SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 北欧ミトンできた...?

 

部屋の暖房が入り、一時期よりは随分と暖かくなった室内。対照的に外はどんどん寒くなっています。朝晩はマイナス、最高気温も1〜3度くらいです。そろそろ雪の予感です。

 

冬に向けて気分転換に毎日少しずつ編んでいたミトン。

色々書きたい事はあるのですが、とりあえず出来たものの写真をどうぞ。

 

vantar

 

なぜこの柄を選んでしまったのか...。

 

履き口から編んでいます。ラーメンのお皿の縁みたいな模様を編み終えたとき、これはまずいと思いました。柄の規則性を掴む頃にはもう次の違う柄になってしまい、いつまで経っても慣れない...。この先を考えるとクラクラしました。しかも毛糸はモヘア。白、ベージュ共に糸がふわっふわで絡まります。柄は間違わずに編み終えましたが、ふわふわ糸がそれぞれの糸に絡まってしまったため、目が埋まり間違っているように見えてしまいます。更に竹の編み棒とこのベージュが同じ色で、何度か目を数え間違えてほどく事数回。糸は裏で全て編み込んだので、ほどいた後に目を拾うのも難儀でした。色々な選択ミス。勉強になりました。

 

手のひらはこんな感じです。

 

vante

 

編み始めるときに色々な柄や編み方を調べました。

そんな中で今回はこの親指に挑戦してみたいと思いました。基本的なミトンは別糸で数目だけ編んでおき、後でそれをほどいて親指部分を編みます。でもこれはちょっと違いました。

 

vante

 

手首から増し目を繰り返し、増やした部分は親指付け根部分で休み目をします。上部へ続く部分は新たに作り目をして続けて編んでいきます。普段は勉強したくないくせに、英語とスウェーデン語の資料を読みあさりながらなんとか理解しました。でも本当に合っているかはわかりません。

 

親指は立体的ですし、可動域が広ければ広いほど手に馴染みます。どんな着用感なんだろう、というちょっとした好奇心から選んでいまったこの編み方。慣れていないせいもあり時間がかかりました。

結果、出来上がりはこんな感じに。

 

vante

 

想像以上に立体!

手にはめた時もその立体感は大いに感じます。やってみて良かった...。

 

ところで、裏面写真が何故片方しかないのか。

左手はどうしちゃったの?

 

ふふ...こうなっちゃったのです。

 

vante

 

毛糸が足りない。

 

なので正確には今回のミトン、未完成です。

ベージュの毛糸...あと1.5m、いや1mでもなんとか足りると思います。たった1m。されど1m...。

 

私はカレーやハヤシライスが大好きです。でもちょっと嫌な事もあります。ごはんだけ、もしくはルーだけが残るのが嫌なので、ちょうどよく両者が終わるように気にしながら食べます。それぞれおかわりが出来る状況ならいいのですが、どちらもこれっきり!という時には勝手にプレッシャーを感じながら食べています。

 

まさにそんな心境で編み進めていたミトン後半戦。白をごはん、ベージュをルーとしてどきどきしながら編んでいました。これ絶対ルー足りない...。最終的にはごはんだけでなんとかごまかすか...?でもそれじゃカレーじゃない!ってそもそもカレーじゃないんですがルー、おかわりしたい...。

 

悩んでも仕方がないので、近々毛糸屋さんに行って似たような色を買おうと思います。半端な毛糸を処理する目的もあったのですが、逆に毛糸が増える事になりました。また何か編みたいと思います...。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓スマホ用に指先があいているのもアリかも、と思う私ですが
クリック頂けると嬉しいです。(ただ色々面倒なだけ)

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

保存保存

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 制作について |
    # 友達みたいなセールスと香水

     

    世の中には色々な仕事があります。

    そのうちの一つ、セールス。私は学生の頃にテレアポのバイトをしており、とある業種のお店をタウンページを見ながらひたすら電話をして商品を売っていました。激怒されたりガチャ切りされる事は日常茶飯事。忙しい時間や興味がない人にとっては迷惑なだけでしょう。そんな中でも話を聞いたり買って下さるお客様ももちろんいましたし、どうでもいい事を楽しく話して盛り上がったりもしました。今、私のスマホには携帯販売のセールス電話がよくかかってきます。そもそも受け取りませんが、間違えて出ちゃった時には断ってすぐに電話を切ります。必要な人は話をする。そういう事です。

