SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
# びくりした!

 

今週はまた冷え込みが厳しく、−20℃以下が続きそうな模様です。

散歩の時以外家にいる私は、ぬくぬくした環境の中でティトと戯れ幸せな毎日を送っています。

 

ティトはまだ仔犬なのでよく昼寝をしますが、活発な時間はおもちゃを加えて私の元にやってきては遊ぼうとせがみます。我々が食事中などは待つようにしつけをしていますが、それ以外ではなるべく遊んであげたいと思っています。犬種的にもハバニーズは愛情をとても欲します。全ての要望に応えているとただの分からず屋になってしまいますが、寂しさでストレスが溜まらないよう、ティトの様子を見ながら私達は接しています。

 

今日、私はティトの昼寝中にキッチンで書類仕事をしていました。キッチンテーブルの下で寝るのが好きなティト。他の部屋へ移動を促すと目覚めてしまいます。私がこっそり仕事部屋へ移動してもすぐに気付かれ、眠気が吹っ飛ぶのかその後なかなか寝付いてくれません。なるべく長く眠っていてもらいたかったので、書類をキッチンに持ってきて黙々と作業をしていました。有り難いことにぐっすり。はかどりました。

 

立ち上がってコーヒーを注ごうとした時、ちょうど目を覚ましたティト。ぼんやりと私を見ながらむにゃむにゃしていました。その様子が可愛くて、素早くスマホを手に取り写真を撮ろうとした時。

 

アタックチャンス。

いや、シャッターチャンス!

 

寝起き

 

ほげー。大きなあくび。

 

伸ばしたティトの舌はまるでスキージャンプ台のようです。舌先がいい角度。

ヤッターマン的に言うとヤッターワンでしょうか。ここから小さなロボがひょっこり出てきそうです。ワンと吠えりゃ!ワン、ツースリー。家にレコードがありました。どうでもよろし。

 

この写真を彼に送ってみました。いい瞬間が撮れた、と。

するとすぐに返信が。いつもは気付かないパターンが多いので、今日は珍しいなと思いメールを開いてみると...。

近所の景色でした。はて何故に?

 

älg

 

またしばらくするとメッセージが。

びくりした!と。

 

びっくりした?これのなにが?凍った湖は毎年の事。

それともティトのあくびにびくりした?

 

どうせ帰ってくるので、返信はせずに放っておきました。

帰宅後、いつもの景色をなぜ送ってきたのか、早速訊ねてみました。

 

え?よく見てよ!と気付いていない私にまたびくりしている模様。

見直して気付きました。この場所は廻りに何もないように見えますが、一応すぐそこは中心街です。半径数キロは住宅街も広がっています。そこにポツンとアレが。拡大してみましょう。

 

älg

 

UMA?未確認生物?

 

ではなく、ヘラジカです。拡大してもよくわかりませんでしたね。しかし何故こんな場所に...。恐らく少し先の森から海や湖を渡ってやってきたと思われます。

 

いつも通り自転車で走っていた彼。ふと横を見た時にヘラジカを発見したそうです。保護してくれるよう、すぐに警察に電話をしたそうな。車道にも平気で出てきてしまうヘラジカやトナカイ。轢かれて道端に横たわる死骸を何度も見た事があります。運転手にとってもそれはすごい衝撃で、双方にとって危険です。無事保護されたことを願います。

 

ヘラジカの一件を話終わり、そういえばティトの写真可愛かったね!と思い出したように話し始めた彼。

明日にでもヤッターマンの動画を一緒に観ようと思います。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓未だに丸暗記している主題歌を無性に大声で歌いたい私ですが
クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

保存保存

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 07:00 | category: 暮らし |
    # 散歩中の挨拶

     

    朝昼晩、一日3回散歩に行っているティト。朝は私が一緒に行きます。

    だいぶ日の出時間が早くなってきたとは言え、7時過ぎはまだ薄暗い外。そんな事はお構いなしのティトは毎日楽しそうに雪の中ではしゃぎます。

     

    朝の散歩

     

    新雪にダイブは当たり前。

    顔は雪まみれ、脚の毛は雪が絡まってガチガチになっています。

     

    そんな散歩中、よく会う親子がいます。

    お父さんと4歳くらいの女の子、そして7歳くらいの男の子。車で出掛けるのでしょう、彼らが駐車場に向かう途中で遭遇します。人を見かけると尻尾を振って駆け出すティト。特にそれが子どもだともの凄い勢いで向かっていくので、リードは極力短めに持っています。

     

