SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# ドレスコードはブリンブリン

 

今夜は彼の親族の誕生会がありました。

2人の合同誕生会だったので、ケーキには大胆な花火ロウソクが2本。

 

ケーキ

 

中もたっぷりチョコレートのスポンジケーキ。甘かった...。

 

この1ヶ月で親族内の5人が誕生日を迎えます。そのうちの一人は私なのですが...。今年はどうする?と聞かれましたが、私はのんびり過ごしたいので自宅でひっそり。

 

今日の会にはドレスコードがありました。

それは”ぶりんぶりん”。

その言い方がポピュラーなのかは不明ですが、発案者はそう言いました。って私は会場で知ったのですが。

 

ギラギラ

 

ぶりんぶりん=ギラギラ。

 

サテンやスパンコール、ラメ糸を使ったような服装で、という事でした。数名は持参で登場しましたが、知らなかった人のためにレンタルもしてくれました。知ってても私は持っていませんでしたが...。

という事で、渡されたぶりんぶりんのショールとチョーカー、アームウォーマーを身につけてパーテー開始です。

 

ですこ

 

主催者が勤めている会社の一角で行なわれました。

会議室はデスコに早変わり。子ども達は踊りまくり、ピーク時にはリンボーダンスまで披露してくれました。自分よりもかなり高い棒の下を、ギリギリっぽくくぐる4歳児には一同爆笑です。

 

平日で仕事終わりだったので食事は事前に各々すませ、フィーカだけの会でした。

およそ2時間強。全部で17名。

 

このような会の時、私は神経を張りつめます。毎度もの凄い勢いでスウェーデン語が飛び交い、それを集中して聞く私。何か言おうとする時にはもう次の話題に移っています。どうしても言いたい事じゃないので別にいいんです。聞いてるだけで十分満足ですが、優しいみんなはどうにか私を会話に入れようと努めてくれます。全く自分のものになっていないスウェーデン語で、思った事そのままをその通りには伝えられません。なのでモヤモヤが残ります。そして疲れます。日本語でももともと自分の事を話すより人の話しを聞く方が好きなので、余計疲れるのかもしれません。え?結構喋ってるけど?と友人が読んだら思うかもしれませんが。

 

語学学校に通っていた時、ランチは極力一人で食べていました。

気楽だからです。一緒に食べようと声をかけてくれる優しい方々がいましたが、どうかかわいそうがらないで!と思っていました。

 

私が子どもの時から欲しいと思っていたドラえもんのアイテム、石ころ帽子。四六時中被っていたら病みそうですが、ここぞという時に被り、私を石ころ程度に認識して欲しい、と相変わらず叶わない夢を見ている大人でした。ん〜色々残念。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓前身頃中央に巨大な蝶がぶりんぶりんだった男性に一票の私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
# いい距離感で

 

今日はお昼から街で用事があり、その前にプールで泳ぐつもりでいました。

 

歩いて行く時間はなく、バスで行こうと思い時刻表をチェック。いい時間のバスがあり、それに向けて準備をしていました。するとどこからか人の声が聞こえ始めました。

 

声の主は階下の男性。

玄関のドアスコープを覗くと、アパートの内階段に座っているその男性がチラっと見えました。そこで何を...?

 

階段での話し声はとても良く聞こえます。

その為、私とパートナーは極力そこでは話しをしないよう気をつけています。別に聞かれて困るような会話はしていませんが、なんとなくいやだなと思いまして。

 

そんなことは全く気にしていなそうなその男性。時には壁をドンドンとたたき、一人で喋っています。はっきりとした内容はわかりませんが、人に使ってはいけない単語を並べて文句を言っていました。そこで言う必要がある...?っていうか乗ろうと思っていたバスがもう来ちゃう!でも私はちょっと怖くて出られませんでした。結局バスには乗られずプールは断念、彼は30分程度ずっと文句を呟いていました。

 

するとその男性のお隣さん、我が家の真下に住む老夫婦が出てきました。

もういい加減にして!なんて奴なの!このバカ!と叫ぶおばあさん。

 

そう、両者は私達が引っ越してくる前からバトルを繰り返している、犬猿の仲(詳細はこちら)。どうやら男性は老夫婦に聞こえるよう、彼らに向かってわざと階段で文句を言っていたようです。原因は知りませんが、関わりたくない...。そして出掛けたかった...。

 

泳げなかった分、街までは歩いて行こうと思い、彼らのバトルが終了してから家を出ました。いい天気だわーと散歩を楽しんでいると、前方から見知った顔が。

 

男性です。なんてタイミング...。

あんな事のあとだから、カッカしていて何かが私にも飛び火したらいやだな、と思って緊張していました。でも無視するのもな...。一瞬の間に色々な事を考え過ぎ、すれ違う瞬間私は滅多に見せないとびきり笑顔でヘイ!と挨拶をしました。なんだ今の!と自分でも驚きましたが、男性も笑顔で挨拶し返し事なきを得ました。ただ、その男性の顔は真っ赤で明らかに酔っぱらっていました。あぁ、お酒か...。その影響であんな事を...。普段はそんな変な感じはしないので、どうやら酒癖が悪いタイプのようです。

