SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | | category: - |
    # ワーオです。

    海外生活

     

    昔のビバヒルの吹き替えがアレだった事は有名な話です。

    中でも、デヴィッド坊やがよく言うセリフがこれ、”ワーオです”。

    すげぇ!と言いたい時、意表をつかれて驚いた時、坊やはよくワーオですと洩らしていました。

     

    ワーオです...

    昨日、気付けば私はそう呟いていました。

     

    スウェーデンのアパートのキッチンはだいたいどこも似たようなものです。丸いプレートが電気で発熱するタイプのソリッドエレメントコンロか、フラットなIH。その下部分にはもれなくオーブンが設置されており、コンロとオーブンが一体化しています。

     

    オーブンを開ける時、親指でつまみを押してロックを外してから開けますが、つまみにかぶせてあるプラスチックが割れてしまいました。金属がむき出しになっているので、ミトンをつけないと熱くて触れません。入居時に既に割れており、早々に直してもらったのですが、それから3年でまた割れました。

     

    自治体に連絡して替えのプラスチックカバーをつけてくれるよう頼みました。やってきた修理人はオーブンの型番を確認し、合うものを取り寄せてからまた来ると言って去って行きました。

     

    それから数週間。

    いつものように忘れられてるな、と思った頃にまた別の修理人がやってきました。オーブンの型番を確認させてくれ、と。報連相が上手くいってないのだろうと思い、私は何も言わずにキッチンに通しました。写メを撮って去ったその修理人。

     

    それから数週間。

    昨日、ティトとの散歩が長くなり、いつもより遅めの昼食となりました。13時半頃から準備に取りかかり、サーモンと野菜のホイル蒸しをフライパンで熱し始めました。だいたい20分で出来上がりですが、10分が経過したところで玄関のベルが鳴りました。オーブンを取り替えに来た者だけど、と前回の2人とはまた違う修理人がそこに立っていました。キッチンに通すと、ちょっと料理止めてくれる?と修理人。オーブンのつまみ変えるだけなのに?と思いつつ、言われるがままフライパンをどけました。修理人はオーブンコンロを前に引きずり出し、サイドに記されている型番を確認しました。また確認?とちょっとうんざりした私に、その修理人は必要なものを車に取りに行くから、と言って家を出て行きました。つまみ1つなのに?持って来なかったの?と不思議に思っていると、もう一人別の修理人を連れてやってきました。新しいオーブンコンロと共に。

     

     

    ワーオです。

     

    つまみ交換ではなく、本体ごと交換になりました。

    今まで使っていたものをごっそり取り外し、電動ドライバーやら水平器などで色々調整しつつ、彼らは新しいものをカポっとはめました。その間30分。途中だった鮭のホイル蒸しはゾンビ化。夕食のために解凍し、冷蔵庫に入れようと思っていたパイシートはカピカピ。

     

    賃貸のアパートなので、元々のオーブン&コンロは使い古され、落ちない汚れや傷がたくさんありました。新しいものになって嬉しいのはもちろんですが、事前に連絡をくれていたら、そもそも全取っ替えだと教えてくれていたら、とモヤモヤする気持ちもあり、結果ワーオです。

     

    しかもこれ、背後のコンセントが邪魔して壁との間に隙間があります。私達が前に使っていた型とはちょっと異なるらしく...。

     

     

    いやだ...。

     

    この状態で設置完了?と訊ねると、コンセントが邪魔してるから、と修理人が返答。それはわかるけどこの状態では困る、と伝えたところ、じゃあ他の修理人を手配するから、と言って2人は帰って行きました。いつ来るのかはもちろん不明。聞かなければきっと手配せず。なんだか気分がパッとしませんが、ゾンビ化したホイル蒸しを新品のブツで温め直し、黙々と食べました。

     

    帰宅した彼に、無言でオーブンコンロを見せました。

     

    ワーオ。

    冗談抜きで本当にそう呟いた彼。

    新しくていいけど、何この隙間。ってごもっとも。

     

    隙間に油が落ちて行かないよう、しばらく工夫しながら使って行こうと思います。

     

    因みに設置直前、IHの方がよかった?と聞かれました。IHがいいと言ったらどうなっていたのか。その後の事を考えると色々面倒くさくなって、それでいいよ、と言った私は間違っていたのか。

     

    以上、素直に喜べない新品家電でした。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓突撃訪問は誰でも嫌な私ですが
    クリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
      # 迷子犬を保護した夜

      わんこ

       

      北スウェーデンではまだ冬の3月末のある夜。

      彼が迷子犬のイェムトフンド、ルートを保護し、家に連れて帰ってきました。

       

