SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 家族で国内旅行・ヨーテボリ

もうすぐ誕生日の義母。

家族でお金を出しあい、旅行をプレゼントする事になりました。

旅先の希望はフランスでしたが、飛行機が苦手な義父。お父さんと一緒に行きたいわ!という訳で、私とパートナー、そして両親と4人でスウェーデンの南西に位置する町、ヨーテボリに旅行してきました。

 

寝台列車での旅は計19時間。日本に行けちゃいます。

 

電車

 

が、それすらも楽しむスウェーデン人。

色々な景色が見られて楽しかったわーとご満足だったようです。良かった!

 

ちなみに私とパートナーはびゅーんと飛行機で。

 

飛行機

 

それでもストックホルムで乗り換え、およそ3時間。

しかし価格は寝台車よりも低額です。

 

ヨーテボリはストックホルムに次ぐスウェーデン第二の都市です。私は初めて訪れる町。そして久々の都会。人っ子がいっぺぇ居てさぞかし窮屈だす!と思っておりましたが、都会なのにのんびりした雰囲気もあり、とても居心地のいい町でした。

 

北にはない路面電車。

 

路面電車

 

信号は大きな交差点以外ほぼありませんが、いい頃合いを見計らって皆さん渡っています。この溝に脚を挟んで転んだ私。もうヨイヨイです。

 

観光用に町では汽車ぽっぽ自動車も走っていました。

 

観光車

 

そして港町のヨーテボリには運河が所々にあり、そこをボートに乗って観光できます。

 

paddan

 

私達も乗りました。およそ40分間でガイドもつき、町を案内してくれます。

海風がとても気持ちよく、観光者にはもってこいです。

 

ちょうどその旅行中、町はフェスティバルの真っ最中でした。

 

祭りの様子

 

コンサートやカーニバル、ダンスに花火。全て無料。私達のような観光客も沢山来ていたようです。しかし、北スウェーデンののんびりした暮らしに慣れている義父は人混みにとても疲れてしまったようです。義母はそれを気にして、見たい場所や行きたいところも色々と我慢しているようでしたが、だからといって別行動をとろうとはしません。いつもそのように一緒にいる二人。そして満足する義母。自分の欲求よりも、夫婦で一緒に居る事の方が大切なようです。すごい。私達なら...確実に単独行動になるでしょう。お互いイライラし、最終的にはぼかーんとなりそうです。

 

何が良いのか合っているのか、結局はそれぞれの価値観次第ですね。

 

と、うやむやにまとめて終わります。

可愛らしいホテルや記念の品、その他諸々はまた追って...。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓やっぱり都会は楽しいだす!四六時中そう心でつぶやいていた田舎っぺ大将ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
# ツリーホテル

北スウェーデンで有名な場所と言えばアイスホテル。

次いで最近ではツリーホテル。日本のメディアでも何度か取り上げられています。その名の通り、木の中腹に部屋が設置されているホテルです。

 

とても辺鄙な場所にあり、旅行で行くには大変です。

が、北スウェーデンに住んでいるからには行きたい。

という訳で行ってきました。

 

去年の夏ですが。

 

アルバムの整理をしていたら、ちょうど昨年の今頃に訪れた時の写真を発見しました。

 

ミラー室

 

ミラー室。

人工的なのに景色が鏡に反射し、森と一体化しています。

 

宿泊費はお高いので私達は見学のみです。

普段はガイドツアーで森と部屋を見て回る事が出来ます。私達が訪れた時は夏休みだったためかガイドがおらず、自由に廻っていいと言われました。もちろんその為のお金は支払わねばなりませんが。

 

パンフレットだけもらい、自由気ままに見る事が出来たので、それはそれで気楽でした。

 

ツリーホテル

 

部屋の中は宿泊中の方々がいらっしゃるので見る事が出来ません。

が、外から丸見えな部屋や、覗き込める高さに設置されている部屋もあり、見られるオプションも込みという心の準備をしてから宿泊される事をオススメします。でも普段できない経験としてはなかなか魅力的ですね。

 

ツリーホテル

 

鳥の気分も味わえます。

入出にはハイテクエレベータが完備されているので飛べなくても心配ご無用。

 

他にはサウナがあります。

これらの部屋の中心地に建てられています。

 

夜は皆さん暖まった体を開放的に森で冷ますのでしょうか?

 

私は無理です。

なにせ蚊が多い...。

 

覚えています。

この時も蚊に備え、アウターのフードをかぶり、手袋もして散歩をしました。

それでもほんの少しの隙間から刺されましたが。

 

蚊の鳴くような声とは、か弱く儚げな声のことでしょうが、この地で私はそれを認めません。あんなに力強く図太い音...。おかしくなりそうです。

 

夏に訪れる方は必ずや...、そう、必ずや!

蚊除けをお持ちになって下さい...ね......。

 

コテ。

 

野原

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓痒い掻きたい掻いちゃおう。と寝転びながらつぶやいている私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

 

保存保存

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
# ブゥ!

何かを縫って中途半端に残っている生地は、パッチワーク用としてまとめてあります。やりたいなぁと思いつつ本だけあるパッチワーク。私はいつ始めるのでしょう?