 

暮らしてみて感じたことですが、血気盛んな人々は割と多く、引っ越す時に一番気にするのが隣や階上階下の人々だったりします。住んでみないとわからない部分が大きいので、様子がわかるまではちょっと緊張します。

人それぞれ事情があるかもしれず、我慢の限界も違います。でもそれは自分にしかわからないものです。言われて気付く場合もあります。何もわからない中、ひどい言葉や態度で苦情を言うのは如何なものかと思います。たとえ真摯に伝えたとしても怒る人もいるでしょう。暮らし方の正解がわかりません。

 

国は違えど、近隣住民同士のトラブルはスウェーデンでもよく耳にします。

もうほんとに、私達は空気の様に暮らしたい...。あ、居たの?と思われるくらいが最高だ、と痛切に思う一日でした。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓かと言って森の中に住む勇気はない私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
# 様々な春を待つ

 

昨日はウソみたいに大きいぼた雪が降りました。

 

ぼた雪

 

ふと外を見ると視界いっぱいに舞っていた雪。

大きいものだと5cmくらいでしょうか、ふわふわと落ちてくるその景色は本当に素晴らしかったです。家にいるから言える事ですが。まだまだ春は遠い。

 

と思っていたら、今日は快晴。

 

3月の快晴

 

しかも暖かく、7℃まで上がりました。

降り積もった雪は溶け、木の下を通ると土砂降りのように水が滴り落ちてきました。もちろん使いませんが傘が必要なくらいでした。

 

こちらでは雨でも傘をさす人がほとんどいないため、私がさしているとトトロみたい、とパートナーは言います。いい例えだね、というと自信ありげにこう応えたパートナー。

 

はい。となりはトトロ、です。

 

じゃあ階下は?

間違いだとわかっていても、私は面白がってその間違いにのっかってしまいます。もちろん訂正しますが、大いに笑います。本人も間違いに気が付くと笑いますが、それにしてもひどいですね。私も相当な間違いを日々重ねていますが、彼は笑いません。その代わり正しもしませんが。面倒臭いのでしょう。それもわかります。

 

日本語のてにをは。なんとなくニュアンスで使っているため私でも間違う事があり、その定義は説明出来ません。難しいです。となりのトトロも正確には”隣に住んでいるトトロ”であり、言葉の奥深さにもうお手上げです。

 

スウェーデン語は英語同様、日本語にはない前置詞があります。日本語でいうところのてにをはでしょうか。私は使い分けに本当に困っており、間違いまくっており、自信なさげに使っているのであります。完璧は無理だとわかっていてもしっかり身につけたい。

 

そんな私に今日、彼の家族からメールがきました。

明日彼の親族の誕生日会があるのですが、それについてのお知らせでした。度々やりとりはしますが、今回私は理解出来ませんでした。単語の意味はわかっても、なんかよくわからない...。

 

その内容は日本語にするとだいたいこんな感じです。

 

”明日の誕生会を中止にしたのは来週連絡するから!”

 

文法も内容も分かりませんでした。

そんな自分が少しショックであり、帰宅した彼にどういう事なのか、なぜこういった文法になるのかきいてみました。

 

見るなり彼が一言。このスウェーデン語ひどいね!間違いまくっている。

彼なりに読解した正しい内容はこうです。

 

”明日の誕生会は中止で、来週にする予定。決まったら連絡するね!”

 

ショックは若干回復し、まるで私の日本語だ!と親近感が湧きました。このメールは外国人の私にはいまいち伝わりませんでしたが、私も間違ってても伝わればいいやと開き直った瞬間でもありました。まぁ伝わらない&伝えられないことの方が多いのですが。

 

語学力はセンスもあり、すぐに身につくものでもないので、何度も心が折れそうになります。今日のメールでモヤモヤがちょっと晴れました。私のスウェーデン語にもいつか春が来るといいなぁと思います。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓春を飛び越して夏がきちゃって遊んじゃって、な私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

 

保存保存

保存保存

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
# ピリピリする

 

先週はスポーツ週間だったので、世間の学校はお休み。

そのせいか、プールに行くと子ども達が沢山いてとても賑やかでした。

 

そんな子ども達の為に、普段は閉鎖されている飛び込み台が解放されていました。1、3、5mの飛び込み台。子どもの頃、私は3mの高さから飛び込んだ事がありますが、先端に立った時に感じる高さに愕然とした覚えがあります。下から見るのとは感覚に雲泥の差があり、まさにガクブルでした。

 

一緒に行っていたパートナーは子ども達に混じって5mから思い切り飛び込んでいました。私が着替えている間の出来事だったので残念ながら見られませんでしたが、はしゃぐ彼の姿が目に浮かびます...。

