SIMPELT LIV

som är inte så simpelt
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 落ち込んでいたけれど。

 

日照時間が日に日に長くなっています。

21時を過ぎても部屋には力強い西日が差し込み、時間の感覚がおかしくなっています。のんびりしていたらもう23時!なんて事がしょっちゅうです。

 

昨日もとても天気が良く、パートナーと自転車に乗って出掛けました。

家から近い湖の畔は2年以上工事しています。そこには新しく遊歩道が作られており、今年の夏には工事が完了してBBQや水遊びなどが出来るようになります。もうすぐ。昨日久々にその付近を通ってみると、だいぶ完成していました。とてもキレイに整備されており、散歩したら気持ち良さそうだと楽しみになりました。

すると隣のパートナーが大声で一言。

 

 

 

すもい!

 

 

 

え?聞き直しても同じく、すもい。

なんだ?すもいって。すもも食べたい?

 

以前は言えていたのに、しばらく使わないうちに忘れる単語がいくつもあります。すもい=すごい。わからなくもありませんが、大声で自信たっぷりだったのでおののきました。でもすごいってしょっちゅう使っているよね?急にどうしました?

失礼は承知で、私は彼の間違った日本語がおかしくて笑ってしまいます。幸い彼も一緒に笑ってくれるので助かっていますが。

 

そんな彼が今日、ちょっと嫌な事があり気落ちしていました。

明日は遠方から親友が来て会えるというのに、なんだかどんよりしています。こんな時、思っている事を話して楽になれればいいのですが、どうにも気分が切り替えられないこともあるものです。少し気の毒に思い、ある事を提案してみました。

 

ちょっとさ、アレを着て気分転換してみない?

 

アレの存在を忘れていた彼はハッ!となり、わりと二つ返事でのってきました。アレって...コレです。

 

忍者

 

ニントモカントモ。忍者です。

 

なぜこんな衣装が我が家に?

靴は以前彼が日本に来た時、浅草で一目惚れして買っていました。それ以来2度目の着用です。衣装はずっと前に知り合いから買ったそうです。でも着方がよくわからなくて放置したままでした。私が引っ越して来た時に見つけ、奥にしまっていました。

 

それにしても、忍者って刀持っていた...?

そうだね、いらないね、という訳で2枚目。

 

忍者

 

ちょっと前屈みぎみの忍。

 

っていうか、さっきまでの落ち込み様が嘘のように生き生きとしだしました。

すもいな...。

 

この後、壁に張り付き、ぬいぐるみ相手に殺陣を試み、非常に楽しんでいました。私は色々な角度からそれらを逐一写真に収め、彼の気分転換に従事しました。

 

たまにはバカな事をやってみるのも楽しく、いい気分で一日が終われそうでなによりです。

 

毎度お読み頂き有り難うございます。
↓たまには?うそだったな、しょっちゅうだな、と思う私ですがクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

保存保存

保存保存

0
    | comments(1) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
    # 不思議な世界 dunderklumpen!

     

    先日レトロ生地のはぎれセットを買いました。

    その中にあったある生地。

     

    dunderklumpen生地

     

    何かのキャラクターです。

    ネットではよく見かけていました。でも特に興味はないし、ふーんと思っておりましたが。いざ自分のものになってみると気になり始め、これはなんだ?と調べてみたくなりました。

     

    来月に迫ったスウェーデンの夏至祭。それは一年のうちで最も大きなイベントです。降り注ぐ太陽の光を満喫し、日本のお正月と同じく家族で過ごします。そんな夏至祭当日を舞台にした映画、dunderklumpen!(ドゥンデルクルンペン)。実写とアニメーションが融合した映画で、1974年にスウェーデンで公開されました。

     

    この生地の動物達はその映画に出てくるキャラクター達でした。

     

    そこまで調べてもこのキャラ達が可愛いとは特に思わず、あいかわらずふーんでした。でも...言葉の勉強にもなるし、映画を観てみようと思いました。

     

    Dunderklumpen

    ※画像元:www.jeugdfilmfestival.be

     

    以下ネタバレありです。

    真ん中に座っている帽子のおじさん。彼がドゥンデルクルンペンです。彼はずっと一人ぼっちで暮らしています。ところが、夏至祭の日。その日だけはどうしても孤独に耐えきれなくなり、画像にある実写の少年の家に忍び込み、彼の妹の人形に魂を吹き込んで誘拐します。友達になりたくて。人形達は最初抵抗していましたが、そのうちドゥンデルクルンペンとの道中を楽しむようになります。ところが帰る途中、この少年、Jenに見つかります。Jenはヤギと共にあとをつけていきますが、寝る時間になっても家に戻らないJenの父は心配し、息子を捜しにいきます。

     

    逃げるドゥンデルクルンペン一座、それを追うJen。を追う父。

    途中からJenと父は合流し、なんとか一座に追いつきます。

    が、途中で一座を陥れようとする輩があらわれトラブルに。色々な人の助けもあり最終的にはその輩とも和解、優しくみなハッピーな結末でした。大切なものは何なのか...。意外にも私はだいぶ感動してしまいました。

