SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 落ち込んでいたけれど。

 

日照時間が日に日に長くなっています。

21時を過ぎても部屋には力強い西日が差し込み、時間の感覚がおかしくなっています。のんびりしていたらもう23時!なんて事がしょっちゅうです。

 

昨日もとても天気が良く、パートナーと自転車に乗って出掛けました。

家から近い湖の畔は2年以上工事しています。そこには新しく遊歩道が作られており、今年の夏には工事が完了してBBQや水遊びなどが出来るようになります。もうすぐ。昨日久々にその付近を通ってみると、だいぶ完成していました。とてもキレイに整備されており、散歩したら気持ち良さそうだと楽しみになりました。

すると隣のパートナーが大声で一言。

 

 

 

すもい!

 

 

 

え?聞き直しても同じく、すもい。

なんだ?すもいって。すもも食べたい?

 

以前は言えていたのに、しばらく使わないうちに忘れる単語がいくつもあります。すもい=すごい。わからなくもありませんが、大声で自信たっぷりだったのでおののきました。でもすごいってしょっちゅう使っているよね?急にどうしました?

失礼は承知で、私は彼の間違った日本語がおかしくて笑ってしまいます。幸い彼も一緒に笑ってくれるので助かっていますが。

 

そんな彼が今日、ちょっと嫌な事があり気落ちしていました。

明日は遠方から親友が来て会えるというのに、なんだかどんよりしています。こんな時、思っている事を話して楽になれればいいのですが、どうにも気分が切り替えられないこともあるものです。少し気の毒に思い、ある事を提案してみました。

 

ちょっとさ、アレを着て気分転換してみない?

 

アレの存在を忘れていた彼はハッ!となり、わりと二つ返事でのってきました。アレって...コレです。

 

忍者

 

ニントモカントモ。忍者です。

 

なぜこんな衣装が我が家に?

靴は以前彼が日本に来た時、浅草で一目惚れして買っていました。それ以来2度目の着用です。衣装はずっと前に知り合いから買ったそうです。でも着方がよくわからなくて放置したままでした。私が引っ越して来た時に見つけ、奥にしまっていました。

 

それにしても、忍者って刀持っていた...?

そうだね、いらないね、という訳で2枚目。

 

忍者

 

ちょっと前屈みぎみの忍。

 

っていうか、さっきまでの落ち込み様が嘘のように生き生きとしだしました。

すもいな...。

 

この後、壁に張り付き、ぬいぐるみ相手に殺陣を試み、非常に楽しんでいました。私は色々な角度からそれらを逐一写真に収め、彼の気分転換に従事しました。

 

たまにはバカな事をやってみるのも楽しく、いい気分で一日が終われそうでなによりです。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓たまには?うそだったな、しょっちゅうだな、と思う私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

保存保存

保存保存

0
    | comments(1) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
    # 犯人は誰だ!

     

    白いパン、いわゆる精製された小麦粉を使った食パンタイプのものですが、私達は今まであまり食べませんでした。彼が好んで食べるのは黒いパン。ライ麦などで作られたわりとずっしりしたパンです。私はどちらも好きなのですが、白いパンは体の負担になるから...と言って滅多に食べなかった彼。

     

    ところが、最近になって食べ始めました。

    なぜ?

    だっておいしいから。だそうです。シンプル。

     

    そんな時、いいタイミングで彼の家族からハチミツを頂きました。

     

    ハチミツ

     

    ドイツの会社、gepaのハチミツです。

    中でもチョコレートが有名だそうですが、発展途上国の生産者達にも公平に利益が巡り、皆が世界で共存していこうという素晴らしい姿勢の会社です。しかも環境や成分にも気を配り、まさしくbioな商品です。

     

    パッケージは何語なのでしょう。やはりドイツ語なのでしょうか。わかりません。味は...canela?ってことはkanel?写真にチラっとシナモンが写っているので、そうだとみなし頂きました。

     

    ハチミツ

     

    トーストに塗って食べると、予想通りのシナモンでした。口内にじわっとハチミツが広がり、とても美味しかったです。でも...シナモンだけではなく、何か違う味もする...。HPを見てグーグル先生に訳してもらったところ、ナツメグ、カルダモン、グローブも混じっているそうです。やっぱりね、とうなずける程私は勘が働きません。…なるほど。そう唸ってページを閉じました。

     

    ところでこのハチミツすくうやつ。

    私はいつもハチミツすくうやつと言っていました。ハニーディッパーと呼ぶんですね...。長年放置してきたうやむやですが、やっと正式名称を覚えました。和訳すればハチミツすくうやつなのですが。今回、ハチミツと一緒にこのハニーディッパーも頂きました。瓶にズブっと入れて早速使ってみたところ、このハチミツには合わず。トロっとしていないのでバターナイフで十分でした。この溝にハマったハチミツをすくうやつが更に必要になり、すくうやつをすくうやつ...!と一人キッチンであわあわしました。

