SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 北欧ミトンできた...?

 

部屋の暖房が入り、一時期よりは随分と暖かくなった室内。対照的に外はどんどん寒くなっています。朝晩はマイナス、最高気温も1〜3度くらいです。そろそろ雪の予感です。

 

冬に向けて気分転換に毎日少しずつ編んでいたミトン。

色々書きたい事はあるのですが、とりあえず出来たものの写真をどうぞ。

 

vantar

 

なぜこの柄を選んでしまったのか...。

 

履き口から編んでいます。ラーメンのお皿の縁みたいな模様を編み終えたとき、これはまずいと思いました。柄の規則性を掴む頃にはもう次の違う柄になってしまい、いつまで経っても慣れない...。この先を考えるとクラクラしました。しかも毛糸はモヘア。白、ベージュ共に糸がふわっふわで絡まります。柄は間違わずに編み終えましたが、ふわふわ糸がそれぞれの糸に絡まってしまったため、目が埋まり間違っているように見えてしまいます。更に竹の編み棒とこのベージュが同じ色で、何度か目を数え間違えてほどく事数回。糸は裏で全て編み込んだので、ほどいた後に目を拾うのも難儀でした。色々な選択ミス。勉強になりました。

 

手のひらはこんな感じです。

 

vante

 

編み始めるときに色々な柄や編み方を調べました。

そんな中で今回はこの親指に挑戦してみたいと思いました。基本的なミトンは別糸で数目だけ編んでおき、後でそれをほどいて親指部分を編みます。でもこれはちょっと違いました。

 

vante

 

手首から増し目を繰り返し、増やした部分は親指付け根部分で休み目をします。上部へ続く部分は新たに作り目をして続けて編んでいきます。普段は勉強したくないくせに、英語とスウェーデン語の資料を読みあさりながらなんとか理解しました。でも本当に合っているかはわかりません。

 

親指は立体的ですし、可動域が広ければ広いほど手に馴染みます。どんな着用感なんだろう、というちょっとした好奇心から選んでいまったこの編み方。慣れていないせいもあり時間がかかりました。

結果、出来上がりはこんな感じに。

 

vante

 

想像以上に立体!

手にはめた時もその立体感は大いに感じます。やってみて良かった...。

 

ところで、裏面写真が何故片方しかないのか。

左手はどうしちゃったの?

 

ふふ...こうなっちゃったのです。

 

vante

 

毛糸が足りない。

 

なので正確には今回のミトン、未完成です。

ベージュの毛糸...あと1.5m、いや1mでもなんとか足りると思います。たった1m。されど1m...。

 

私はカレーやハヤシライスが大好きです。でもちょっと嫌な事もあります。ごはんだけ、もしくはルーだけが残るのが嫌なので、ちょうどよく両者が終わるように気にしながら食べます。それぞれおかわりが出来る状況ならいいのですが、どちらもこれっきり!という時には勝手にプレッシャーを感じながら食べています。

 

まさにそんな心境で編み進めていたミトン後半戦。白をごはん、ベージュをルーとしてどきどきしながら編んでいました。これ絶対ルー足りない...。最終的にはごはんだけでなんとかごまかすか...?でもそれじゃカレーじゃない!ってそもそもカレーじゃないんですがルー、おかわりしたい...。

 

悩んでも仕方がないので、近々毛糸屋さんに行って似たような色を買おうと思います。半端な毛糸を処理する目的もあったのですが、逆に毛糸が増える事になりました。また何か編みたいと思います...。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓スマホ用に指先があいているのもアリかも、と思う私ですが
クリック頂けると嬉しいです。(ただ色々面倒なだけ)

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

保存保存

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
    # ご、ごめん...

     

    突然ですが、スウェーデンらしい写真を一枚UPしたいと思います。

     

    swe靴下

     

    スウェーデンやっほー。

     

    背後の人物はパートナーです。

    以前スウェーデン人は自国の国旗が好きだと書きましたが、彼もその一人。掲げる場所もないのに巨大なスウェーデン国旗を持っています。

    いつ、何の為に買ったのか?