      ルートはメスでとても人懐っこく、私達のことを全く警戒する事なく、家の中にすんなり入ってきました。足が長くてガッチリしているイェムトフンド。普段接している犬は小さなハバニーズのティトなので、最初私達はどうしていいのかわからずどぎまぎしていました。何歳かもわかりませんし。晩ご飯をあげた後は、とりあえずルートのしたいようにさせようと思い、見守る事に。

       

      ティトは突然やってきた大型犬に驚いていましたが、怯えるわけでも吠えるわけでもありませんでした。ルートはティトよりも部屋の探索に興味があるようで、全ての部屋に入って匂いを嗅ぎ、状況を把握しようとしている様子でした。ティトは一定の距離を保ちつつ、ルートの後をついて歩いていました。かわいい。

       

      一通り調べた後、ティトが普段遊んでいるマットで遊び始めたルート。

       

       

      え?それ僕のなんだけど?と言いたそうなティト。

       

       

      ティトが近づいたこの時、一緒に遊ぼう!とルートが誘い始めました。突然誘われてティトはびっくりしたようですが、なかなかどうして、ルートの周りをぴょんぴょんしながら遊び始めました。ですが、夜で疲れていたティトは、しばらくしたら普段通りベッドに横になってうとうとし始めました。

       

      私達はルートの首輪に彫られた電話番号から、飼い主の名前と住所を知る事が出来ました。家に連れて行く?と相談しましたが、そもそも家の電話に出ないので連れて行っても意味がありません。留守電に入れたメッセージを聞いてもらうのを待つしかないのか...。

       

      今夜はルートを泊める事も覚悟した私達。

      そんな事はどこ吹く風のルートは...

       

       

      床に座っている私の横でゴロンして、体をぐりぐりこすりつけてきました。

      こんなに簡単にお腹を見せていいのか…?と私が聞きたいくらい、無防備にじゃれてくるルート。ティトはこのように甘える事はないので、ちょっと新鮮で嬉しくなりました。ティトとはまた別の可愛さ。

       

      ちょっと話がそれますが、同じ犬でもこうも違うものか、と思う事がもう一つ。抜け毛。ティトの場合、ブラッシングの時にブラシに溜まるだけで、それ以外ではほとんど抜けません。ですが、ルートの抜け毛といったらもう...。洋服からカーペットまでルートが居た場所には沢山の毛が散らばっていました。掃除をすればいいだけですが、面倒だと思う人もいるでしょう。そういう意味でも犬種選びって大事だと思いました。

       

      ルートが家にきてから2時間半。

      試しにもう一度警察に電話してみることにしました。が、答えは同じ。誰からも迷子犬捜索の連絡は入っていないから、そのまま保護しておいて、と。仕方ないね...と電話を切ろうとした時、電話口の警察官がちょっと待って!と叫びました。たった今、迷子犬の問い合わせ電話が来たようなので、その電話とこの電話を繋ぐ、と。へぇーそんな事できるんだーと違う事に驚いていた私ですが、繋がれた通話口の人は思った通りルートの飼い主でした。

       

      そもそもなぜルートが丘にいたのか。

      小学生の子ども達が家で留守番していたそうですが、ヘラジカの匂いを嗅ぎ取ったルートが、ドアをどうにかして開けて出て行ってしまったようです。ルートはまだ2歳だった事が判明しましたが、まだ自分を抑える事が出来ずにヘラジカの元に駆け寄ってしまったようです。彼が電話をした時、飼い主は外を探しまわっており、留守電も聞いていなかったようです。何はともあれ、無事に帰れるようになり安心しました。

       

      私達はそれまでルートにかかりきりになっていましたが、ふとティトを見ると、ベッドから出て寂しそうにこちらを見ていました。

       

       

      あぁ...ごめん....。

       

      今すぐ迎えに行くから!と言って電話を切り、15分くらいして飼い主はやってきました。ルートはとても喜んで飼い主の元に駆け寄り、飼い主は私達に感謝を述べ、今度お礼を持ってくると言って帰って行きました。22時半。長い夜は終わりました。

       

      雪がとけてヘラジカもいなくなり、また普通に丘に散歩に行くようになりました。丘の近くに住んでいるルート。たまに出くわしてはティトと挨拶をしたり、私達に愛想を振りまいたりするようになりました。

       

      あれから5ヵ月経った今。

      あれぇ?

      あの時おっしゃっていたお礼はどうなったのかなー?

