SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 野生VSシニア

海外生活

 

私が日本に行っている間の1月、北スウェーデンはとても寒くて−30℃近くまで下がっていたそうです。そんな冷え込みの中、彼は家から数時間離れた仕事先へ向かう途中に車の調子が悪くなり立ち往生。急遽両親に迎えに来てもらったそうですが、暖房が効かない車内でガタガタ震えていたそうです...。車は保険会社が修理に引き取ってくれ、彼は無事に救出されたのですが、足の指が凍えてしまい、しばらくは動かせなかったとか。道中、周りはほぼ森。こういう事を聞くと、自然の恐ろしさが身近であると再認識させられます。

 

そんな1月。

家の裏庭にヘラジカ親子が現れたよ、と彼が教えてくれました。

 

 

凍った湖を歩き、森を抜けてきたのでしょうか。

冬は近所に現れることがしばしばあります。そっとしておけば襲ってくる事は滅多にありませんが、当然向かっていけばヘラジカも身を守ろうと攻撃的になります。特に親子連れの場合、子どもを守ろうと凶暴になるそうなので近寄ってはいけません。

 

先日、彼がティトと散歩に行った時、犬を飼っているお隣さんに会ったそうです。犬についてや世間話をしていたら、お隣さんがヘラジカにまつわるこんな話をしてきたのだとか。

 

以前、私達を怒鳴りつけてきた老夫婦がいます。(詳細こちら)

ばばあとじじい、そのままですが私達は彼らをそう呼んでいます。後から知ったのですが彼らはここら辺では悪名高い夫婦で、私も数人から彼らの愚痴を聞いた事があります。

 

そのばばあ。

犬の散歩中にヘラジカを発見したそうです。ノーリードのばばあの犬はそのままヘラジカに向かっていったのだとか。しかし戻って来い!という一声でばばあの元に帰って来た犬達。

ここまで話を聞いて、あぁ犬達に何事もなくて良かったね、と私は思ったのですが。

 

犬を飼っている人なら、来た道を戻ってヘラジカと少しでも離れようとするのが常識です。いくら訓練しているとはいえ、リードも常に携帯すべし。が、常識を超えたばばあはその後とんでもない行動に出ました。

 

野生のヘラジカに立ち向かう。

やっぞ!と言ったかどうかは知りませんが、追い返そうとそんな勢いで自ら向かっていったそうです。当然怒るヘラジカ。ばばあに向かって突進し、ばばあをなぎ倒し、ばばあを踏みつけて走って行ったそうです。ばばあはほぼ無傷。すごいなばばあ...。

 

そりゃやられるわ、とちょっと私は笑ってしまったのですが、それは誰も怪我をしていないと思っていたため。その続きを聞いてへこみました。

 

多少なりとも人を怪我させたとの事で、そのヘラジカは撃たれたそうです。

おいばばあ...。狩猟会に電話したな...。

 

お隣さんも彼らの行為を非難していましたが、自然の中に長年住んでいたとしても、そんな人達がいるんだな、と私は少し驚きました。今までもそうやって歯向い、何事も無かったのかばばあ?だとしたらそれは幸運だっただけでしょう。もちろん繁殖期などはヘラジカも興奮しており、人を攻撃する場合もあるそうです。見つけたらすかさず立ち去るべし、と狩猟経験がある彼は言っていました。

 

自然は綺麗な反面、恐ろしくもあり。

いつでも危険と隣り合わせな事を忘れてはなりません。

私も甘く見ている部分があり、たまにヒヤッとする時があります。ばばあの事を言うのと同時に、己の気も引き締めるべし。

そして人の事を何度もばばあと言うなかれ。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
自分も誰かからばばあだと言われていると思う私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
    # え、誰?

    わんこ

     

    両親宅に挨拶に行った際、久々の再会を非常に喜んでくれたティト。

    また私との生活が始まったわけですが...。

     

    その時は彼も休暇で赴任先から帰って来ていました。

    我が家はやはり落ち着く?と思いきや、ティトは彼の側を離れず、どこに行くにも着いて歩いていました。私の方には一切来ず。寝るときも私の側に来ていたのが、彼の方に寄り添い、私の事を上目遣いで見ていました。あの再会の喜びはなんだったんだ?