     

    昨日の夕飯時に家に人が来ました。

    そう、この話の流れ通りセールスです。ネット回線の。

    ちょっと玄関先じゃアレだから中に入っていい?と聞いてきました。私は部屋から顔だけ覗いており、対応したのはパートナーでした。いい?と言われてどうぞと答えた彼。玄関のドアを閉めて内側で話すだけだろうなと思い、私は部屋に籠って仕事に戻りました。

     

    でも...話し声は玄関ではない他の場所から聞こえて来るぞ...?

    そう思ってそっとドアを開けたところ、彼らはキッチンで談笑していました。パートナーは料理をし、セールスマンはどうやらキッチンテーブルのイスに座ってくつろいでるご様子。友達か?しばらく聞き耳をたてていると、一応ネット関連の話をしていました。月々これだけ払えば通信速度がなんとかかんとかで...と。

     

    私は日本のクラウドサービスを使っていますが、仕事に必要なそのサイトだけがなぜかブロックされてしまいます。友人に協力してもらい、色々な環境下で開けるかどうか試してもらいましたが、私達と同じような自治体管理のアパートではブロックされてしまう事が判明。その為、そのサービスを使う時にはスマホをデザリングし、携帯回線を使って仕事をしています。それをパートナーも知っているのできっと話を聞いてくれているんだと思っていました。

     

    それにしても長くないか…?

    またもやドアを開けてみると、全然関係ない旅行の話をしていました。その後、私はどこの国の人なのか、君たちはどうやって知り合ったのかなど訊ねており、おい君!と思わず突っ込みそうになりました。それを聞くには我々の関係は浅すぎです。パートナーはそれはシークレットと答えていたのでホッとしましたが。今私が出て行っても更に色々質問されて長引きそうですし、早く切り上げてくれないかな...と思っていたら、食事するからそろそろ...と本当の事を言ってくれました。よし。

     

    じゃあもし契約したいなら連絡してね!とセールスマンらしい台詞を残して去った彼。それを確認してからキッチンへ行って私は倒れそうになりました。

     

    セールスマンは強烈な香水をまとっていたようで、その匂いが充満していました。窓を全開にして風を送って空気の入れ替えをしましたが、まだあの人がここにいる!

    とりあえず寒いので窓を閉め食事をしましたが、あの人も一緒に食べている!そう思わせる残り香でした。

     

    私は知らない人が家の中に入ってくるのは嫌です。工事や修理の方なら仕方がありませんが、それでも落ち着きません。ましてや今回のようなセールスマン。悪い人のようには見えませんでしたが、人の考える事はわかりません。信用出来ない世の中なのは残念ですし、疑うのが本当に良い事なのかどうかは悩むところです。でも念には念を、用心あるべしとも思っています。パートナーはのどかな街で育ち、あまり疑う事をしません。私の気持ちはきっと理解出来ないだろうと思っていましたが、今回は僕もちょっとひるんだ、と言っていました。回線の様子を見たいから中に入りたいのかと思い、彼は入室を受け入れたそうです。でもキッチンに座って話しだし、これはまずいし面倒臭い、と思った様でした。今後は玄関先で話を終わらせる、と約束してくれたので安心しました。

     

    セールスマンが提示した金額やプランは私達にとって無駄が多く、結局今まで通り自治体管理の回線を利用する事にしました。契約を一つでも多くとるのが彼の仕事で、その為にはお喋りもある程度必要なのでしょう。どうぞ必要としている方にジャストミートしますように。そしてどうぞ我が家を”契約が取れそうな人達”として認識していないことを願います。無駄足で時間のロスになってしまうのは気の毒です。もし再びいらっしゃったら、契約の可能性はなし、そして香水はお控えなすって、と言いたいところです。

     