      と、私はいやらしくずっと覚えています。

      別に何かして欲しいわけではありませんが、覚えています、ということです。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓言い方もなんかいやらしい私
      ですが、クリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: |
        # 3月の終わりに起きた事件

        海外生活 

         

        前回の記事でスウェーデンの国犬であるイェムトフンドについて書きましたが、今年の3月終わり、私達はその犬と深く関わる事になりました。

         

        日本ではもう春が始まっていたその頃、北スウェーデンではまだまだ雪がこんもり残っていました。川や湖ももちろん凍結。毎年ヘラジカはそんな場所を渡って住宅地まで歩いてきますが、今年はその数がとても多かったようです。家の裏庭や普段行く森周辺でもよく目撃されていました。

         

        そんなある日、ティトと共に夜の散歩に出掛けた彼。ヘラジカ目撃情報があった丘方面には行かないようにね、と言っていたにもかかわらず、すっかり忘れて彼らはそちらに歩いて行きました。それを知らずに家でのんびり待っていた私。そこに彼から電話がかかってきました。

         

        コードレッド!コードレッド!と叫ぶ彼。

        かなり慌てた様子で、なにやらごちゃごちゃ言って一方的に電話を切りました。

         

        ヘラジカと犬がいて助けるけどティトがいるから一回帰る!という内容。私は終始、は?という感じ。とりあえず一回帰って来るって言うから、その時話を聞こうと思っていました。

         

        彼は帰ってくるなりティトを私に預け、冷蔵庫からソーセージを持ち出し、じゃ!と言ってすぐに出掛けようとしました。ちょ待てよ!と呼び止める私に対し、急いでるから!と若干キレ気味の彼。とりあえずちょっと落ち着いて、状況を教えてとお願いしました。

         

        支離滅裂な彼の説明をまとめると、丘にヘラジカが居た、と。で、そのすぐ近くに何故かノーリードのイェムトフンドがいて、ワンワン吠えまくっていた、と。犬を助けようにもティトがいるのでどうにも出来ず、とりあえずティトを帰宅させて改めて助けに行く、と。

         

        丘のどの辺なのか、助けた後はどうするつもりなのか、色々聞きたい事は沢山ありましたが、彼は早く戻って犬を助けないと!と気持ちが先行し、今すぐ家を飛び出す勢いで話にならず。戻った頃には飼い主が現れているかもしれないし、と私は気持ちを切り替え、彼を見送りました。ティトの足を洗って乾かして待つ事しばし。

         

        なかなか戻って来ない彼。まさかヘラジカが怒って襲ってきたか...?とちょっと心配になった頃、彼から電話がありました。

         

        いい?落ち着いて聞いてくれる?

        実は今家の側にいるんだけど、犬を保護して車に乗せています。

        これから犬と一緒に家に帰ろうと思うのですが、心の準備をお願いします。

        以上。

         

        飼い主現れず、か...。

        私に怒られると思った彼はおずおずと丁寧に話してきました。さすがに犬を置き去りにして来いなんて言いませんが、そう思われた私って。普段の鬼さ加減がこんな時に出るものです。ってそんな事はどうでもよく。

        イェムトフンドは大型犬です。ティトは大丈夫だろうか。その前に私は大丈夫だろうか。ちょっと不安になりました。

         

        帰宅した彼とイェムトフンド。犬の首輪にはルートという名前が彫られていました。

        改めて彼に話を聞くと、ティトとのんびり歩いていたら、丘の上の方で犬がずっと吠えていたので不思議に思い、ティトを抱きかかえて腰以上まである雪をかき分け、上の方まで行ったそうです。そこでルートとヘラジカを見つけたとの事。イェムトフンドはもともとヘラジカの狩る犬種です。匂いを感じたのでしょう、家から抜け出したか散歩中に飼い主の隙をみて走ってきたか、本能のままに辿り着いて対峙していたようです。近くに飼い主らしき人は誰もおらず。警察に電話したら、しばらく面倒を見てくれと言われ...。

         

        ヘラジカはとても大きく、怒ったときはとても危険です。再度丘に行った彼は、家から持って行ったソーセージをルートの視界にちらつかせ、どうにかおびき寄せて車に乗せたそうです。ルートとヘラジカの距離はほんの3m。ルートに近づく=ヘラジカにも近い、まさに命がけ。誰も傷付かなくて良かったです...。

         

        ルートが家にきて私達は気付いた事がありました。外では暗くて見えなかったけど、首輪には名前と一緒に電話番号も彫られていました。なんだ!すぐに解決じゃない!と思った私達。しかし彼がその番号に電話しても留守電になるだけ。一応メッセージをいれましたが、その後折り返しかかってくる事はありませんでした。