    答えは、特に意味もないけど買ってみた。でした。だって素敵じゃない?だそうです。

     

    今日は国旗が主役ではありません。彼の足元にご注目下さい。

    そう、靴下です。この間スウェーデン靴下を編もうと思って失敗し、再挑戦した新・スウェーデン靴下です。出来ました。

     

    でも...何かがおかしい。

    アップにしてみましょう。

     

    swe靴下

     

    色の配分がえらいことになりました。

    青と黄の毛玉の重さはそれぞれ50gと表記していました。左足の青い部分から編み始め、毛糸玉が残り25gのところで黄色に切り替えました。ところが右足。足首の部分で青い毛糸は終わりました。仕方が無いので黄色に切り替え、このようにアンバランスな靴下になった次第です。黄色の割合が多過ぎたため、右側には思いつきで王冠マークを2つ入れてみました。

     

    出来上がって思う事。もうなんか色々ごめん、です。

     

    バックスタイルはこちら。

     

    swe靴下

     

    しつこいよね、ごめん。です。

     

    前回失敗に終わった王冠マークですが今回は編み込まず、出来上がってから針で通していきました。お陰で今回は無事着用可能に。

     

    彼に渡すと、笑って喜んでくれました。

    それは嬉しいのですがちょっと問題が...。

     

    彼は早速これを履いて日課の水泳に出掛けました。

    帰って来ると、この靴下は締め付けが無くほどよい着用感で気に入った!と感想を述べました。そして更衣室で一緒になった知らない人3人にも見せちゃった!と笑っていました。おい...。ちょっと恥ずかしいじゃないか...。更に彼はその日、せっかくだからと青地に黄色の王冠がいくつもプリントされているスウェーデンパンツを履いていました。さらにさらに、SWEと胸にプリントされたTシャツも着用。もしかして靴下だけじゃなく、そのスウェーデン3点セットを装着して見ず知らずの人に見て!といったの...か?

     

    もちろんだよ!あははは。

     

    見せられた方々はどんな反応だったのか。彼に聞いたところ、あーいいね、とみんな言ってくれたよ!との事。おい...ちょっと可哀想じゃないか...。見せられた方々の心中お察しします。突然スウェーデンな他人にどう?って言われても困っちゃったでしょう。まぁ私なら...陰でこっそり爆笑してしまいそうですが。

     

    毎日プールに通っている彼。

    通っているもの同士会話はしなくとも、自然と顔見知りになるものです。

    ブルーイエローが今日も泳いでいる。

    なんだ、今日はグリーンブラックか。ってガムか!

    誰かしらそんな風に私のパートナーを観察しているかもしれません。

    楽しいですね。少なくとも私ならそれが通うモチベーションに繋がります。

    って彼のスウェーデンコーディネートは置いておいて。

     

    今回は模様も何も無く、ただひたすら表編みを繰り返して完成させました。早く出来るのはいいけれどちょっとつまらなかったです。まだある半端な毛玉。しばらく靴下はお休みし、今度はミトンに挑戦したいと思います。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓編んでおいてアレですが、自分では履かないと思った
    私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

    保存保存

    保存保存

    0
      | comments(2) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
      # 灰と化す

       

      日本で言う浅草、ストックホルムの旧市街地ガムラスタンには、至る所にスウェーデン国旗の雑貨が売られています。黄色と青の爽やかな色合い。モノによりますが、お土産や記念にはとてもいいと思います。

       

      観光客だけではなく、スウェーデン人も自国の国旗がとても好きだと感じます。お庭があるお家ではポールに掲げてたり、アパートでも小さな国旗を挿して飾っていたり。日本では...ちょっと背景が違い過ぎてアレですね。祝日程度しか見かけません。

       

      彼が身につけるものの中にもスウェーデンがありました。

      SWEと胸に書いてある青と黄色のTシャツ、ロイヤルマークの王冠が散りばめられたパンツ。因みに、I ♡ JAPANのTシャツも持っています。100歩譲って、私と居る時には絶対着ないでくれとお願いしています。と、それはどうでも良く。

       

      そんなに好きならば...