    世の中には犬嫌いの人も当然います。アレルギーを持っている人もいるでしょう。犬が嫌い、又は興味がない人達はチラっとこちらを見るだけか、一切見ようとしません。表情にも出ています。すれ違う人の顔や態度を見て、そういった方々の迷惑にならないよう心がけています。

     

    遭遇する男の子は犬が好きな模様。

    ティトとすれ違う時は必ずニコニコして立ち止まります。でも少し怖いのか、手は出すけれどなかなか触れません。そんな中、毎度お父さんは娘の手を引き、立ち止まった息子を置いてスタスタ歩いて行きます。置いていかれる!と思う息子はしばらくした後走ってお父さんの元に向かいます。

     

    お父さんは犬が嫌いなのでしょうか。私が挨拶をしても一切無視。アジア人が嫌なのかもしれません。どちらでもそれは自由ですが、私は迷います。

     

    息子には我々と関わらないで欲しいのか。

    はたまた息子のしたいようにさせているのか。

     

    嬉しそうに立ち止まり、撫でたそうにしている男の子を無視するのは気が引けます。かといって朝の忙しい時間にあまり引き止めるのも良くないでしょう。どうしたものか...。

     

    先日の夕方、彼らが帰宅する時にも偶然出くわしました。私達を見つけると駆け寄って来た男の子。お父さんは相変わらず無視で、そのまま家に向かっていきました。そこで試しに少しコミュニケーションをとってみることに。この犬はティトって名前だよと教えてあげると、ティトーと呼びかけながらしゃがみこみ、初めて背中を撫でました。ティトはもちろん、私もちょっと嬉しい...。飛びつかないように気をつけながらしばらく戯れました。その後、またねーティト!と挨拶をして家に帰っていきました。

     

    お父さんは特に咎めるような素振りは見せません。私達にも息子にも無反応。男の子が間違って怒られることのないよう、しばらく様子をみながら成り行きにまかせようと思います。警戒心が強くて吠えてしまう犬の散歩も難しそうですが、誰にでも尻尾を振って駆け寄っていくのもなかなか注意が必要だ、ということに飼ってみて気付きました。

     

    今まで特に気にもせずに一人でふらっと散歩をしていた私。近所の人とも全く付き合いがないので、特に顔も知らず。それがティトのお陰でようやくうっすら覚え始めました。今まで頻繁に外出をしていなかった私の事も認識されつつあると思われます。この調子で行くとおばちゃん達の井戸端会議に参加出来る日も近いかもしれません。

     

    参加したいか否かは別として。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓会議に提供出来る情報を一つも持っていない私ですが
    クリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

    保存保存

    保存保存

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 07:00 | category: 暮らし |
      # 好きなものを発表

       

      小さい頃、好きなものは何でしたか?

      子どもの時間はとても早く流れていき変化の毎日です。好きなもの、やりたい事は日々移ろいます。

       

      私の好きなものは何だったか...。その当時は色々あったでしょうが、今となっては忘れている事がほとんどです。先週の事も既に忘れていますし。

       

      そんな今でも思い出せるのはブランコ。ふわふわと一人で気持ちよく乗れるブランコはとても好きでした。もう一つは沢山の色の綺麗なチェックで作られたフレアースカート。くるくる廻ると生地が広がって色が混ざり合い、それを見ているのが幸せなひとときでした。ヘタすると毎日でも着ていられたそのスカート。着用すると狂ったように廻り続けていたので、母から着用制限が発令されたのを覚えています。あれはどこへいったのか...。

       

      そんな子ども時代を今まさに生きている彼の姪っ子、5歳。

      幼稚園で自分の好きな事を写真とともに発表することになったそうです。彼女が選んだのはそう、嬉しい事に我が家のティトでした。会いたいし写真も撮りたいから遊びに行くね、ということで週末にやってきました。

       

      ティトはこどもが大好きです。一緒に遊べるのはもちろん、子ども独特の何か特別な香りがするのか、大勢が遊びに来ても真っ先に子どもに飛びつきます。それは子どもにとっても嬉しいのでしょう、毎度嵐のように駆け回って遊んでいます。

       

      そんな時に見せるティトの表情。

       

      I&Tito

       

      笑っている...。

       

      嬉しさが全面に出ており、それを見ているとこちらも嬉しさが伝染。頻繁に遊びに来て欲しいところです。

       

      ティトは子どもへの加減も心得ている模様。

      私達に対する甘噛みはその域を超えており、歯が突き刺さって手から血が出ることもしばしば。決して怒っているわけではなく、嬉しかったり甘えたい時にそうするのですが、そのまま成犬になったら大変なので今はしつけの真っ只中。ところが子ども達に対してはとても優しく噛みます。興奮しすぎるとちょっと危ないので注意していますが、姪っ子曰く全然痛くない、だそうです。子どもになりたい。