 

いつかです。

 

そんな事をもやもや思っていたら、いいものを見つけました。

以前中古で買ったスウェーデンの雑誌をパラパラめくっていると、ぬいぐるみが載っていました。これは残生地を生かせるかもしれない。ぬいぐるみは過去に一度しか作った事がありませんし、勉強にもなりそうです。

 

詳細や情報がわりとざっくりなその本。

書かれているままに始め、わからない箇所は適当に処理しながら作業していくと...。

うーん...、なんとなく出来ました。

 

ブゥアップ

 

ブゥ!

 

うりぼー?

 

いえいえ、もうブゥって鳴いちゃってますから。

 

ブゥ

 

ブタです。全長19cm、高さ13cm。

ヴィンテージのハート柄finlaysonと花柄tampellaで作ったぶぅです。

 

綿の分量が書いてありませんでしたので、適当に入れてみました。しかし経験が乏しい為、どの位入れたら良いのかわかりません。一度パンパンに入れました。すると脚が両サイドにパーンと開き、まるで飛んでるようになったぶぅでしたので減らしたぶぅです。正解がわかりません。

 

ブゥバック

 

ヒップは平坦。品種改良が必要なようです。

 

でももうしばらくはいいかな...。

早速飽きましたが、出来上がったこのブタは大切に部屋に飾っておきたいと思います。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓ 超かわいいブゥ!と乙女のようにはしゃぐ彼。に少し戸惑う
私。ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
# たぶん間違えている

壁に棚を取り付けたいのですが、なかなかクギを打つ勇気がなく躊躇しています。実現には恐らくかなり時間がかかりそうです。

 

そんな訳で、クギを打たなくてもいい棚を買いました。

洗面所の流しの下に設置する棚です。

 

が、問題発生。

私は何を確認していたのか...。下水管が邪魔をして設置ならず、DIYの達人に助けを求めました。すると、いいマシンがあるのでノープロブレム!との返事が。

後日現れた達人が持っていたマシンとは...。

 

穴明け

 

あぁ!すごい!

こういうことでしょ?ってまさしく。そういうことです!神!

知らないだけで色々な道具があるんですね。

 

そして当初私が思い描いていた通りに設置完了。

 

洗面所

 

この勢いに乗り、先延ばしにしていたキッチンテーブルのカラーオイル塗りを始めました。

木目を生かしたかったのでカラーオイル。でも私は経験がないので色見本帳ではなかなか実際の色が把握しづらく...。えい!と適当に買って塗ってみた結果...。

 

キッチンテーブル 色塗り

 

あれ...?濃い...な。

地は薄すぎるので、もっと明るめにしたかったのですが。

乾けばなんとなく想像通りになるかと思いきや、写真右が5時間後。

あれ...?

 

説明には3時間乾かした跡、更にもう一度重ね塗りをするべし。と書いてありました。これ以上塗ったらただの茶色いペンキになる...でしょ?と自問自答を繰り返し、思い切ってヤスリをかけました。

 

キッチンテーブル ヤスリ後

 

なんとなくヴィンテージ風に。

そしてなんとなくしっくり感が。

でも理想と違う...。

 

方法も色もたぶん間違っています。暗いキッチンが更に暗くなりました。

でもまぁ何事も経験と受け止め次に生かしたいと思います...。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓ 暗さなんか笑顔で吹き飛ばしちゃう!
とは思えないし出来ない私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
# ヴィンテージ生地でカーテン

先日、白い壁紙に張り替えた私の部屋は、殺風景でまるで病院のようです。

気に入ったものを少しずつ揃えたいので、満足いく居心地になるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。完成形があるのかは不明ですが。

 

そんな部屋ですが、まずはカーテンを作ろうと思い立ちました。

元気が出る色がいいので、ごそごそ生地を物色した結果こちらに決定です。

 

カーテン生地

 

スウェーデンのヴィンテージ生地です。

 

以前アイロン台のカバーを作りましたが(詳しくはこちら)、あの生地も似たような色合いなので合いそうです。目がチカチカする同士ですが、望むところです。

 

制作前、じっと生地を見つめていると、ある欲求がむくむく育ってしまいました。

 

裾はあのカーブに沿って始末したい...。

 

やっぱり思った通りにすれば良かったーと後悔したくなかったので、欲求の趣くままに始めました。

 

カーテン工程

 

1. ほつれ防止の芯を貼る。

2. カーブに沿ってミシンをかけ、縫い代をカットして切り込みを入れる。

3. 縫い代をぐし縫いし、カーブを出してアイロン。

4. 表に返して仕上げアイロン。

 

直線だったら早く終わったな...。

2のカーブミシン。山を5つ程超えたところで早速面倒臭いな、とつぶやく。

3のぐし縫いで超面倒臭いな、と首の骨を鳴らしぼーっと休憩。

 

こんなとき、私の中に今日はやめちゃおうよ〜というぐうたらな奴と、やらないとおわらないよ!という謎の良い子が同在します。

 

本日は後者に軍配が上がりました。

 

仕上げた達成感と爽快感。

謎野 良子に感謝です。

 

ってさも大作を完成させたようで恐縮です。

 

カーテン

 

もっと色を増やしてごちゃごちゃな部屋にしたいです。

あー楽しかった!

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓ 両者が戦う必要がない人間になりたい私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
Profile
Archives
Comments
Search this site
Sponsored Links