    余談ですが昔、香水が原因で見ず知らずのおじちゃんにキレられた事がありました。私の香水ではありません。そのおじちゃんの香水です。

    その時期はちょうど花粉症で、ひっきりなしにくしゃみをしていました。電車に乗っていた私。その隣に座っていた男性も花粉症だったのでしょう、私同様にくしゃみをしていました。そんな中、ある駅で乗って来たおじちゃん。セールスマン同様に強烈な香りをまとい、私と隣の男性の前に立っていました。すると突然キレたおじちゃん。

     

    私と隣の男性に向かい、お前らこれみよがしにくしゃみすんなよ!とどなってきました。へ?です。最初は誰に何をキレているのかさえわかりませんでしたが、オレの香水がそんなに嫌なのかよ!と睨まれながら大きな声で言われました。かかかかか花粉症なんですけど!と言いたいところでしたが、関わりたくなかったので無言でくしゃみを堪えました。いや、正直無理で何度かでちゃいましたが。隣の男性も同じく驚いたようで、チラ見したらずっとうつむいていました。

    私は怒りはありませんでした。それどころかちょっとおかしくて、笑いを堪えるのも辛かったです。幸い香水おじちゃんは2駅くらいで降りてくれたので、それ以上いちゃもんを付けられる事はありませんでした。おじちゃんが降りてからくしゃみをしまくった私達。男性と会話する事はありませんでしたが、きっと彼も笑いたかったはず...。

     

    おじちゃんは自覚していたのに何故あんなに香水がきつかったのか。

    迷宮入りの謎です。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓おじちゃんの風貌はカリビアン風ドン小西でしたが、
    クリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

    保存保存

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
      # スウェーデン語の編み物表記

       

      今年はどうした事か、例年よりも編み物にハマっています。

      今はミトンに挑戦中ですが、それを始める前に何かいい図案や参考書はないかと思って、家にある本をパラパラめくっていました。

       

      その本はスウェーデンで70年代に出版されたもので、古本屋で買いました。縫い物、織物、刺繍、編み物、の基本や応用の説明が載っており、勉強にはもってこいです。

       

      日本で出版されている編み物の本は図解付きでとても丁寧に説明が書かれています。編み方の順序も写真付きで載っているものもあり、非常に親切だと思います。でもスウェーデン。たぶん日本が特殊なだけですが、こちらの本には図解や編み図が載っていません。ただ言葉で書いてあるだけです。しかも略語で呪文みたいになっています。

       

      編み物本

       

      例えば。

      4stで58m。2rmと2am、resårstを続けて4cm。

       

      ルー語みたいになってしまいましたが、編み物をしている方ならなんとなくおわかりでしょうか。棒針4本で58目作り目。表編み2目、裏編み2目でゴム編みを続けて4cm、です。だいたいこんな感じで長々と説明文が書いてありますが、私は目で見て把握したいので、わざわざ編み図を作ったりしています。略語を解読した結果がこちら。マストなものだけご紹介したいと思います。

       

      v(varv)=段、週目

      m(maska)=目

      rm(rät maska)=表編み

      am(avning maska)=裏編み

      2 rm tills(sticka 2 räta maskor ihop)=左上2目一度

      öhpt(överhoptagning)=右上2目一度

      öka(öka 1 maska)=一目増し

      minsk(minskning)=減らし目

      återst(återstående)=休み目、残す

      resårst(resårstickning)=ゴム編み、リブ編み

      rätst(rätstickning)=ガーター編み

       

      これらは説明文に混じってひたすら出てきます。スウェーデン語表記の編み物を見つけたけどよくわからないという方、これでなんとなく出来ると思うので、ご興味がありましたら試してみて下さい。私の叔母は全くスウェーデン語がわかりませんが、勘のみで複雑な模様と色の帽子を編んでいました。経験>読解力。恐れ入ります。

       

      そうそう、私がパラパラ見ていた本ですが、70年代なのでデザインやシルエットがなかなか面白いことになっています。モデルのメイクやポーズもそうですが、小物もパンチが効いています。

       

      編み物本

       

      福。

      可愛いニットのワンピースよりも福ネックレスと人形が気になります。どうして。どうして福。

       

      そしてこちら。今ではあまり見かけませんが、その時代は全身ニットが流行っていたのでしょうか。むにむに加減が伝わって来て非常にかわいい。

       