     

    さてはティト、怒っているな?

    突然居なくなっちゃうし、生活拠点を変えられて、また勝手に家に帰されて。

    あーごめんごめーん。と思いきや...。

    どうやら奴さんは私の事を忘れている模様でした。

    誰この人って感じでよそよそしい。

     

    3日後、彼が赴任先に戻ってしまい、2人きりになりました。

    するとどうでしょう、ティトは安心出来る檻の中に丸まって、出てくる気配なし。檻のドアは常に開けっ放しですが、閉めてくれと言わんばかりに居座っていました。食事もすんなり食べず。散歩に行こう!と言っても出て来ず。でも全くの一人にはなれないので、私が違う部屋に行くと一応不安なのか檻からは出てくるのですが。その隙にハーネスを着けて散歩に連れて行っていましたが、2日ほどそんな調子でした。

     

     

    夜寝る時は一応側に来ますが、ベッドに首を乗せて彼の部屋をジッと見つめていました。来てくれないかな...と願っているような眼差しは私にとって寂しくもありましたが、仕方ありません。人間にとっては4週間でも、犬にとってはもっと長い時間が過ぎているでしょうし、それを補うにはまた時間が必要です。

     

    馴れてくれるのを待つしかあるまい。

    そう思っていた時。

     

    もしやあなたは!とティトが私を思い出した(と思われる)瞬間がありました。

    午前中のお昼寝の後に行なうルーティーンのブラッシング。しばらくは軽く梳かすだけにしていましたが、本格的に再開したその日。嫌がるティトをなだめつつ寝かせて、以前のようにとかし始めたとき、私の方にハッ!と顔を向けしばらくジッと見ていました。そして静かになすがままに梳かされたのですが、それからは檻に籠る事もなく、前とほぼ変わらずに過ごすようになりました。この強引さは...あいつ!とでも思ったのでしょうか。面白いものです。

     

    彼の両親にも変化がありました。

    もっと出掛ければいいとか、家でこれをやったらいいなど、今まで親切心で色々言ってくれていたのですが、ティトのお世話で大変だから家では無理せず自分の時間を過ごしてね、と言われるようになりました。大変さを知ったのでしょうか。彼らが飼った事のある犬は狩猟犬。猟に連れて行っていた為しつけも厳しく、しょっちゅう構わなくてもいい犬だったようです。ところがティト。寂しがりやで、皆に遊んで欲しいし中心で居たい甘えん坊。可愛くも時にはため息をつきたくなる...。そんな感じだったようです。ですが、居なくなるとそれはそれで寂しいようで、ティトに会いたい!と前よりも言うようになりました。

     

    なにはともあれ両親に可愛がってもらい、彼の事はもっと好きになり、私の事も思い出し(たぶん)、また日常に戻りました。離れる事で色々と学ぶ事が多く、今後また預かってもらう為にはどうしたら良いかなど、課題も明確になりました。また日本に帰国するまではずっと一緒です。

    えーずっとぉ...?とお犬方は思っているかもしれませんが、私は幸せです。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    たまには彼と2人の時間も楽しみたい。と強く望んでいるのは私、ではなくティトですがクリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: |
      # 留守番ティト

      わんこ

       

      私が日本へ帰国している間、ティトは彼の両親に面倒をみてもらっていました。遠方で働く彼が帰ってくる時には彼が世話をするということで。

      しかしその準備はとても大変で...。

       

      毎日やるべき事は盛り沢山。

      居ない間に一度はお風呂に入れなければならず、それは彼にやってもらうことにしました。とは言え、今まで全て私がやってきたのでこういうときは困ります。一つずつ教えるのは時間がかかりましたが、なんとかこなしてもらう他ありません。

      両親は毛が長く甘えん坊なタイプの犬を飼った事がないので、一つずつ伝授。出発前に2回ずつブラッシングと歯磨きの実演をし、防寒服の着せ方から普段の癖などの細かい事も一通り伝えました。一度に言われても覚えるのは難しいので、食事や散歩のタイミングなども含めて全て紙に書き出し、ティト用具も引っ越して出発前日に準備完了。