     

    間延びしていると感じる事もありましたが、お話としては面白く、喋ったり歌ったりするキャラクター達がもの凄く可愛く、映画を観た後の生地への愛着度は180度変わりました。ヤギのお利口さにもびっくりです。

     

    残念ながらはぎれなので全てのキャラがいません。

    常にお腹が出ている人形の女の子が特に可愛く、お気に入りです。

    今度ははぎれではなく、全キャラを入手したいと思いました。

     

    映画は割とわかりやすいスウェーデン語なので勉強中の方にはぴったりだと思います。私自身、なんとなーくな部分が多々ありますが。現在youtubeで視聴可能です。ご興味のある方は是非!

     

    毎度お読み頂き有り難うございます。
    ↓でも...この生地で何作る?肝心な部分を考えていない私ですがクリック頂けると嬉しいです。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

     

    保存保存

    保存保存

    0
      | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 北欧生地 |
      # 犯人は誰だ!

       

      白いパン、いわゆる精製された小麦粉を使った食パンタイプのものですが、私達は今まであまり食べませんでした。彼が好んで食べるのは黒いパン。ライ麦などで作られたわりとずっしりしたパンです。私はどちらも好きなのですが、白いパンは体の負担になるから...と言って滅多に食べなかった彼。

       

      ところが、最近になって食べ始めました。

      なぜ?

      だっておいしいから。だそうです。シンプル。

       

      そんな時、いいタイミングで彼の家族からハチミツを頂きました。

       

      ハチミツ

       

      ドイツの会社、gepaのハチミツです。

      中でもチョコレートが有名だそうですが、発展途上国の生産者達にも公平に利益が巡り、皆が世界で共存していこうという素晴らしい姿勢の会社です。しかも環境や成分にも気を配り、まさしくbioな商品です。

       

      パッケージは何語なのでしょう。やはりドイツ語なのでしょうか。わかりません。味は...canela?ってことはkanel?写真にチラっとシナモンが写っているので、そうだとみなし頂きました。

       

      ハチミツ

       

      トーストに塗って食べると、予想通りのシナモンでした。口内にじわっとハチミツが広がり、とても美味しかったです。でも...シナモンだけではなく、何か違う味もする...。HPを見てグーグル先生に訳してもらったところ、ナツメグ、カルダモン、グローブも混じっているそうです。やっぱりね、とうなずける程私は勘が働きません。…なるほど。そう唸ってページを閉じました。

       

      ところでこのハチミツすくうやつ。

      私はいつもハチミツすくうやつと言っていました。ハニーディッパーと呼ぶんですね...。長年放置してきたうやむやですが、やっと正式名称を覚えました。和訳すればハチミツすくうやつなのですが。今回、ハチミツと一緒にこのハニーディッパーも頂きました。瓶にズブっと入れて早速使ってみたところ、このハチミツには合わず。トロっとしていないのでバターナイフで十分でした。この溝にハマったハチミツをすくうやつが更に必要になり、すくうやつをすくうやつ...!と一人キッチンであわあわしました。

       

      順調に食べ進め、残りもわずかになった今日この頃。

      彼の口には合わないらしく、私しか食べていません。

      減っている=私が食べている、のですが、ふざけて彼に言ってみました。

      こんなに減っているのは他の誰かがこっそり食べているからだ!と...。

       

      するとちょっと待ってね、と言って彼はどこかに行きました。

      しばらくしてこちらへどうぞ、と招かれ行ってみると...。

       

      犯人

       

      犯人。

      ゴソゴソしていると思ったら、こんなことを書いて仕込んでいました。

      確かに熊ですし疑われても仕方が...なくない!

       

      楽しい茶番で気が紛れました。

      売られている場所を聞き、今度は自分で買おうと思います。

       

      毎度お読み頂き有り難うございます。
      ↓お皿などを割っちゃった時のため、”犯人”の紙はとっておこうと思っている私ですがクリック頂けると嬉しいです。(もちろん熊のせいに...する)

      にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

       

      保存保存

      保存保存

      保存保存

      0
        | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 暮らし |
        # 続く私の未練

         

        しつこい。蛇か?とよく家族に言われた私ですが、嫌なことも良いこともわりとじっくり覚えている、yes。蛇です。

         

        昨日から続いている私の未練がましい投稿ですが、いきます。

        今日はフィンランドのアレ、yes。アラビアです。

         

        ARABIA

         

        欲しかった...。縁取りのオレンジと地のアイボリー...。状態はもとても良好。

        が、先日のロッピスで私は同じタイプの食器を買っていました。それは縁取りが緑でした。これが一期一会...!もう買ってしまったものは後悔していませんが、もやもやが残ります。あと一年くらい経てば買っちゃいそうですが、すぐ売れちゃうんでしょうね...。

         

        ARABIA

         

        オハナ...。好きなんですけど!って心の中で告白しました。でもヒビもあり、着色もかなり目立っていたので、目の保養としてしばし眺めました。

         