         

        さてどうしたものか...。ちょうどティトの晩ごはんの時間だったので、ルートもお腹が空いていると思い、ティトのフードを多めにあげてみました。がつがつ食べたルート。良かったと思いつつ、さぁ次はどうするか...。時間は19時半。私達は頭を抱えました。

         

        長くなりそうなので、今日はここまでにします。

        結論から言うとその日のうちに解決したのですが、続きはまた後日。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓どうせなら金棒でも買おっかな、と思っている鬼
        ですが、クリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: |
          # 犬の知識は得られるけど...。

          わんこ

           

          フラッと寄ったリサイクルショップで、彼が犬の辞典を買ってきました。

           

           

          かわいい。

           

          進化の歴史から犬と人との歴史、コミニュケーションの方法、体の構造等、犬にまつわるあらゆる事が記されています。犬と暮らしている人にとっては読むのが楽しく、勉強にもなる本です。スウェーデン語が出来れば、ですが。有り難い事に写真や絵が載っていますので、私はそれを見ながらなんとなーく分かったような気になっています。つまり分かっていません。

           

          が、そんな私でも頑張って解読したいページがあります。

          それは犬種別説明のページ。

           

           

          仔犬の頃のティトはどんな犬や人にも喜んで近づいて行き、愛想を振りまいていました。それが幼さの象徴でもあったのですが、成長したティトは仲良くなりたい人&犬を選ぶようになりました。

           

          人の好みはだいたい分かります。

          あまり大声ではなく、高い声を出してくれる人は好き。なので必然的に女性の割合が多いです。背の高い男性はちょっと苦手ですが、仔犬の頃からよく接している人は大丈夫です。子どもはすぐに頭を撫でようとするので、あまり好きではないようです。散歩コースに子どもが遊んでいると、立ち止まって警戒します。

           

          犬の好み。これは未だにちょっと分かりません。

          仲の良い犬達になにか共通点があるかもと思い、犬種別の説明に興味が湧きました。

           

          斜め前に住んでいるジャーマン・ショートヘアード・ポインター。

          スウェーデンではVorsteh(ヴォシュテー)と呼びます。

           

           

          もともとは狩猟犬だったそうですが、今はあまり狩猟用ではないようです。ティトの友達はいつも木の棒を口にくわえて散歩をしています。運動量はかなり必要なので、飼い主は自転車に乗っています。ティトを見ると尻尾をぱたぱた振るので、その尻尾に私もティトも何度も打たれました。体格は60〜65cmなので、かなり強し。

           

          こちらも斜め前に住んでいる、Affenpinscher(アッフェンピンシャー)。

           

           

          猿のような顔の小型犬。ティトよりもだいぶ小さいです。

          日本にはあまりいないようですが、スウェーデンでは割とよく目にします。ティトの友達はおばあちゃんなので、歩くスピードがかなり遅く、ぺたぺたゆっくり散歩しています。体格とその歩き方と顔がとても可愛く、私も大好きな犬です。家庭犬と見せかけて実はネズミを捕まえるのが上手だったり、匂いを追跡する能力が高かったり。

           

          蚤の市で出会ったフィンスク・ラップフンド。

          フィンランドの犬で、恐らく日本にはいない犬種です。

           

           

          ティトはたぶんこの犬に一目惚れしたと思われます。

          今まで色々な犬に会ってきましたが、出会うや否やもの凄く喜んで、私も彼も驚いたのを覚えています。この犬も然り。相思相愛だったのでしょう、お互いの喜びようと言ったらもう...。大きめの中型犬なのでティトとの体格差はかなりありましたが、そんなことは彼らにはどうでも良かったようです。

           

          他にも見てみましたが、あまり共通点を見出せず。

          大きな犬とお年寄りの犬は割と好きな傾向がありますが、あとはただの相性でしょうか。犬種関係なく。

           

          そういえば肝心のハバニーズ。

          もちろん見てみました。

           

           

          キューバ産と言われていますが、現在キューバでは珍しいそうです。上流階級の人々に可愛がられていたようですが、フランスやロシア、キューバでの革命の影響でそういった人々がアメリカに亡命したり、階級がなくなった為、数が減ったそうです。他にもいくつか書いてあったハバニーズ解説、読んでみてもなんだかピンときません。なぜ?

           

          だって宅の坊やは...

