SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# シェフと貝

 

彼の両親を自宅に招いて食事会をしました。

 

私達が両親宅へ行く時、ほんの少し顔を出すつもりが御馳走になっちゃって...なんてことはよくあります。僕も定期的に両親を招いて恩返ししたい、ということで早速一緒に夕食は如何かと連絡してみました。夏は外出が楽しくなります。冬は天候次第で招くのはちょっと憚られますが、この季節は気兼ねなく誘えます。

 

朝から彼はメニューを考え、レシピを検索し、そわそわしながら買い物へ行きました。集中して作る彼の料理はほとんど失敗することはなく、私は安心して楽しみにしていました。しかし彼は喜んでもらいたいが故、失敗したらどうしようとナーバスになります。私は邪魔をしないよう、そして余計な口を挟まないよう、貝に変身。

 

親孝行なシェフ。

彼が帰ってくる前に貝は部屋を掃除です。

 

普段食事をするキッチンは私達2人なら十分なスペース。でも4人になるとちょっと手狭であり、窓も開放できません。そこで、外の風も感じられるリビングにテーブルを持ってきてセッティングしました。

 

食事会

 

夏の間はこれが定位置でもいいかもな、と思っています。

とても気持ちがいいです。

 

買い物から帰ってきたシェフは、早々に準備を始めました。

まず。

使う道具をとりあえず全部並べる。それ...使う時に出せば?と言いそうになりました。だめです。貝なので。私は食べる時に流しに食器が積まれているのは好きではありません。なので自分が料理をするときは作って洗って片付けながらします。ですが彼の場合、サッとすすいでまた使う、という事をしません。少しでも使えば流しに。そして新しい何かをまた使う。よって流しはどんどん山盛りになります。今日は普段に増して山が高くなりそうだ...と思ったので、シェフの隣で必死に洗い物を片付けました。貝は喋らないのでケンカにもなりません。いい作戦。

 

いいコンビになれた結果、予定通り料理は仕上がり、両親もやってきました。

 

まずは前菜。さぁどうぞ。

 

アスパラ

 

グリルしたアスパラにレモンの味がする濃厚ソースを添えて。

大好きな松の実も振りかけられ、私はむしゃむしゃ食べました。

 

主菜はテリーヌ。

 

テリーヌ

 

思っていたテリーヌと違いますが、レシピにはそう書かれていたようです。

ジャガイモとコケモモジャムと一緒に完食。少し味が濃かったので、白米が欲しくなりました。何杯でもいけそうで、逆になくて良かったかもしれません。美味しかったー。

 

飛んでいる鳥について話したり、昔話を聞いたり...。満足した食事の後にはデザートもありました。

 

マンゴーケーキ

 

メレンゲマンゴーケーキ。

 

スポンジケーキにメレンゲをミックスしたような生地に、マンゴーとからめた生クリームが挟まっています。そして上にはまた松の実が。甘そうなので少しだけと味見してみましたが、マンゴーが甘みを抑え、松の実がいいアクセントとなり予想外の美味しさでした。コーヒーがすすみます。

 

両親はとても喜んでおり、彼も大満足だったようです。私ももちろん嬉しく、次はいつかなーと既に次回が楽しみです。私がシェフとして参加できるのはいつになる事やら...。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓お優しい皆さんはもはや誰も私に料理を期待しませんが、クリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

保存保存

0
    | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 料理 |
    # 戻りた...くない

     

    今日はとても天気のいい日でした。気持ちがいい北スウェーデンの初夏。

    蚊はまだそんなにいないのでバルコニーのドアを開放し、部屋でくつろいでいました。小鳥のさえずりが聞こえ、風にそよぐ木々の音がさわさわと耳心地よく、あぁなんて素晴らしいんだと思っていたその時。

     

    突然ザーっという音が聞こえてきました。

    急に風が強くなったと思いそのままだらだらしていたら、どうやら雨らしいことに気付きました。ドアを閉めないと、とバルコニーへ行って感激。

     

    虹

     

    ダブルの虹!!

     

    ちょうど一年位前にもWレインボーを目にしました(こちら)。

    また見られるなんて。思わずうわぁと声に出ました。

     

    虹

     

    たいして変わらない写真を何枚も撮ってしまいます。

     

    雨は2分くらいですぐにやみ、せっかくだからしばらくバルコニーに座って虹を眺めようと思いました。が、下を見て驚愕。

     

    花粉

     

    キャフン...?