       

      肝心の発表会の写真。

      ティトは動き回る為、なかなかいい写真が撮れませんでしたが、一瞬の隙を狙って姪っ子との2ショットが撮れました。

       

      I&Tito

       

      本当に嬉しそう。

       

      どんな発表になるのか、後日談を楽しみに待ちたいと思います。

       

      因みに、もし私が5歳当時フレアースカートをプレゼンしていたら。

      大勢の前で話すのはその時から嫌いだったので、実演のみになっただろうと思われます。クルクル廻ってふらつき、ね?と言って終了。

      小さい頃からの積み重ねでプレゼン能力は養われていくのでしょうか。身振り手振りで上手に話を持っていくTED出演者などを観ていると、つくづくすごいなと思います。その中の誰か一人にターゲットをしぼり、いつか完全にコピーしてみるか...。一流プレゼン者になったつもりごっこ。その時、発表の楽しさがわかるかもしれません。

       

      あ、その前に英語喋れないんだった。道のりは遠そうです。

      そしてプレゼンの場もなければ特に訴えたい事もなかったです。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓ごっこの観客は彼一人、やっぱり成り立たないと思う私ですが
      クリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

      保存保存

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 07:00 | category: 暮らし |
        # 一人の夜に...

         

        週末お腹が痛かった私。

        夜は寝室のベッドで眠り、日課であるティトの朝の散歩は彼にお願いすることにしました。

         

        1ヵ月以上、私はリビングのソファーベッドで眠っています。頭の先にはティトの寝床があり、首を傾けるといつも様子が窺えるようになっています。昼寝の時は私がそばにいなくても眠れるよう少しずつ練習していますが、夜はまだまだ難しくこれからもしばらくは同じ部屋で眠るつもりです。

         

        彼にリビングで寝てもらったその夜。私にとって久々の夜の一人時間です。お腹は痛いけれどなんだか少しわくわくした気持ちにもなり、普段ゆっくり見られない映画などを観てその時間を満喫していました。

         

        そろそろ眠ろうと思い、電気を消して目を閉じたところ...。

         

        訪れた沈黙に驚愕。

        さみしい。

         

        まさかこんな事が起ころうとは。

        昔から一人の時間が好きな私ですが、そんな自分にこんな感情が湧き起こるとは、とても驚きました。

         

        ティトは寝ている間よく動きます。声を出さずにウンウン言いながら凄まじい寝相で毎度眠っています。リラックスしているのでしょうか、口をくちゃくちゃしながらため息をついている事もあります。そんな姿が見られないなんて...。

         

        寝相

         

        歩いて数歩の部屋にいるくせに、以前撮った写真を眺めながら会いたいなぁと願う腹痛の人。今夜もベッドから飛び出して眠っているかしら...。ちらっと寝顔でも覗きに行こうかとよぎりましたが、足音で目覚めてしまうので我慢。私は何の為に一人でベッドに寝たのでしょうか。あ、そうそう腹痛だ。

         

        4時頃目が覚めましたがまだ調子が悪く、やはり今日の午前中はゆっくり眠らせてもらおうと二度寝をしました。

         

        朝7時。

        彼とティトが起きて散歩の支度をする声で目が覚めました。散歩が嬉しくてハーネスや服、人の手をがしがし噛むティト。しつけをしながら用意をするのは時間がかかりますが、仕方がありません。同時に彼にとってもいい練習です。

         

        痛い!離せ!よく出来た!痛い!よく...痛い!という彼の声を聞きながら、寝室でじっとしていた私。しっぽを振るティトが見たい...。でも彼の練習を邪魔したくない...。だいぶ苦戦した後、彼らは無事出掛けていきました。

         

        静寂。

        横になってしばし。

        そろそろ帰って来るかな...?

        道路側の窓に歩み寄り、ブラインドの隙間から様子を窺う色々痛い人、私。

         

        我慢しきれず、元気に帰って来たティトを出迎えました。

        あぁかわいい。少しの間挨拶を交わした後、私は落ち着いてまた眠りにつきました。珍しく朝から遊べる彼との時間をティトは満喫していたようです。

         

        その日の夜。体は復活していつも通りティトの側で眠りました。眠りが浅い時に目が合うと起き上がって遊ぼうとするので、こっそりと思う存分眺めました。

         

        寝相

         

        うらめしやスタイル。

         

        幸せをかみしめるひととき。

        この先私はティトを置いて日本に行く事もあるでしょう。友人と小旅行に行く事もあるかもしれません。大丈夫でしょうか...。

         