      編み物本

      バブー。

       

      義母は彼が小さい頃にいくつも洋服を編んだそうです。

      赤ちゃんの頃のアルバムを見せてもらいましたが、冬の写真はほとんど義母作全身ニット。そのうちの一枚が巨大化されて額縁に納められており、両親が私にくれました。

       

      乳児

       

      バブー斜め座り。

       

      彼は子どもの頃の自分をヨコヅナと呼んでいます。おにくがぽってりで超巨大な赤ちゃんでした。きっと編む分量も多かったことでしょう。写真は前にファスナーがついています。懐かしそうに写真を眺める義母。お母さんの愛情を沢山受けて育ったのは彼をみているととてもよくわかります。

       

      少し成長したヨコヅナ。

       

      幼少期

       

      サングラス、かけてみました。

       

      ニット帽、セーター、パンツ、靴下。これまた義母によって全身編まれたものでした。すごい...。他の子ども達のお世話もし、仕事も家事もこなし更に編み物まで。昔話をしているとその頃は大変だったと言いますが、でも楽しんでいたわとさらりと言います。

       

      私は当時の彼女よりも数倍自由な時間があります。

      なのに進まない色々。結局自分に甘いのでしょうが、楽しみながら読解しつつ今年はもっと編みたいと思います。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓今現在おにくの私
      ですがクリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

       

      保存保存

      保存保存

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
        # 古い暮らしの知恵

         

        彼には可愛い姪っ子がいます。

        好奇心が旺盛でエネルギーが満ちあふれており、いつも元気いっぱいです。そんな彼女がおばあちゃんである彼の母親と一緒に散歩に出掛けたそうです。今年は天気が悪く、秋にも関わらず数えるほどしか太陽をみていませんが、まだなんとか紅葉が楽しめます。そんな自然の中を歩いていた2人。あるものを発見し、是非プレゼントしたい!とわざわざ私の為に姪っ子が取って来てくれました。

         

        björkticka

         

        なんだと思いますか?

        答えを聞いた私は想定外で非常に驚きました。

         

        見た目は木の何か。

        重さはとても軽く、表面はそれこそ木のように固くて、叩くとコツコツ音がします。

         

        言われてみれば...という答えは、きのこです。

        björkticka(ビョルクティッカ)と呼ばれるキノコで、白樺の木に生息するそうです。幹の表面にポコっとできるこのキノコは、一年すると死んで固くなるそうです。でも内部では菌は生きており、また新たにポコッと生えるんだとか。

         

        björkは白樺という意味ですが、tickaは多孔菌という意味だそうです。wikiで調べましたが日本語でもよく理解できません。そういう種類、としてスルーします。

         

        もらったこのキノコは乾燥しています。そして使い道があります。

        その用途とは何でしょう?

         

        だから姪っ子は私にくれたのか!と答えを知って私は納得しました。

        はるか昔、スウェーデンではこれを針山として使っていたそうです。

        私も実際に刺してみました。

         

        nåldyna av björkticka

         

        不思議な感覚...。

        表面は固いのですが、あくまでこれはキノコです。乾燥しているので少し力は必要ですが、すーっと差し込めます。私はシイタケやエリンギなどのキノコを包丁で切るのが好きです。あの感触に似たものがコレにもありました。クセになりそうです。

         

        針山として使い始めた人はどなたでしょうか。すごい知恵です。抜くのにも少し力がいりますが、それには利点もあったそうです。幼児には抜けないので、小さいお家で子沢山だった昔のスウェーデンでは最適だったんだとか。なるほど。ついうっかりその辺に置いちゃっても大丈夫。忙しいお母さんの味方キノコ。暮らしの知恵って面白いです。

         

        このキノコはスウェーデン中に生息しているそうなので、私も今までに何度も目にしていたのでしょう。全く気にした事がありませんでしたし、気付いたとしてもただのコブくらいにしか認識していなかったと思います。教えてくれる人が周りにいるのはとても有り難い事です。こういう事を知ると散歩が楽しくなり、自然を見る目も変わります。あれは何だろう?と自分から興味を持って色々調べれば更に視野は広がるでしょう。でも興味を持つまでにはなかなか至らない私。更にぼーっと歩いているため視界にも入りません。興味を持つ以前の問題でした。