     

    屋根がないので濡れるのは承知の上でしたが、どうしてひと雨でこんなに汚くなるのか...!空気中に舞っている花粉が雨粒と共に地面へ叩き付けられ、こんな惨状になったと思われます。毎年だいたい2週間くらいで落ち着く花粉症状ですが、今年は長引いて今でもくしゃみがよく出ます。目も痒いです。さらにこんな現実を目にすると気持ち的にやられます。明日の掃除が憂鬱です。

     

    ちょっと話が変わりますが、金曜日は高校の卒業式でした。

    街では卒業生達を乗せたトラック数台がゆっくりうねうねと走っており、とても賑やかでした。

     

    卒業式

     

    水兵のような帽子を被り、若者っぽい音楽をガンガンにかけ、お酒っぽい何かを飲み、テンションはずっとMAX。沿道の人々はおめでとう!と声をかけたり、拍手を送ったりしていました。楽しいでしょうね。思い出に残る一日でしょうね。

     

    汚いバルコニーに座って虹を眺めながら彼らを思い出しました。

    希望の象徴、虹。

    高校時代、私はこんなに楽しいひと時はない、というくらい学生生活を満喫していました。もうやってこないであろう”今”が過ぎてしまうことに焦り、貪欲に日々を過ごしていました。未来は未知過ぎて、逆に怖くもありませんでした。

     

    が。

    あの頃に戻りたいとは一切思いません。

    若さ故に色々と自分を偽っていた部分も多く、実はそんなに楽しんでいなかったかもな、と今冷静に思います。よくよく考えると面倒臭いことも多かったですし。それを裏付けるように、今となっては高校時代の友人だけは誰一人として繋がっていません。私は本当に高校に行っていたのかな?とさえ思います。

     

    あれ?

    楽しかった若かりし頃の思い出と共に何かいい事を言おうと思っていたのに...。そうそう、若いってそれだけで素晴らしい。今をどうぞ楽しんで。そういうことです。とってつけたような文句ですが、ジンジャーエールで若者の門出に一人乾杯でしました。私も今を楽しもう。

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓体が冷えてお腹が痛くなり、今を楽しめない私ですがクリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

    保存保存

    保存保存

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
      # プライドフェスティバル

       

      週末は街でプライドフェスティバルが開催されました。

       

      praidfestival

       

      LGBTの人々への差別や偏見をなくす、またその文化を讃える為のイベントです。それを象徴するレインボーカラーの旗。バスや店先など、街の至る所に掲げられていました。

       

      パレードには行けなかったのですが、街ではプライド関連の様々なイベントが行なわれていました。中心地にある公園では屋外ヨガが体験出来るとの事。せっかくなので私も行ってきました。青空の下、芝の上にヨガマットを敷き、そよ風に吹かれながら行なうヨガ。人が沢山いるから見られるのはイヤだな、と思っていましたが実際は色々とどうでもよくなりました。途中から参加しましたがとても気持ちが良く、自然に感謝☆という普段言わない台詞も思わず言いそうになりました。終盤にはちょっと日が陰り寒くなってしまいましたが、なんだか夏を満喫している気分になり、参加してとてもよかったと思っています。

       

      同じ公園の敷地内にあるスポンサーのブースをまわってみたところ、無料で色々なモノを頂けました。

       

      praidfestival

       

      レインボークッキー。甘かった...。

      隣はオレンジ風ジュース、でしょうか。昔駄菓子屋で買った粉末オレンジジュースを思い出しました。

       

      ほかにも子どもが喜びそうなタトゥーシールやリフレクションキーホルダーも頂きましたが、嬉しかったのはこちら。

       

      praidfestival

       

      自転車のサドルカバーです。

       

      HEN FÖR ALLA. ALLA FÖR HEN.

      一人はみんなの為に、みんなは一人の為に。

      ちょっとニュアンスは異なりますが。

       

      言葉は文化を象徴していますが、ここに書かれている”HEN”もその一つです。スウェーデン語で”彼”は”HAN(ハン)”、”彼女”は”HON(ホン)”です。ですがその2つに当てはまらない人もいるわけです。ということでどちらにも使える代名詞”HEN(ヘン)”が誕生しました。普段はあまり使いませんが、たまーに耳します。日本語の場合は...どうなるんでしょう。難しいですね。

       

      小学校3年生の時の担任が毎日のようにこの言葉を言っていました。

      なかなかいい言葉だな、とその時思っていましたが。みんなが私一人の為に何かを頑張ってくれるのは...ちょっと居心地が悪いな、別に頑張ってもらわなくていいな、逆はいいけど。と思い始めた小学校4年時。ん〜ひねくれた子ども。本当はもっと可愛らしい感じを予定していたんですが、ここら辺でもう無理かも、と今後の人生を悟りました。今思えば。ってそんな私の話はどうでもよく。

       

      私の住む街でも当たり前にLGBTの人はいます。私にはロマンテックでパッションな何かが欠けているので、男女だろうがLGBTだろうが、いちゃつく人がいたらチラ見してしまいます。昭和の日本人なもので。性別以前の問題ですがそれはまぁ再びどうでもよく。

       

      人として思いやりがあるかどうか、性別云々よりそういう事の方が大切な気がします。意地の悪い人は女でも男でもLGBTでもイヤです。世界に平和を。壮大に締めくくりたいと思います。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓一人で部屋にいると平和ボケする、ある意味危険な私ですがクリック頂けると嬉しいです。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

       

      保存保存

      保存保存

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
        # 春のムーミン

         

        先日の続き、iittala outletにて。

         

        私は原画のムーミンが好きだと書きましたが、まさにそんなマグカップを見つけました。

         

        ムーミンマグ

         