      4週間弱の別れは寂しさでいっぱいでした。

       

       

      あぁ可愛いティト...。どうか楽しく過ごせますように。

       

      私達は犬用フードしかあげていませんが、きっとお母さんは自分達のごはんをあげるんだろうな...。そして毛玉も出来ちゃうだろうな...。と、思う事は沢山ありましたが、いちいちクギをさすのもどうかと思ったので、ある程度は仕方がないと心の準備をしていました。

       

      FB好きの彼のお父さん。ティトの写真や様子をアップするから見てね!と言っていたので、たまにチラチラ見ていました。朝は早くから凍った湖に散歩に行ったり、夜は一緒に寝転んで眠ったり、楽しい毎日だと書かれていました。お互い楽しそうにしてくれていて私は大層安心していたのですが。

       

      ある日の投稿を見てびっくり。

      頭の毛は目に入ってしまうので結んでいました。でも両親にとっては結ぶのが難しいと思ったので、ピンで留めるだけでいいよと伝えていました。ところが、投稿写真を見るとその部分だけばっさり切られていました。

       

      えー!と思い、彼に連絡してみたところ。

      ブラッシングが難しくて想像以上に毛玉が出来ちゃったから、明日全身カットする。頭の毛?あぁそういえば切ってたね。

      って...一応確認は欲しかった...な.....。

       

      カット翌日のお父さんの投稿を見ると、前回よりも短く虎刈りのようになったティトの写真が。毛玉は皮膚に近い場所にできるので仕方がなかったのでしょう。私も勉強になりました。預ける前にカットすべし。

       

      帰国直後、疲れてはいましたが両親にお礼を言いに、そしてティトに会いに両親宅に向かいました。久々の再会後は、お茶をしながら居ない間のティトの様子を聞いたり、日本での出来事を話したり。

       

      預けた直後2日くらいは遠吠えをし、不安な顔をしていたそうですが、それからは両親との生活を満喫していたらしいです。

       

       

      よかったねーティト!毛もちょっと伸びていました。

       

      お茶をした後、私は片付けや洗濯などやる事があったので、もう一晩だけお世話をお願いし、そのままティトを残して自宅に戻りました。

       

      翌日、彼と一緒に行って荷物一式とティトを連れて帰って来たのですが...。

      しばらくぶりの我が家での生活、私との生活に異変が。

      明日に続きます。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      持って帰って来て!と頼んだカット後の毛を持ち帰り忘れ、私に怒られた彼ですがクリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: |
        # 道中のハプニング

        海外生活

         

        2年2ヵ月ぶりの日本帰国。楽しみ反面、道中を思うと憂鬱なのも事実。

        冬の帰国は着るものに困ります。ただでさえ荷物が多いので、普段着は最小限。日本で毎日同じ服だねって言われても気にしません。重さ重視。

         

        でもコートは迷います。出発日、彼は仕事でここにはいませんでした。なので空港まではバスを乗り継いでいかねばなりませんでした。今回は日本の気候に合わせたコートにしましたが、寒い事この上なし...。

         

        ブルブルして着いた地元の空港。空港会社はSASにしましたが、乗り継ぎは全て問題なく、更にコペンハーゲンから成田までは後ろに人がいなかったので、気兼ねなくシートを倒す事も出来ました。

         

        地元の空港⇔ストックホルム⇔コペンハーゲン⇔成田。乗り継ぎ2回で3つの飛行機に乗ります。なるべく最短で帰りたいので、乗り継ぎ時間はそれぞれ一時間。間に合うかと焦るのは嫌ですが、待つのも嫌なので、私は毎回そういったチケットを取っています。

         

        問題が起きたのは帰り。

        成田からコペンハーゲン。11時間半のフライトでは隣りが空いていたので、2シート使って足を伸ばしたり眠ったり、かなり快適に過ごせました。定刻通り到着し、少しブラブラしながら搭乗時間ぴったりにストックホルム行きのゲートに行きました。が、搭乗できる気配なし。

         

