同様、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓汚れようが全く気にせず使っているパートナーに、そろそろ爆発しそうな
ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

保存保存

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
# コートの裾直し

ウールのコートを着たいです。

北スウェーデンの冬には残念ながら出番が限られています...。あまり荷物を増やしたくなかった私は日本に全て置いてきました。たまに無性に着たくなります。

 

ずっと北スウェーデン住まいのパートナーのお母さん。

彼女は各種様々なアウターをお持ちです。−40℃用、真冬散歩用、冬のお出かけ用などなど。歴史が長ければ持ち物も増えるのは当然です。そんな義母から先日ある事を頼まれました。

 

ロング

 

カシミアウールのロングコート。

この裾を短くして欲しいとの依頼です。魔女のような大きめフードが気に入っているらしいのですが、丈が長いと本当に魔女みたいで抵抗がある、と。普段お世話になっていますので、喜んでカットします!

 

服のお値段はなかなか理解に苦しむ場合があります。

素材や付属品、仕様や生産枚数など、色々なものの計算の上で上代が決められています。どんな商品でも一見わからない部分にお金がかかっています。にも関わらず、ひどい縫製やさすがにピンハネし過ぎだろうと思うものも中にはあり、”ブランド”の中に隠されたうやむやな部分も時に目にします。逆に、安くてもシルエットや縫製など、丁寧に作られているものも沢山あります。自分の気持ちが満たされればいいのですが、私の住む街ではその自己満足に浸れる服にそうそう出会えず、ちょっと寂しいです。

話が少しズレましたが、そんな一見分からない手間の一つがこちら。

 

裾芯

 

カットした裾に芯を貼っています。

コート作りでこれは一つのルールとなっています(例外もありますが)。こうする事で裾廻りが伸びたりよれたりせず、着用した時にストンとおさまってくれます。他にも前端や袖付け部分、肩など、部分によって異なる芯やテープを貼って、シルエットを整えています。家の構造と同じく、見えない部分の手を抜くと仕上がりや使用に問題が生じます。

 

裏地もカットして始末した後、表地の裾もまつっていきます。

 

裾裏

 

千鳥まつり。見えやすいように赤でなぞってみました。

右から左にほんの少しすくいながら、左から右に進んでいきます。ウールの場合、表に糸目は見えません。糸の引き具合や細かさなど、ちょうどいい加減は実践で習得するのみです。学生時代、この縫い方の部分縫い課題がありました。運針数を揃えて細かくまつったその課題。返却された評価には細か過ぎ!と書かれていました。そうです、細かければいいという訳ではなかったようです。一つひとつ勉強です。

 

カット後

 

30cm程短くしたコートが出来ました。

義母はとても喜んでくれ、普段お世話になり過ぎている私もお礼ができたので嬉しかったのですが。

 

お金を頂いてしまいました。

とっておいて!いえ、受け取れないわ!の押し問答を繰り返していたら義父も参戦し、好きなものを買いなさい、とポケットにねじり込まれ結果受け取ってしまいました。有意義に使えるまで大事にとっておこうと思います。

 

幼少期によく目撃した母と誰かのいいからいいから応酬。くれるならもらえばいいじゃない。と単純に思っていた私。

それに勝る色々な気持ちが大人になると湧くのだと、ノスタルジックな気分になった押し問答でした。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓義父が加わって3人になったところで、若干ダチョウっぽくなった私達ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

保存保存

保存保存

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
# 髪の毛の針山

昨日からの続き、自分の髪の毛を使った針山制作です。

 

フカフカに乾いた山の外側部分と、髪を詰め込んだシルクの靴下先。

そして土台になる部分として、瓶のフタを使う事にしました。

 

針山

 

フタには布用の接着テープで生地を固定しています。

フエルト山と髪の毛だんごはどうやら上手くマッチングしそうで一安心です。

 

針山

 

穴糸2本取りでフエルトのまわりをぐし縫いし、思い切り引っ張ってだんごinだんごが完成。髪の毛を入れただんごは下手に針を使うと切れそうな気がしたので、口部分は結んだだけです。

それを無理矢理土台である瓶のフタに押し付けます。

 

針山側面

 

手を離すとパーンと飛びそうな勢いですが、そこを堪えて押さえたまま土台の生地をすくってまつっていきます。なんかぴったりで嬉しい!ですが、このままだとちょっと見栄えが悪いので、最後はまわりにテープを貼付けました。布用両面テープ、なかなか使える強力な助っ人です。

 

そして完成!