     

    順調に食べ進め、残りもわずかになった今日この頃。

    彼の口には合わないらしく、私しか食べていません。

    減っている=私が食べている、のですが、ふざけて彼に言ってみました。

    こんなに減っているのは他の誰かがこっそり食べているからだ!と...。

     

    するとちょっと待ってね、と言って彼はどこかに行きました。

    しばらくしてこちらへどうぞ、と招かれ行ってみると...。

     

    犯人

     

    犯人。

    ゴソゴソしていると思ったら、こんなことを書いて仕込んでいました。

    確かに熊ですし疑われても仕方が...なくない!

     

    楽しい茶番で気が紛れました。

    売られている場所を聞き、今度は自分で買おうと思います。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓お皿などを割っちゃった時のため、”犯人”の紙はとっておこうと思っている私ですがクリック頂けると嬉しいです。(もちろん熊のせいに...する)

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

     

    保存保存

    保存保存

    保存保存

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
      # おうちフェア

       

      あっという間に長くなった日照時間。近頃は21時を過ぎても明るくなりました。来月の夏至まで更に明るくなっていきます。

       

      今のアパートに引っ越してきてからもうすぐ1年が経ちます。

      と同時に、骨折からも一年...。引っ越しをする直前だったので、色々な作業がままならず、諦めた事がいくつかありました。その一つがバルコニー。もう何もしないと決めた昨年。その為今でもコンクリートむき出しの床ですが、今年はきちんと何かを敷き詰めようと思っています。そして家の中も時間をかけて徐々に快適にしたい...。ゴールは見えませんが。

       

      そんな中、おうちフェアなるものが開催され、行ってきました。

       

      living fair

       

      この街の住宅建設計画や、個人宅のソーラーシステム案内など、おうちに関する色々なブースが設けられていました。手工芸や陶器、絵画など作家さん達による作品の販売、そしてソファーなどの大きい家具や雑貨の販売も行なわれていました。沢山の来場者で賑わっており、私ももれなく楽しんだイベント。不動産業者も大勢いて、戸建ての販売もありました。私には現実味がなさ過ぎるのでふわ〜っと見ておしまいでしたが。

       

      2日間に渡って行なわれたおうちフェア。

      私は初日に行きましたが、チケットを見せれば次の日は無料で入場出来るとの事でした。ワークショップや講演もあったようなので、家に帰ってチェックしてみると...。

       

      ワークショップの内容はまさに今私が学びたかった事でした。

      それは家具の生地張り替え。どんな生地を選んだらいいのか?イスを張り替えるには?などなど、興味深い内容だったので行きたいと思いました。が、翌日は雪。それでも行きたい!ほどの情熱はなかった為出掛けませんでした。残念な奴です。

       

      今回とても素敵で印象深かった作家さんがいました。

       

      living fair

       

      このクッションの絵を描いた方です。

      彼女はROCO BABYという上海にある子供服ショップのグラフィックやビジュアルデザイン全般を手掛けています。離れて見るとザックリな印象の作品ですが、近くで見るととても繊細で色使いもくどくなく、素敵な絵を描く方でした。上海のショップの写真を見ましたが、服は別として(もちろん着れないので)北欧らしい空間でそのデザインを見に訪れたいなぁと思いました。

       

      インテリアがとても好きなスウェーデン人にはもってこいのこの企画。

      来年は事前にきちんとワークショップを確認して参加すべしわたし!

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓もう雪はイヤだ。今日も降ったけど本当にイヤだ。と一人でぼそぼそ言う私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

       

      保存保存

      保存保存

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
        # 現金いらず

         

        世の中便利になったものです。

         

        私の学生時代には想像もつかなかったマシンやシステムが今や当たり前となっています。

        ポケベルは鳴らなくて、前園BEGINにはPHSで声のお守りをもらい、なんて画期的!と思った携帯電話は黒くて四角くて分厚くて重くて以下省略。私の着メロは3和音のナイトライダーでした。ん〜懐かしい。

         

        それがなんと言う事でしょう。

        当たり前になってしまったスマートフォンやクラウドサービス。もう便利にならなくていい(ついていけないから)とか言いつつ、仕事や生活では散々お世話になり、もうそれらなしでは生活出来なくなっています。

         

        スウェーデンではご年配でもFBやインスタ、Twitter使用率は非常に高いです。アラウンド70の義父もその一人。投稿やフォロワー数はびっくりする程多く、その数もモチベーションも私とは雲泥の差だなと感心してしまいます。