        日本にいる家族の事は大切に思っていますし家族愛はもちろんありますが、全員わりとベタベタしない関係でさらっとしています。私自身、ホームシックになった事は1、2回しかありません。それがティトによって狂いました。新しい家族愛。共依存は全く望んでいませんし、この先を考えるとそれは私達にとってよくありません。お互い一人になっても安心して楽しめる時間は大事です。私達にとってもティトにとっても気楽に過ごせるよう、徐々に離れる時間を増やしていきたいと思います。んーさみしい。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓飼い主うざいんですけどって言葉が話せなくて良かったと思う私ですが
        クリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

        保存保存

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 07:00 | category: 暮らし |
          # 人をも変えてしまう...

           

          友人と食事をするため、久々に一人で街へ行きました。

          彼は平日仕事で家を空けており、週末は友人の家に遊びに行ったりします。私は...特別な事がない限りずっと家。ティトといる事は幸せですが、たまには友人とのんびりカフェでお喋りもしたい。

           

          ティトが来てからちょうど1ヵ月。

          最初は私の側を離れなかったティトですが、今では彼の事も大好きになり、朝は彼の部屋の外で出待ちしたりしています。

           

          待機

           

          こんな事をされたら彼は更にティトの事が可愛くなり、とてもいい相乗効果が生まれるようになりました。

           

          めでたしめでたし。

          と、思いきや。

           

          友人と約束する前に一応彼に相談しました。一人でティトの面倒をみてくれるかと。彼は風邪が長引いてまだ若干咳をしたりしていますが、仕事には行きますし家でティトと休む分には問題ないはず。仔犬はよく昼寝もしますし、そのとき一緒に眠れます。ところが彼の返事は、ちょっと自信がないしのんびり休みたい。休日のお父さんみたいです。そしてティトと実家に行くと言い出しました。人に会うのが好きなティト、ティトラブな両親は大喜び、自分も休めて一石三鳥。うまく逃げたな...。

           

          みんなが喜ぶ策だとは思いますが、私には心配事が。

          両親宅は普段きちんと掃除をしていますが、料理後や食後にはよく食べ物が落ちています。お父さんは自家製のスヌース(かぎタバコ)を嗜んでおり、それがたまに床に落ちています。植物もたくさん。初めて行くティトにとっては好奇心がそそられるものや危険を伴う物もあり、大丈夫かと心配になりました。初めての時は正直私も一緒に行きたかったのですが、彼には色々とクギをさし、その案を受け入れました。

           

          床に落ちたものはすぐ拾ってもらう。

          特にチョコやスヌースは絶対だめ。

          葉っぱも食べちゃうから植物は上にあげてもらう。

          なによりもあなたがしっかり注意してみる事。

          ティトが昼寝したらあなたも休んでよし。

           

          うるさい小姑のような要望ですが、彼はしっかり聞き入れてくれました。

           

          お陰様で4時間程度友人との時間を楽しめた私。

          帰宅後、ティトの様子はどうだったのか聞きました。

           

          両親も僕らの要望を理解してくれて、とても気をつけて過ごしてくれたよ!との事。違う文化で暮らしてきた私の事もそうですが、両親、特にお母さんは人の意見をとても尊重してくれます。私はそれに何度も救われ、お陰で肩肘張らずに暮らしてこられました。建前も言わないので変な気を遣う事もなく、とても助けられています。有り難いことです。

           

          が、一つだけ危ない事があった、と。

           

          ティトにいつもの餌をあげる時。

          これもあげたらいいと思う、とお母さんがトナカイの肉(調理済み)をあげようとしたらしいです。成犬になったらいいかもしれないけど、今はまだやめてと断った彼。しかしどうしてもあげたかったのでしょう、いざティトが食べる瞬間にサっと餌にトナカイを混ぜたとの事。急いで彼が取り除いたようですが...なんてこと。

           

          先程書いたように普段は自分の意見を通す事などない義母。ティトの可愛さがここまで人を変えてしまうとは...。なんと罪なかわいい坊っちゃん。

           

          ねこにまたたび。

          義母にティト。

           

          理性ではどうにもならない事もあるものです。

           

          寝落ち

           

          その夜、ティトはいつもより随分早くコテっと眠りにつきました。新しい場所や両親に会えてとても楽しかったのでしょう。結果、遊びに行って良かったのかもしれません。

          私達が目を光らせれば済む事です。これからもみんなで会える機会を増やしたいと思います。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓食べ物にまつわるものなら大概理性を無くす私ですが
          クリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

          0
            | comments(0) | trackbacks(0) | 07:00 | category: 暮らし |
            Profile
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links