 

針山完成

 

本当に出来た!わーい。

ところが問題が一つ。針が見にくい...。どうやら色の選択を間違ったようです。やってみてわかること、これも一つの勉強ですね。となんとか思い込んでいます。

 

作業をする時、私は左手首に針山を装着します。

その為のゴムも最初につけておきました。

 

針山底

 

今までさんざん使い込んだ針山はもうくたびれています。

特にこのゴム部分は既にゴムの役割を果たしていません。今後、これもそうなる可能性があるかと思い、付け部分は生地で固定しました。こうすればゴムがバカになっても取り替えやすいです。

 

無事完成にこぎつけました。材料が無駄にならず良かったです...。

 

適度な弾力と大きさ。嬉しいあまり、針の抜き差しを一人で繰り返しています。

それを突然部屋に入って来たパートナーに見られ、ブードゥー!と叫ばれました。誰!僕!?あっ痛い!と茶番を繰り返した後、静かに去ってくれたので良かったです。執拗にやられたら私は本当に彼を...。

 

以上です。制作も楽しく、彼も元気で何よりな一日でした。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓どちらかというと痛がるのは自分自身な気がする、呪い要素満点な針山ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

 

保存保存

保存保存

保存保存

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
# ヴィンテージ生地のペンケース

 


※お知らせ※

本日新商品のペンケースをショップにUPしました。

左のリンクからご覧頂けます。

ånyo retro butiken及び、å.r.b(creema店)にそれぞれ2点ずつございますので、ご興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。


 

本当に久々の新商品となってしまいました。

毎日何をしているのですか?わたし。

 

それはもう一生懸命に朝起きてご飯を食べ、散歩をして掃除を済まし、そして全力で寝ているのです。

 

というのはさすがに冗談ですが、セミオーダー品の製作やショップとは別に頂いているお仕事の為、お陰様でなんだかばたばたと日々を過ごしております。とても有り難い事です。

 

さて、今回UPした商品ですが...。

 

pennfodral

 

このようなペンケース。

 

大きめのケースに沢山のペン類や定規、ポストイットにUSBなど、大量に入れる人もいらっしゃいます。ですが、打ち合わせや図書館での勉強時、サッと持ち歩きたい方の為に小さめのペンケースを製作しました。

 

私の場合はペン類と消しゴム、定規と修正テープで事足ります。

それらを入れてもまだ少し余裕のあるこのペーンケース。

 

ペンケース

 

こちらはフィンランドのtampellaのテキスタイル。

70年代のヴィンテージ生地です。

とても綺麗な赤で気に入っていたのですが、赤は色落ちが激しく、雨など水に濡れた場合に色移りしやすいのが難点で、何を作ろうか迷っていました。ペンケースは頻繁に洗う事もないですし、そういった心配が少ないと思い選びました。

 

カバン用の固い芯地を使用していますので、安心感のある使い心地です。

 

製作過程でこれはもしやと思った事がありました。

あれも入るのでは...?

 

歯磨きセット

 

歯磨きセット。

 

OLさんのランチ後に。学生さんの学食後に。

歯磨きのお伴に北欧生地ケース、如何でしょうか。

シュミテクト(歯ブラシ)はNGですが、ピュオーラならギリ入ります。

 

冷静に考えるとそんなに無理して入れる必要はございませんね。しかし、旅行用として自分に作ろうと思っています。電動歯ブラシが思いのほかぴったりだったものですから...。

 

ペン類以外でもどうぞご自由にお使い下さい。

引き続きセミオーダーも承っております。ショップ内のお好きな生地をお知らせ頂ければ、新たに製作いたしますので、お気軽にご連絡下さい(ショップHPからメール出来ます)。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓スウェーデンの歯ブラシは大き過ぎ、異物感でうえ〜っとなる私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

 

保存保存

保存保存

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
Profile
Archives
Comments
Search this site
Sponsored Links