           

           

          びよーん。

           

          平均体重3〜6kgとありますが、ティトは7.6kg。

          平均身長20〜28cmとありますが、ティトは40cm。

           

          個体差があることを忘れるべからず、ということです。

          ですが、自分達の生活に合う犬種は何なのか、飼う前に調べるのはとても重要な事だと思います。

           

          最後にもう一種、ティトがひょんな事から仲よくなった犬を紹介します。

           

           

          スウェディッシュ・エルクハウンド。

          スウェーデン語ではイェムトフンド。スウェーデンの国犬です。

           

          今年の冬に起きたひょんな事は、私達にとってかなり大きな事件だったのですが、それについてはまた後日。

          ティトの好みが分からぬまま、今日は終わりたいと思います。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓グレースケリーとウチの飼い主って同じ人間?とティトに聞かれたら、違うと答える私
          ですがクリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

          0
            | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: |
            # 友達になりたいな...

            わんこ

             

            お盆が過ぎて夏休みも終わり、日常が戻ってきた人が多いのではないでしょうか。スウェーデンでも長い夏休みが終わり、お店や施設は通常運転に戻りつつあります。

             

            まだ終わって欲しくない夏ですが、悲しいかな終了した模様です。

             

             

            ナームー。

             

            家の近所はまだ緑色の芝生が広がっていますが、久しぶりに散歩に行った丘には、まるで秋のような風景が広がっていました。若干紅葉も始まっていますし、落ち葉も増えてきましたし。日中は16〜18℃程度で非常に爽やかなのですが、もう少し夏の暑さを楽しみたかったです。

             

            というのは人間の私達だけで、ティトは変わらずただただ今を楽しんでします。

            ティトには犬種も年齢も同じネモという大親友がいます。ティトはネモ宅の前を通り過ぎる時、いるかなーと必ずチラチラ気にします。そんな風にチラ見したある日の散歩。期待通り、ご主人とネモが庭でくつろいでいました。その姿を見るや否や、リードをグイグイ引っ張って庭に入って行こうとするティト。だいたいいつもご主人か奥さんが気付いて庭に招いてくれますが、そうでない場合は大きな声で挨拶をして、今遊べますか?と伺います。優しい飼い主さんと可愛いネモ。ティトは尻尾が取れそうなくらいぱたぱた振っています。

             

             

            ティトはハバニーズの中ではとても大きいのですが、ネモは更に若干大きく、じゃれ合うには適している体格同士です。

             

             

            ネモにとってもティトが一番の親友だそうです。取っ組み合って遊んでいる2匹は、これ以上ない程楽しそう。家の近所にこんなに良い友達がいて、本当に幸運だと思います。

             

            散歩は朝と昼が私で、夜は彼の担当です。

            彼との散歩時間でよく会う近所の犬がいるそうです。

            何匹かいる友達の中でも、私はその犬にだけは会った事がなかったのですが、先日遂に対面する事ができました。

             

             

            12歳、メスのミニチュアシュナウザー、ペニ。

             

            写真からも分かるように、ティトの片思いです。

            しかし懐が深いペニ。ティトがお尻をくんくん嗅いだり、顔をペロっと舐めても、あしらうようにクイっと顔を背けるだけ。

             

             

            ねぇ遊んで!こっち向いて!と、一生懸命のティト。

            ペニが無反応なので、ティトは想いが過熱してどんどんしつこくなります。度が過ぎるとペニは豹変して2、3度激しく吠え、ティトは怯んで距離をとります。ティトが離れると、また地蔵のように穏やかになるペニ。学ばないのか、それでもなお振り向いて欲しいのか、何度もそのやりとりを繰り返すティト。

             

            彼に聞いたところ、毎回そんな感じらしいです。

            でも、境界線を踏み込まなければどうぞご自由に、とペニはいつも受け入れてくれるらしいです。犬も歳をとると色々許してくれるようになるのでしょうか。はたまた、もともとそういう性格なのか...。

             

            もう人生の折り返し地点を過ぎている私ですが、まだまだ許せない、許したくない事が度々あります。若い頃に比べればだいぶ減りましたが、ペニを見ていてちょっと反省しました。

             

            彼は私の境界線を楽しそうにスキップしてどんどん入ってきます。

            ペニを見て何か感じて欲しいところです。

             

            その境界線が多過ぎる&範囲が狭過ぎるのは、棚に上の上の方に置いておいて。

             

            毎度お読み頂き有り難うございます。
            ↓かなり上に置いておいたものを、時々下ろしてくる彼
            ですが、クリック頂けると嬉しいです。

            にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ

            0
              | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: |
              Profile
              Archives
              Comments
              Search this site
              Sponsored Links