        ARABIA

         

        私は黄色と黒の組み合わせが好きです。

        目にした瞬間、色合いが気になりました。このポットは高い場所の一番奥にあり、手が届かず。店の角にあった脚立をわざわざ運んで手に取りました。値札には売り出した月が印字されていますが、これはかなり前から売られていたようです。今まで全く気付きませんでした。

        写真右でおわかりの様に、かなりヒビが入っています。そしてちょっと無理なお値段でした。しかもポットは使いません。結果買わないのですが、いつか気が変わったときのため、あまり人目につかない元あった場所にそっと戻しておきました。誰も...気付きません...ように。

         

        そしてとりあえず最後です。

         

        rörstrand

         

        arabiaではなく、rörstrandです。昨日貼り忘れました。

         

        japonica!ちょっとチャイナ風な感じがしないでもないですが、小粒の梅の花が可愛らしいです。

         

        ジャポニカと言えば学習帳であり、昆虫好きはテンションが上がる、という程度の知識しか私は持ち合わせていません。japonicaを知らなかったように、見た事がない食器はまだまだ沢山あります。人気の高さはもちろん素敵さに比例しますが、人間、流される部分も少なからずあると思います。人気度高し、レアモノというだけで買ってしまう場合もあります。私は本来そうです。が、なるべくそういった見方をやめ、自分が本当に好きなものを見るよう毎度心がけています。誰しもが違ったセンスを持っており、その違いが面白いんだと思います。似たセンスの人と一緒に買い物するのも楽しいですし、違うセンスの人とは発見があって面白い...。

         

        なんだか都会で友人と雑貨店をはしごしたくなってきました。

        しかしそれはココでは無理...。友人とただひたすら街を歩くことはできますが。

        2日間に渡って綴った未練同様、気持ちを切り替えて過ごしたいと思います。

         

        毎度お読み頂き有り難うございます。
        ↓と、書いているだけで、実際は40%程度のシフトチェンジな私ですがクリック頂けると嬉しいです。

        にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

         

        保存保存

        保存保存

        0
          | comments(0) | trackbacks(0) | 06:00 | category: 雑貨 |
          # がまんがまん

           

          いきつけの何でも屋さんですが、こんなに行かない日々が続いたのは初めてです。うそです。3週間程度。

           

          今シーズンもう雪は降らないと思います。まさしく春の日射しを浴びながら、ぶらっと行ってきました。あぁ嬉しい!

           

          久々の店内には欲しいものが沢山あり、上がっていた気分が更に上昇。ですが、なんという事でしょう。私の気持ち同様、お値段まで上がっていました。そこは...通常でいて欲しかった...。値付け担当者が変わったのか?それとも世の中が変わった?私、取り残されている?

           

          時折傷一つないものもありますが、ここにある食器はたいていあまり状態が良いものではありません。普段自分用で使うので私はそれでもいいと思っていました。お値段に見合っている、という感覚もありました。それでも実際、日本で買うよりはもちろんお得なのですが、以前のこの店の価格相場を知っているだけにちょっとひるみます。よりによって今日は沢山欲しいものがあるし...。

           

          お店には2時間いました。

          よく考えて悩んでウロウロして何も買わずに...。でも名残惜しいので写真に残したいと思いました。

          コレが欲しかった 〜feat.私の未練〜。

           

          upsala ekeby

           

          upsala ekebyの傘下にあったgefleのプレート。gefleの食器の可愛さったら...もの凄くいい所を攻めてきます。おままごとみたいな童話のような、そんな世界観がたまりません。一枚しか売っていなかったのであきらめ。

           

          upsala ekeby

           

          こちらもupsala ekeby。50年代後半〜60年代前半のプレートです。その歴史が見えるようなダメージで、飾るにはいいけれど使うには...という訳であきらめ。

           

          gustavsberg

           

          逆にダーメジがいい味を出していたのはこちら、gustavsbergのポット。王冠とラッパはスウェーデンの象徴です。ロイヤルもしくは郵便局風。素朴な感じがとてもいいです。でも我が家でどう使うのか?想像が膨らまずあきらめ。

           

          rörstrand

           

          そして最後まで迷っていたのがこちら。

          スウェーデンの老舗陶器メーカーrörstrand。今ではittala傘下でロゴも変わりつつありますが、その歴史を紡ぎ続けています。

          デザインがはっきりしている...。最近こうしたオハナに目がない私は悩みました。でも一枚しかなかったし、この前同じような大きさのプレート買っちゃったし...って結局はあきらめ。

           

          まだまだあります、私のうらめしや。

          すみません、フィンランドのアレ等は明日に続きます...。

           

          毎度お読み頂き有り難うございます。
          ↓買わずに後悔していないか、というと思いっきりしているモノがある私ですがクリック頂けると嬉しいです。

          にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ

           

          保存保存

          0
            | comments(0) | trackbacks(0) | 05:00 | category: 雑貨 |
            Profile
            Archives
            Comments
            Search this site
            Sponsored Links