        その日、ストックホルムは悪天候で、鉄道も飛行機も止ったり大幅な遅れが出ていた模様。私達が乗る飛行機もストックホルムを出発する事が出来ず、結局1時間遅れてコペンハーゲンに到着しました。そして定刻より2時間遅れて出発。私のようにそのあと他の飛行機に乗り継ぐ人もいた模様で、どうしたらいいのか搭乗口の人に聞いていました。乗り継ぎ便も遅れてもしかしたら大丈夫かもしれませんが、念のため私も間に合わなかったらどうしたらいいのか訊ねました。幸いスウェーデン語を話す人で、ストックホルムのSAS窓口で問い合わせてと言われました。

         

        微かな望みをもってストックホルムに到着しましたが、地元空港までの乗り継ぎ便はやはりすでに出発していました。

        国内線のSAS窓口に行くと、その日に飛ぶ飛行機は既に満席で、翌日の飛行機じゃないと席はないと言われました。が、ホテルを予約するから大丈夫、と。

         

        とても感じのいい年配の女性。

        予約がとれたのは空港からバスで少し行った場所。バス停の番号とホテルの名前を空港券の裏に書いてくれました。それを貰おうとした時、彼女のデスクの電話がなりました。待っていた私に、朗報よ!と電話を終えた彼女がやってきました。どうやら空港内のホテルが急遽予約出来たようでした。良かったわね!と肩を叩かれ、お礼を言ってそのホテルに向かいました。

         

        私の手荷物はコンケンのリュックと、母から譲り受けた藤のスーツケース。それぞれに色々詰め込んでいたのでそれなりに重量がありました。カートに乗せれば良かったのですが、わざわざ取りに戻るのも面倒だし、もう少しで休めるからとホテルまで自力で持って歩いていました。

         

        やっと着いたホテルレセプション。受付の女性に事の次第を話して空港券を見せました。

        ところが。

        以下、その後の私と受付のオンナ女性の会話です。

         

        受付:(空港券の裏を見て)あなたはここに書いてあるバスに乗ってそのホテルに行かなきゃダメ。

        私:それは変更前のホテルで、SASの人は今いるホテルを予約してくれた。

        受付:でもダメ。だって書いてあるのはこのホテルの名前じゃないもん。

        私:予約されているはずだから、私の名前を確認してみて!

        受付:ダメ。だったら一回SAS窓口に戻って、このホテルの名前を書いてもらって。

        私:お願い、名前を確認するだけ!

        受付:ダメ。バイバーイ。

        私:......。

         

        という訳で、また重い荷物を持ってSASの窓口へ。

        また来ちゃったへへへ...。という私を、笑顔でどうしたのー!と迎えてくれた女性。

         

        あのね、ホテルの人がね、私の名前すらチェックしてくれなくってね!とチクると、あぁ可哀想に、名前チェックくらいすぐ出来るのにねぇ、まったく。と慰めてくれました。あぁ、誰かさんとは大違いだ...。言われた通り、空港内のホテル名を書いてくれたので、またあのオンナ女性のところまで歩いて行きました。疲れはピーク。

         

        今度はどんな対応だ!?と思いきや、もの凄く感じのいい男性に変わっていた受付。穏やかーに優しーく朝食の時間など説明してくれ、部屋のキーくれました。最初からこの人だったら...。

         

        その夜はお風呂にゆっくり浸かってすぐに眠り、翌朝のフライトに間に合うよう早起きして用意を済ませました。結局振替便も2時間遅れましたが、無事に到着。預けていた荷物は私より先の便で来ていたようで、ぽつんと窓口周辺に置いてありました。

         

        何はともあれ、私も荷物も無事に到着してホッと一安心。家に帰ってすぐにシャワーを浴び、片付け&洗濯。時差ぼけは治らないままでしたが、無事に今回の旅は終わりました。

         

        冬のフライトは遅れる事多し。

        今まで道中ハプニングに合った事がありませんでしたが、自分の健康面といい、道中といい、今回は色々と学ぶ事が多かった帰国になりました。2年はやはり長いので、出来れば一年後か今年の冬にまた帰りたいのですが、どうなりますやら。日常に戻るのは寂しいような気もしますが、またティトとの生活が再開し嬉しくもあり。今は船便で送った荷物の到着を待ちわびるのみです。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        手荷物には食べ物ばかりでメイクも落とせなかった私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
          # 日本に行っていました。