      余った毛糸の中に青と黄色が一玉ずつあったので、スウェーデン靴下を彼用に編む事にしました。

       

      2色でただ編むのはつまらないので、王冠の模様を入れることにしました。柄を考え、方眼用紙に鉛筆で色を塗り、ああでもないこうでもないと手を黒くして悩んだ結果。こうなりました。

       

      王冠失敗

       

      履き口から一柄目(最上段)。割とうまくいきました。

      しかしそれ以降は形がイビツで、裏からちらちらみえる黄色の糸も目障りです。なぜこんな風になってしまったかというと。

       

      王冠失敗

       

      裏面です。

      今回、私は初めての手法に挑戦しました。休み目が6目以上あると糸がブラブラして履くときに引っかかってしまいます。なので、休ませる糸を渡すとき、編み込みながら進めて行く方法にしてみました。youtubeでお手本を見ながら編んだのですが、なんと時間のかかること...。2本の糸を左右に持ち、左に持つ配色糸はフランス式で、右に持つ地糸はアメリカ式で編むというものです。慣れればそうでもないのでしょうが、私は手がつりそうになりながら編みました。

       

      うまくいった一柄目。一緒に編み込むとはいえ、ある程度余裕を持たせねば前回みたいにまた履けなくなる、と思いました。そこで一度履いて確かめてみたのですが。私の足なら問題ないけれど、彼の足にはどうだろう...という感じでした。なので、それ以降の柄は大げさにゆとりを持たせて編みました。その為目がゆるくなり、裏の糸が見える事態になりました。

       

      彼には編んでいるのを黙っていました。途中で投げ出す可能性があったので、出来てから言おうと思っていたのです。でもやはり一度試してもらった方が安全だ、というわけで途中ですが履いてみてもらいました。

       

      はは、ははははは、あははははははh

       

      王冠失敗

       

      はいらない。

      もう全然はいらない。

       

      私は白目をむき、灰になりました。

      でも練習になりましたし、今後これを生かして...って無理です。そんな風に思えないほど灰になりました。私は恐らくもう靴下で模様編みはしないでしょう。しかしこの状態をずっと目にするのも嫌なので、早急にほどき、早急にこの青黄毛糸を生まれ変わらせたいと思います。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      い、痛い!という彼に無理矢理履かせようとした私ですがクリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

      保存保存

      保存保存

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
        # 柄入り靴下 白×赤

         

        今シーズン靴下第二弾です。

         

        始める前に。

        もう前回の様に怠けた気持ちは排除して取り組もう、と強く思ってから始めました(詳細はこちら)。今回こそはほどく事もなく一発OKで仕上げたい...。

         

        模様編みには少し飽きたので、今回は糸の色を変えて柄ありの靴下にしてみようと思いました。専門学校に行っていた時に一応編み物の授業があり、課題で10×10cmくらいの柄編みをした事はありますが、それ以来です。すっかり忘れています。

         

        ずっと前に知人からスウェーデンの靴下編みのプリントをもらいました。その柄がとても可愛かったので、数年の時を経て挑戦です。家にあった中途半端な毛玉の中に、白と赤が50gずつありました。白は100%ウールでしたが、赤が50%ずつのアクリルウール。でも糸の太さは同じ位だったのでそれを使うことに。

         

        一先ず、これが出来た靴下です。

         

        靴下 白×赤

         

        モミの木のような柄。

        本来はこの柄が3段入り、なおかつ1段ずつ微妙に異なる模様だったのですが、それだけの長さを編める毛糸量ではなかったので自分なりに変えました。そして糸の太さも指示とは違ったので、ゲージを確認しつつ目数を調整したり...。全て自分の頭で組み立てられる程熟練していないので、色々な本を参考に編み図を作りました。乱雑過ぎて私しか解読できません。

         

        編み始めは履き口からです。毛糸を計りにのせて重さを確認しつつ、ちょうど残り半分のところでつま先を赤に切り替えました。なので、通常よりもつま先配色の面積が広くなってしまいました。半端な毛糸を使い切るのも一つの目的ですから、よしとします。

         

        写真の通り、無事完成しました。

        が、初めての柄入り靴下。かかとまで進んでほどいた回数、実は2回...。今回は怠けたせいではなく、経験のなさから来る失敗です。

         

        その原因はこちら。

         

        靴下 白×赤

         