         

        しかし使いこなせない人々が居る事も確かです。

        そんな方々はさぞかし暮らしにくく、気の毒な世の中だ思う今日この頃。

         

        スウェーデンは世界でも現金取引が非常に少ない国の一つです。

        振込や引き落としは当然ネット上での取引、100円程度の買い物だろうがキャッシュカード。強盗しようにも銀行には現金がないので、犯罪にもなりません。それはとてもいいことです。私はもう全くと言っていい程現金を使わなくなりました。

         

        しかし、カードが使えない場合もいくつかあります。

        例えば先日のロッピス。蚤の市やフリーマーケットです。

        そんな時に役立つのがこのアプリ、swish(スウィッシュ)。

         

        swish

         

        銀行に口座を開設後、”バンクID”(ネット上で口座にログイン出来るID)を取得し、同時にそのアプリもダウンロードします。そしてこのswishアプリを取得し、銀行口座と連結させます。するとswish→bankID→銀行口座という経由でお金の支払いが出来るようになります。

         

        Mottagareには振り込みたい相手の電話番号を入力、Beloppには金額、そしてBetala(支払い)をタッチすれば、見えないお金達がすぅーっと動きます。ある意味コワイ...。きちんとお金を把握しておかないと、いつの間にやらいつの間に!という事態になりそうです。

         

        お店の出展者達は店先に"swish番号○○”と張り紙をしています。私も今回のロッピスで初めて使いました。私のネットワーク選択ミスもあったのですが、回線が安定していないと通用しないこのサービス。無事に振り込めたので良かったものの、ちょっとどきどきしました。

         

        お友達に立て替えてもらったお金の支払いや、何かの会費など、個人間でもこのswishは大いに機能を発揮します。でも私はギリギリです。ついていくのが。これから先、もっと時代は進化するのでしょう。もうわからないから何もしない、と諦めてしまうのは簡単ですし出来ればそうしたい...。ですが、自分が年老いた時に困らないよう、あやふやでもなんとか理解してついていきたいと思います。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓ポケベルは持っていなかったのでならなくて当然な裕木奈江私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

        保存保存

        保存保存

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
          # 燃える?

           

          先日は春のお祭りがありました。

           

          パンの?

          いえ、ザキヤマ的なお祭りではありません。

          ゔぁるぼりすめっそあふとーーーーん!

           

          majbrasa

           

          何かの呪文みたいですが、スウェーデン語で書くとvalborgsmässoafton。もうなんの事やら。私もよくわかっていません。本来は宗教的なお祭りのようですが、スウェーデンでは春が来るよーってその訪れを祝う行事です。

           

          地域の指定場所に庭の木や枯れ枝を集めて写真のような山を作ります。

          そして点火。大きな炎で冬を燃やしてさようなら、春よいらっしゃい、と祝うわけなのですが...。

           

          これは先日の日曜でした。

          その日は朝から雪が降っており、午後にはやむかと思いきやずっと降っており...。こんな天候でも開催されるのか、と危ぶんでおりましたら、19時半の点火時にはなんとか雪はやみました。

           

          私はこの行事が割と好きです。

          特に何かする訳ではないのですが、大きな炎を見ていると無心になれるので心地がいいです。その為、毎年違う場所で色々なかがり火を見たいと思っています。しかしこの日は天気が悪過ぎました。予定していた場所に行くのは寒いし遠い、という訳で昨年と同じ家から一番近い場所に行きました。

           

          点火から1時間位経つと丁度良い燃え具合かな、と思い、21時近くに訪れてみると...。

           

          majbrasa

           

          全然燃えていない...。

           

          それもそのはず、昼間の雪がしっとりと木々を湿らせており、着火オイルを大量投入するも空しく火は小さくなるばかり。それでも燃えやすいように木を配置しながら地域の方々は挑んでいました。これは...燃え尽きるのは朝になるかもしれない...。監修者はおそらく徹夜でしょう。

           

          これで春が?来る?

          火の目の前で暖をとっていた私ですが、ふと後を振り返ってみました。

           

          雪

           

          冬が、去る...?

           

          ふっ...なんてこった、と思いながらまた炎に向き直し、春の炎を細い目で眺めることしばし。

          寒かったので帰りました。

           

          その翌日、そして今日。

          日射しはさんさんと降り注ぎ、まさしく春でした。

          あと一日早く来て欲しかった。と春に向かってぼやいてみるのでした。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓麻とか綿とかぺらぺらが早く着たい私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

          保存保存

          保存保存

          0
            | comments(2) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
            Profile
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links