        "Trollkarlens hatt"という原作の表紙である水彩画をプリントしたもの。

        7色の異なる色に、27種の陰影を加えて描かれた物だそうです。色使いもそうですが、お馴染みのキャラクターが好きなように過ごしていて、ずっと見ていても飽きません。まさに芸術。

         

        2017年6月19日にフィンランドのタンペレに新しいムーミン博物館がオープンします。もうすぐですね。それを記念して、美術館とコラボレーションして発売されたのがこのマグカップだそうです。

        その美術館のサイトがこちら

        日本人はムーミンが好きだ。というのはスウェーデンでもフィンランドでも知られています。よって、日本語もきちんと用意されており、すいすい読めます。サイトの冒頭にこのマグの絵がバーンと載っていました。ぜひご覧あれ。

         

         

        買おうかな、どうしようかな、と散々悩んで買ったマグですが、同じようにパートナーも悩んでいました。買ってしまえ!と叫びたくなったこのボウル。

         

        ムーミン

         

        "Vem ska trösta knyttet?"(誰がクニートを慰める?)というお話の表紙です。

        私は読んだ事がありませんが、読みたくなりました。手前の黒い男の子がきっとクニートでしょう。なにがあったのか...。それにしても色がまた素敵で、彼が悩むのもわかるわぁと納得です。

         

        そしてもう一つ。同じお話の絵を使ったプレートも悩んでいました。

         

        ムーミン

         

        やだもう!かわいい!

        2人はどんな話をしているのでしょう。

         

        え?あなたそんな好みだった?とまたもや彼に聞かずにはいられませんでした。そうだよ、ちょーうすきだよ。とカミングアウトし、2つの食器を手に取って悩む事かなり...。プレートは使わず芸術として部屋に飾りたい、と言っていました。

         

        彼の誕生日は来月です。

        もしそんなに欲しいなら、そのプレゼントとして私が買おうか?と提案してみました。これはもちろん純粋な気持ちからではありません。私も欲しいと思ったからです。うわー正直で引く。私もです。

        本当に!?と一瞬喜んでレジへ向かいかけました。が、衝動買いと言えば衝動買い。素敵さに変わりはありませんが、本当にこれらでいいのか...。と躊躇。誕生日になっても欲しかったらプレゼントはこれに決める。と言って結局買いませんでした。

         

        私の心が見えていた...?

        邪念があったからこそゴリ押しすることも出来ず、彼の意志を尊重しました。惜しかったな...という声が聞こえていない事を願います。

         

        近々図書館へ行って本を借りて来よう。

        あのマグカップでコーヒーを飲みながら辞書をひいて読んで、いつのまにか寝よう。楽しみです。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓きっと2ページ目くらいで眠れる私ですがクリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

        保存保存保存保存

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
          # 安易な進路

           

          毎年この時期に行なわれるマラソン大会に行ってきました。

          今年ももちろん応援のみです。

           

          マラソンスタート

           

          3ブロックに別れて順番にスタート。

          この方々はタイムを計るグループです。時計をチェック。かっこいい。

           

          高校受験の時、同レベルの2校でどちらに行くのか悩んでいました。

          どちらも特に可もなく不可もなく、決め手に欠けていましたが。悩んだ末、最終的な決断材料はマラソン大会の有無でした。なんて安直。でもそれくらい長距離を走るのが苦手で嫌だったのです。

           

          でもこの人々は...楽しそう。

          見ているとこちらまで爽快感。走るってほんと気持ちがいいよね!と思わず言いたくなってきます。私が実際走ったら絶対口にしなさそうな言葉ですが、スッでてくる不思議。想像力って便利です。

           

          友人達も参加していたのでそのスタートを確認してから、第2応援スポットまで先回りして待機する事に。

           

          給水地点

           

          給水地点。

           

          お天気にも恵まれ快晴でしたが、走る人にとっては暑そうでした。

          19時からのスタートとはいえ、太陽はまだ高く日射しはきついです。

           

          友人達全員のゴールも見届け、皆でその後のイベントや野外フィーカを楽しみました。

           

          マラソン後

           

          スポンサーのコープが色々なブースを設けており、ちょっとしたゲームをすると商品でチョコやお菓子がもらえます。なんだかお祭りみたいで、私も便乗して雰囲気を楽しみました。

           

          かなり沢山の人で賑わっており、広場にはこんなものまで用意されていました。

           

          休憩所

           

          ゴロンできるクッションや携帯等の充電器。

          その他ビニールを膨らませた巨大ソファもあり、みんな友人や家族で集まって楽しんでいました。

           

          数人のグループで参加すると、景品がもらえます。

          その中の一つを親切な友人が私にくれました。

           

          ヨーグルトドリンク

           

          美味しかったー。

           

          イチゴとライムのヨーグルトドリンク。

          パッケージもかわいいし、ちょうど喉がカラカラでしたし。走ってないけど。

           

          走りはダメだけど泳ぎなら...。

          遠泳大会があったら参加する可能性がなきにしもあらずかもしれないのに残念だな、と思っています。本当に残念?はて、いかに。

           

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓そもそも遠泳大会にエントリー出来るタイムじゃない私ですがクリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

          保存保存

          保存保存

          0
            | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
            Profile
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links