        蜘蛛の巣のような柄部分。

        色を替える時、休ませる糸は裏で渡します。

        その時に少し引っ張り過ぎてしまいました。かかとまで出来た時に試し履きをしようと思ったら、糸が突っ張って伸びず、かかとが入りませんでした。ここまで編んだのに...。でも履けないと意味がないので、泣く泣くほどきました。次こそはと思って挑むも、今度は柄を間違えていた事に気付かずやり直し。こんな訳で2回ほどいたのです。

         

        正直面倒臭いのでやめたかったです。

        2足目に取り掛かる時もそうですが、私の場合は間髪入れずにスタートすると割と継続が可能になります。ちょっと休憩...はちょっとではなく、数ヶ月いや一年になる可能性があります。性格の問題でしょうか。

         

        心の誓いとは別な件で今回もほどく事になってしまいましたが、なにはともあれ、無事に出来上がって良かったです。

        でもまだある半端な毛糸。私ばかりではなく、今度はパートナーに編んであげようと思っています。現時点では。ちょっと休憩...になる場合もあるので、まだ彼には報告を控えたいと思います。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓もしくは自分のものにしちゃう可能性もある私ですがクリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

         

        保存保存

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
          # 忘れた頭で靴下編み

           

          あー寒い。

          冷えますねぇ...ここは。あぁ、北スウェーデン。

           

          先週末から天気が悪く、今も雨がしとしと降っています。週末に予定していた釣りも中止になりました。これは今シーズン行けないパターンか?有り得そうなのでそれは阻止したいところです。

           

          私は子どもの頃から自律神経が万年失調気味らしいです。自分では全く意識していませんが、症状のチェック項目をみるとだいたい当てはまり、そんな繊細だったのかと驚きます。いえ、一部ウソです。繊細で何かに影響されて、というよりは元々の体質が大きく起因していると思われます。食事や運動、睡眠などの生活習慣を気をつけた方がいいのですが、意識無意識系が故、ほぼ無視して過ごしています。ただし冬は暗さに影響されて確かに体調は悪くなってしまうので、これから気をつけなければいけないのですが。

           

          昔からの事なので上記の用に特に気にして暮らしている訳ではありませんが、足の冷えだけは我慢出来ません。素足で寒くても足に汗をかいてしまうため更に冷えます。数年前に友人に教えてもらった冷えとり靴下を家では履き、冷えないように心がけています。シルク、ウール、シルク、ウール。4枚重ねたその靴下スタイルを彼の両親は2度見していました。そりゃ見ちゃうよね、と私は笑いながら説明しましたが、誰も真似しようとしないところがまた笑えます。

           

          そんな冷える足に寒い日々。

          早速毛糸の靴下を編みました。

           

          白黒靴下

           

          冬にいくつか編みましたが疲れて飽きたので、あと3年くらいはもういいや、と思っていました。が、私の頭は疲れや飽きをすっかり忘れてくれました。使える頭です。

           

          頂いた毛糸がいくつかあるのですが、どれも半端で一足編むには足りない量です。この白ウールもそうだったので、同じく半端な黒ウールで切替つつ編みました。

           

          今回は、というか今回も途中まで編んで後悔し、全てほどいてやり直しました。

           

          白黒靴下

           

          ここまで編んだのに...って怠惰な心の自分のせい。写真でもおわかり頂けるように、白ウールは前にマフラーだったものをほどいた毛糸です。その為ラーメンのようにうねうねしていますが、それを正さないでそのまま編んだため、仕上がりがかなり醜くなっていました。自分の靴下だからいいや、と思って編んでいましたが...楽しくなくなりました。もう自分の気持ちにウソはつけないの!とドラマティックに思い、意を決してほどきました。完成写真と見比べると目の揃い方に雲泥の差があります。もっと早くほどけば良かった...って毎度こんな間違いを犯す私の頭、やっぱり使えない奴でした。忘れ過ぎ。

           

          お湯を沸かした蒸気で毛糸を真っ直ぐし、気分新たに再スタート。

           

          毛糸

           

          納得しながら作った物は満足度も違います。毛糸も足りたし、無事に完成してホッとしました。

           

          頂いた毛糸は色も太さも様々です。

          どうにか今シーズンで処理したいので、色々忘れないうちに早速また何か編みたいと思います。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓近い未来、編んだ事すら忘れそうな私の危うい頭ですがクリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

           

          保存保存

          保存保存

          0
            | comments(2) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
            Profile
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links