         

        少し意識して自然の中の散歩に挑みたいと思います。

        (疲れそうなので期間限定)

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓無言でゆっくり針の抜き差しを繰り返す危険人物、私
        ですがクリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

        保存保存

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
          # 禁止令

           

          昨日書いた通りプールで額を怪我した彼ですが、今日は無事に仕事へ行きました。おまけにプールにも。

           

          傷はまだ痛むと言いながら出掛けました。医者も問題ないと言っていたそうですし、本人も平気だと思っているのなら好きなようにするがいい、と思っていました。ただ、ばい菌が入りそうですし濡れたら傷口が開きそうです。

           

          怪我をしたのを知っていたプールの従業員達も、今日彼をみて驚いていたようです。泳いじゃって大丈夫?と。

           

          そんな彼の顔には今日傷がもう一つ増えました。

          コースロープを張ろうとした監視員。手伝ってあげるよ、とプールの中で待っていた彼。すると監視員が手をすべらせてロープを落とし、彼の顔面に直撃。眉間を切ってしまいました。まさに踏んだり蹴ったり。昨日よりはひどくなく、すぐに治る程度の切り傷でしたが気の毒に...。額じゃなかったのが不幸中の幸いです。

           

          水泳中はゴムの帽子を被っているので水の侵入はだいぶ防げますが、それでも水泳から戻った彼の絆創膏は少し濡れていました。傷口がふやけるのはよくないので、貼り直してあげる事にしました。少し緊張して絆創膏を取ると、傷口は半透明のテープで留められていました。でも傷の様子はなんとなくわかります。これは...縫わなくてもいいのか...?と心配する見た目でした。そしてよくこれで泳ぎに行ったな、と改めて思いました。

           

          私は十代後半にスノーボードにはまっており、シーズン中は何度も滑りに行っていました。たいして上手くもないくせにジャンプ台で遊んだり、調子に乗っていました。今日はあと1本滑ったら帰ろう、と言っていたその1本。醜くジャンプをして華麗に転びました。どんな体勢だったのか摩訶不思議ですが、ボードのエッジで額を切り流血。スノーモービルで運ばれ病院で7針縫いました。その頃立て続けに怪我をしていたため、両親からは外出禁止令が出されました。しかも全ての怪我は単独事故、100%私の不注意によるものでしたので、お怒りはごもっとも。元気だから出掛けてもいいじゃないか!と抗議しましたが、今になればわかります。そういう子はいけません。

           

          そんな私ですが、さすがに今日は彼に水泳禁止令を出しました。

          あの傷は水に触れてはならぬ。と思ったのと、こんな時は災難が続くものだ、というぞわぞわした感覚から発令しました。最初彼は昔の私のように抵抗しましたが、徐々に納得。今週は行かないと約束してくれました。

           

          よし、休むぞ!と前向きに宣言して買い物に出掛けた彼。

          その後デジャヴュが起こりました。

           

          アイス

           

          今日も怪我しちゃったし半額だったし、買っちゃった!そうです。

          得しているのか損しているのか...。喜んでいる彼を尻目に考える事をやめた私。もう、お好きに、どうぞ...

           

          私は昨日の甘さでだいぶ懲りたので、食べていません。

          でもストロベリーならいけるかな?と思い、またもやネットで検索してみたところ...

           

          アイス

           

          写真左はチョコクリームアイスにキャラメルソース、クッキー、チョコチップ。これは無理です。食べられそうだと思った右側は中身を見て白目に。クリームアイスにイチゴとマシュマロソース、バター入りの何か、ホワイトチョコ。これも無理だ...。

           

          無理じゃない怪我した人は、今日はどれにしようかなーグフフ!とほくそ笑んでいます。

          私が食べられない事を計算ずくでこれらを...?ま、まさか。今度は私も買い物について行こうと思いました。いや、その前に怪我同様、アイス祭りも終息を迎えて頂きたいです。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓色々な意味で縫い物とは縁が深い
          私ですが、クリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

          保存保存

          保存保存

          保存保存

          0
            | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
            Profile
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links