先端に立つとね、恐くてガクガクしちゃうからね、助走をつけて思い切り飛び込んだの!って小学生男子の様に事後報告してくれました。あぁ、楽しそうで良かったね。以上。

 

こちらで泳ぎ始めてしばらく経ちますが、最近体のある異変に気付きました。

プールから上がってシャワーを浴び、サウナに入って再度シャワー。その後着替えて帰宅。その途中で全身(特に太もも)がピリピリと痛みだし、服を全部脱ぎたくなる症状が出始めました。冬は乾燥しているからそのせいかなーと思っていましたが、原因は塩素。日本のプールで泳いでいたときは感じた事がありませんでしたが、こちらの塩素濃度はだいぶ濃いようで、肌が反応してしまいました。唇も皮がボロボロとむけて痛い...。

 

体を保護するため、泳ぐ前に何かを肌に塗ることは禁止されています。色々と調べたところ、帰宅後すぐにお風呂に入って毛穴に残っている塩素を取り除き、これでもかというくらい保湿をするしか方法はないようです。

 

プールまで徒歩で行き着替えて1時間。

泳ぎに1時間。

シャワー&サウナで30〜40分。

バスの帰宅で30分。(バスがすぐに来れば)

その後更にお風呂で30分。

 

どれだけ時間を使うのでしょう...。気軽に泳ぎたい...。

これが億劫になって行かないパターンはなんとか避けたいです。

 

とか言いながら、パートナーと一緒に行った時には寄り道をしてしまいます。

これから帰って夕食作る気力はお互いないよね...ということでパスタを食べたり。

 

パスタ

 

ちょっとエネルギーが必要じゃない?とかいいながらセムラを食べたり。

 

セムラ

 

カロリー < 時間 < 体のピリピリ < 空腹

 

なによりも勝つ食欲に自分でもびっくりですが、動いた後の食べ物は更に美味しいものです。そしてこれがモチベーションにも繋がります。動いて食べてよく眠る。とてもシンプルですが、けっこう大事なことだと今更ながら気付く今日この頃です。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓おじいちゃんが履くような綿のももひきが無性に欲しい私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
# リトルロシア

 

日本でもある傾向にあった私ですが、北スウェーデンに住み始めてから更にその傾向が強くなっていると感じる今日この頃。

 

その傾向とは...まわりを見ていない、です。

あれ?こんなところにこんなお店が?と思うことなどしょっちゅうです。如何に何も考えずに散歩しているのかがうかがえます。道やお店の名前、周辺地理も未だに覚えていません。駅の近くにある黄色い建物、というように面倒臭い説明をしますが、なんとかなってしまっているので、そのままもやもやで過ごしています。

 

先日もそんな経緯で発見したお店がありました。

何度も通っている道なのに、全く気付かなかったです。摩訶不思議。いや、自分次第。

 

ロシア

 

そこはロシア。

小さいロシアショップが目にとまり、興味津々で入ってみました。

上記写真のような雑貨や食器、もちろんマトリョーシカも、小さいお店のなかには所狭しとロシアングッズが並べてありました。調味料や食料品もあります。

 

ロシアラーメン

 

何が書いてあるのか全くわからず。

スウェーデン語では一応チキンラーメンと表記してありましたが、どうでしょう、試しに買うには微妙なお値段だったので見るだけにしましたが。ロシア人がみたら、あぁこれこれ!食べたかったわぁとなるのでしょうか。日本のどん兵衛的な?だとしたら北スウェーデンでは欠かせない一品ですね。

 

日本のアレに酷似しているお菓子も発見しました。

 

キノコの里

 

白は...。わかります、ホワイトチョコ。

白くても食べられるキノコはたくさんありますが、一気に毒っぽさが増すのは何故でしょう。きのこの山もバナナ味という黄色バージョンがあるらしいですが、やっぱり黒が一番しっくりきます。

 

ロシア料理は美味しいです。もちろん本場の味を体験したわけではありませんが、ビーフストロガノフにピロシキ、あぁボルシチも美味しいな...。私が料理上手なら材料をここで買って作るのに...って字が読めないので買えませんが。

 

一緒にいたパートナーはまたもやチョコを買っていました。

お店のランクはチョコによって判断しているのでしょうか。それくらい初めての店では毎度チョコを買います。彼ももちろんロシア語は読めません。何を基準に決めたのか知りませんが、板チョコを一つ買い家で試食しました。

 

チョコ

 

フフフ...まさにこれは...   おそロシア!

 

そんな味でした。彼も残した脅威のチョコレート。

それでも同じくこれこれ!チョコはやっぱりこれだよね、とロシア人は思うのでしょうか。彼らにしてみればどん兵衛とかありえないんですけどw、かもしれません。ふるさとの味は人それぞれだね、でお開きになった楽しいフィーカでした。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓散歩中でも未だになろうと思えば迷子になれる私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

保存保存

| comments(2) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
Profile
Archives
Comments
Search this site
Sponsored Links