          海外生活

           

          メリークリスマスが明けましておめでたく、今年も宜しくお願いしようと思ったら鬼は外。

           

          ブログを更新しない間に色々な行事がありました。

          年末年始の慌ただしさがダラダラ続いた後、私はすたこら日本に帰国していました。ほぼ4週間。

           

          ティトは彼の両親がお世話してくれるとの事で、私は2年2ヵ月ぶりに母国へ帰ることが出来ました。預ける前や留守番中のティトの様子はまた後日書くとして、今回は私の帰国について書きたいと思います。

           

          2年も経つとやりたい事も会いたい人もてんこ盛り。ただし、今回大事なミッションが2つありました。生まれつき問題があって最近痛み出した足を病院でみてもらうのと、マイナンバーを取得。早く終わらせてその後沢山遊ぼうと思い、着いた翌日にはもう市役所へ手続きをしに行きました。ところが事前に用意しなければならない書類が一つ足らず、数日待つ羽目に。この詰めの甘さが後々響くわけですが...。

           

          まぁその間に用事を済ませておけばいい。と思い、実家で飼い始めた犬と猫と戯れ、美味しい日本食を食べ、スウェーデンに送る食材や物資を買い、美容院にも行って...

           

          インフルエンザになりました。

          姪っ子から私にうつり、その後甥っ子2人と大人2人もやられて、ほぼ一家全滅。熱が出る前に咳が酷くなったのですが、私は今までインフルエンザに感染した事がないので、猫アレルギーかもしれない、と勘違いにも程がある説をのたまっていました。家族中に広まった原因は私にあったかもしれません...。みんなはすぐさま病院に行きましたが、保険証がない私はひたすら眠って自力で回復しました。体中の痛みと高熱。書類が足りていたら今頃保険証もあって病院に行けたのに...。罰でしょうか。

           

          元気になった後は気になっていた足を診てもらいに、無事に頂いた保険証を持って病院へ。

          半年前の散歩中に突然右足裏に激痛が走り、その後数日歩けなかった事がありました。少しずつ痛みは減って来たものの、つま先立ちや長時間の歩行はまだしんどく、そのうち左足の膝を中心に新たな痛みが発生。お医者さんにその旨を報告し診てもらいました。

           

          撮ったレントゲンを前に先生は言いました。

          これねー、折れてるね。

           

          ...笑いました。

          まさかっていうか、あの激痛はやっぱりっていうか...普通に歩いていただけなのに?

           

          更に先生は言いました。

          これね、もうくっつかないの。

           

          また...笑いました。しかし。

          で?っていう。で、どうしたら?っていう。

           

          元々右足は変形しているので、重心が中心寄りになってしまいます。負荷がかかり過ぎて骨折したらしく、左足はそれをかばって痛みが発生しているのでは、との事。改善策として、右足にはめて重心を分散させる装具を作ってくれました。帰国に間に合うよう、急いで作ってくれた技師さん。ありがたやー...。出来たものをはめてみるとかなり違和感がありますが、同じ事が繰り返されぬよう慣れるしかありません。っていうかもう折れたままなんですが。

           

          インフルで外出禁止。その天罰はおよそ一週間でした。これはかなり痛い時間ロスで、その後の予定も大幅に狂いました。会いたかった人達に会う時間もなくなり、行きたかった場所にも行けず。そして骨折判明。後悔はあれど今回は色々と勉強になりましたし、沢山の人にお世話になった旅となりました。今までにはなかった印象に残る帰国。

           

          日本をあとにするのは毎度名残惜しいですが、自分の家に帰って彼やティトに会うのもまた楽しみでもあります。でも道中が長過ぎて毎度憂鬱にもなります。何事もなければまだいいのですが、今回は何事かあっちゃいました。そのお話もまた後日。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          痛みを感じた時点で病院へ行こうよって自分でも思う私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ  

          0
            | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
            Profile
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links